冬ぼたん

今日は本当に寒い一日だった。

昼過ぎから小雪がちらつく空模様。寒いついでに雪が少し積もるくらいだと良かったんだけどな・・・。

この寒い中上野の東照宮に行って来た。ぼたん苑の「冬ぼたん」だ。ちょうど見頃だった。

雪が無いのが残念だが、雪が降ればもっと混んでいるだろう、絵になるからね。

 

寒牡丹と呼ばれる冬咲きのぼたんは着花率二割以下なのだそうだ。

栽培技術を駆使して「冬ぼたん」として開花させているそうだ。

600株ということで見応えもあった。

(本館「つれづれ写真」にもアップしました。)

上野東照宮ぼたん苑
上野東照宮ぼたん苑
冬ぼたんは見頃だった
冬ぼたんは見頃だった

Canon EOS1D MkIV

Canon EF100mm F2.8 L Macro IS

久々のSky Tree

所用の帰りにSky Treeのすぐ横を通ったので撮ってみた。

前に撮った時は魚眼だったが、今回は望遠だ。ただやはり足元近くなので、近いな・・、というイメージだ。

今日は一日曇りと思っていたが、この時だけ陽が当たった。

開業は5月22日ということだが、建物の竣工は今月末ということだった。もうすぐ出来るんだね・・・。

予約はだいぶ先まで埋まっているようだし、当分上には上がれないようだね。

一枚目は100mm Macroで第一展望台から上を、二枚目は70-200mmで足の真ん中を、それぞれF=11まで絞って撮った。

曇りだが、ちょうど良く陽が当たったのだ。第一展望台の底の窓はもしかして足元が見えると言うアレかな?

 

今度は開業後のイルミネーションなどいってみたいね。

押上側から100mmで展望台から上を
押上側から100mmで展望台から上を
70-200mmで足の真ん中あたりを
70-200mmで足の真ん中あたりを

Canon EOS1D MkIV

Canon EF100mm F2.8 L Macro IS

Canon EF70-200mm F2.8 L II

12周年への想い

なんだかんだ言って2012年も1ヶ月過ぎ去ってしまった。

本日2月5日で当サイトは開設12周年を迎えた。

十二支を一回りしたのだ。今年は壬辰(みずのえ・たつ)、2000年は庚辰(かのえ・たつ)。

 

2000年にサイトを立ち上げたのもパソコンのおかげである。もしその時にパソコンを買っていなければウェブサイトなど考えなかっただろう。

遅かれ早かれそうなっていたかもしれないが・・・、だが、物事はタイミングだ。

当時発売して間もない話題のiMacを買おうと思ったことがきっかけなのだ。

初代iMac Rev.Bについては何度か雑文で書いたが、手元に残した心臓部の基盤を出して来て撮影した。

PowerPC G3-233MHz、今の石に比べたらなんと遅い、けれど当時は速かった。今みたいにシステムも重くないしね・・・。

私のカメラの原点は36年前のNikon F2、いやおよそ41年程前のMinolta Uniomat IIといえるかな。

しかしウェブサイトの原点はこのCPUといえるだろう。

我が家に基盤だけ残っている iMac Rev.B
我が家に基盤だけ残っている iMac Rev.B

Canon EOS1D MkIV

Canon EF100mm F2.8 L Macro IS

久々の積雪

昨晩から雪である。

東京でも数センチ積もったが、雪の量そのものはたいしたことない。

でも歩道とかが凍結、ツルツルなんだよね。

都内では転倒でのけが人は百人以上だそうだ。雪国とは違うからね、雪の準備なんかしてないし、ここ数年まともに雪が積もったりしていないからなー・・・

写真は今朝の家の前の路地、朝日が当たって綺麗だったが、午後には消えた。

だがまだまだ寒さは続くみたいだ。

我が家の前の路地、先の歩道は凍結
我が家の前の路地、先の歩道は凍結

iCloudって・・

どうなんだろう?

