今日の天体ショー

今朝は7時前に起きたのだが、外の気配は雨・・・。

天気予報は曇りだったのだが、出ばなをくじかれた。

十分おきに外を眺めるが太陽の形も解らない。

お昼を過ぎてもたまにパラパラ雨粒が落ちてくる。

今日はだめだなと諦めていたのだが、午後1時40分ころ薄日が・・・、すわとカメラを持って外に出たら太陽の形がみえる。

400mmだったがどこが金星かなんてみえない。かけらくらい写っているだろうと撮ったのが下の写真。

かろうじて最後のかけらが写ったみたいだ。

方角は合っている。時間は午後1時42分、本当にぎりぎりだった。

次は105年後だって言うから、もう見れないね。

右斜め下にかけらが・・・、方角は合っていました
右斜め下にかけらが・・・、方角は合っていました

Canon EOS1D MkIV

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II + Extender II 2x (400mmで撮影:トリミングあり)

奈良では

京都から帰る日の午前中に奈良まで足を伸ばしたのだが、やはり歩ききれるものではなく、途中で諦めた。

元々十分に時間があった訳ではないから結果オーライなのだが・・・。

 

前回書いたように最初に奈良に両親を連れて行ったのは27年ほど前になるが、最後に奈良を訪れたのは2006年1月1日なのだ。

年末年始を京都で迎えて、初詣に春日大社に行ったのだ。

母はその年の秋に背骨を骨折しているから二人ともそれ以降どこにも行かず仕舞いだった。

 

もう少し歩けるかと思ったが、右足のしびれが強くなり、足の付け根が痛くなってきたもんだからしょうがない。

ここで戻らないと京都で新幹線に乗り遅れる。

写真はたいして撮れなかった。大仏殿の四天王だけ。戒壇院は前を通っただけだ。

今度は奈良だけに来ないといけないね・・・。

大仏の後ろに控える廣目天
大仏の後ろに控える廣目天
同じく後ろに控える多聞天
同じく後ろに控える多聞天

Canon EOS1D MkIV

Canon EF16-35mm F2.8 L II (トリミングあり)

(ISO800:-1 & -1.33)

奈良へ・・、そして帰京

朝ホテルをチェックアウトしてから新幹線の時間まで約4時間、どうしようか・・・。

「そうだ、奈良行こう。」(笑)

詩仙堂の最初は26年前と書いたが、奈良に父と母を連れて最初に行ったのは確か27年前。

興福寺に入ると鹿が寄ってきて二人ともびっくりしていた。大仏を見てまた驚いていた。

あの頃はまだみんな若くて、一日中歩き回っていたけど、今や右足が痺れて1時間が限度だ。

鹿の顔を見て大仏を見せて、公園内をしばしウロウロして、柿の葉寿司を買って京都に戻った。

新幹線の発車の20分前に京都駅に着き、夕方帰宅した。

二人の位牌を仏壇に収めてお疲れさん・・・。

久々に見たが、やはり大きい・・
久々に見たが、やはり大きい・・
大仏殿は修学旅行生でごった返していた
大仏殿は修学旅行生でごった返していた

Canon EOS1D MkIV

Canon EF16-35mm F2.8 L II

(大仏 ISO1,600:-1 大仏殿ISO200:-0.33)

続・京都にて

昨日、明日はどこに行こうか、と書いたが行くところは決まっていたのだ。

昨日の土砂降りでくじけてしまった蓮華寺と瑠璃光院に朝一番で行こうと。人出の少ないうちにね。

蓮華寺は3〜4人程度で、少し時間が経つと誰も居なくなった。撮影には持って来いだった。

その後もチラホラ程度、ゆっくりと座っていられた。

一方瑠璃光院はというと、結構人が居た。

誰もいない時間はほとんど無かったが、写真のように人が写っているのもありかな・・。

 

最後の写真は今朝のホテルでの一カットだ。

6年前まで毎年のように来ては、部屋の窓から二条城の正門を眺めていたのだ。

今朝は同じように眺めてもらったのだが、よく見えたかね・・・。

蓮華寺の門を入ったところ
蓮華寺の門を入ったところ
そして蓮華寺の庭園、ここからしか撮影できないのだ。
そして蓮華寺の庭園、ここからしか撮影できないのだ。
瑠璃光院二階から瑠璃の庭を望む。秋は綺麗だろうな・・
瑠璃光院二階から瑠璃の庭を望む。秋は綺麗だろうな・・
ホテルの窓から二条城を望む
ホテルの窓から二条城を望む

Canon EOS1D MkIV

Canon EF16-35mm F2.8 L II , EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS

京都にて

昨日から京都に来ている。

今日は先週申し込んだ修学院離宮の参観に出かけた。

午前10時から1時間20分ほどの行程だったが、コースは起伏に富んでいてちょっとした運動になった。

欲を言えばフラフラできる環境ならもっと良かったんだけどね・・・。

 

その後は南に歩いて詩仙堂に。

ここは1986年に故ダイアナ妃が訪れたことがあり、実はその翌日に父と母と3人で来ているのだ。ニュースでだいぶ騒がれたせいもあって、ものすごく混んでいたのを覚えている。

だから今回は父と母の位牌と共にやって来た訳だ。もう26年も前になるんだね。(私は30歳だったのか・・・)

修学院離宮を後にした直後から晴天も一転にわかにかき曇り、ゴロゴロ鳴り始めた。

歩くこと20分余り、詩仙堂に入ったところで降り始めた。

受付で「間一髪でしたね。」と言われた。

 

今日は26年前程ではないが、結構人が居た。雨を予測して入った人も居たようだが、20〜30分程で止んで、ようやく前に出てゆっくり庭を眺めていると、写真を撮るから少し避けてほしいと言う。

どうぞとしばし避けて再び前に座る。後ろでは今写真を撮った人と隣の人が、人が居なくなるまで待って撮るとかどうとか言っている。

そのすぐ後にもう一度どいてくれと言う。これには気分を害してしまった。

その後もまだ座って喋っているから、また他の人に何度もどいてくれと言っているのだろう。

人にどけと言うのなら、撮ったらさっさと帰れ!と言いたい・・・。

気を取り直して明日はどこへ行こうか・・・

(P.S. 