確かに便利だろうが、私個人から見れば使いにくくなった、としか言いようがない。

これから先を見通してのことだろうが、iPadとiPhoneユーザー寄りだ。

「.Mac」の時代から使っている人間から見ると時代の流れとは言え、いささか切り捨てが早いんじゃないの?と言いたくなるね。

3回続けてMacネタだが、前回脈絡も無くLion(Mac OS X 10.7)のネタにしたのは今回につながるのだ。何たって同期はLionにしないとできないのだ。

私の.Mac登録は2000年だから、11年も家賃を払って住んでいるのに、建て直すから古い鍵の人は新しい鍵に替えないと半年かそこいらで追い立てを食っているようなもんだ。

使い勝手を考えるうちに段々腹が立って来た・・・

メインのマシンをLionにできないのは、主力で使っているソフトウエアにロゼッタのものがあるからだ。

まあいくら文句を言っていたってこちらの都合のいいように変わる訳じゃないから、Appleの都合にこちらが合わせなきゃなんない訳だ。

まったく・・・

いつ移行するかだが・・・
いつ移行するかだが・・・
6月いっぱいでこれは終わるのだ
6月いっぱいでこれは終わるのだ

Mac OS X 10.7 (Lion)

今回はトラブルでも換装でもないが少し古いネタになる。

Mac OS の現行バージョンは10.7 Lion だが、CPUにも制限があり、ソフトも動かないものがあったので、私の環境ではアップデートしないことにしていた。

でも10.7も使ってみたい、当然そう思ったのだが、どれか1台を人柱にという気にもならなかったので、新型のAirを1台買い足したのだ。

で、その後Adobe CS5もMicrosoft Office2011も問題なく使えることもわかり、10月にはBind5もリリースされたので、安心してBootCampにWin7もインストールして3台目の主力に加わった。

写真はMac OS X10.7のログイン画面だ。(ネタとしては古いのだが、我が家の他のMac3台とも10.6なので新鮮な1台なのだ。)

今までの画面とは趣きが違う。中身もだいぶ違うのだが、主力に加わったものの、まだ主力ではないのでたいした使い方をしていないのだ。

だからそのうち、ということにしよう。

MacBook Air のログイン画面
MacBook Air のログイン画面

HyBrid HDD 換装

久しぶりにMacネタだ。BlogでMacネタというとだいたいトラブった時が一番多く、次は換装が多いのだが、今回はその換装だ。

MacBook Pro 15.4inchのHDDが手狭になっていたので大きなものに換装しようと思っていたのだが、SSDを組み込んだHyBridなHDDがあるというので、早速購入してみた。

Seagate ST750LX003-1AC154(Momentus XT 750GB)というモデルで回転速度は7,200RPM、容量は8GB/32MB RAMキャッシュSSD内蔵の750GB。

最初の写真のように外付けのケースに入れてMacとBootCampのパーティションに分割してそれぞれをコピーしてから換装した。

BootCampはwincloneというフリーウエアで保存・コピーした。換装は購入直後にもやっていたから、この機種では二度目だ。裏蓋を開けるのがちょっと面倒なのと、昔よく使われていたT8ではなくT6のヘックスローブレンチであることがややこしいのだ。(もちろん持っているけどね)

二枚目の写真が換装して全て止めたところだ。

 

で、効果だが、ベンチは取っていないが、起動はかなり速い。従来の半分以下だ。

処理は多少速くなっているようだが、体感的には劇的ではないね。容量が250GB増えたということで総体でよしとしよう。(P.S. 回転数が5,400RPMから7,200RPMに上がったことも大きいね。)

外付ケースでコピーした直後のMomentus XT 750GB
外付ケースでコピーした直後のMomentus XT 750GB
換装後のMomentus XT 750GB
換装後のMomentus XT 750GB

謹賀新年

本館では元日にご挨拶しましたが、改めてあけましておめでとうございます。

元日、2日とも雲が多かったが、今日は晴れ渡った。

正月はこうじゃないとね・・。

近所から見えるスカイツリーも晴れた空に浮かんでいる。

 

病床の母と何とか年を越せた。

昨年は大震災もあり世間の様相は一変したが、今年は今日の空のようにいきたいものだ。

 

今年もよろしくお願いします。

我が家のすぐ近くの交差点から見えるスカイツリー
我が家のすぐ近くの交差点から見えるスカイツリー
本日のお花茶屋公園の冬の光
本日のお花茶屋公園の冬の光

 

Canon EOS1D MkIV

Canon EF24-105mm F4 L IS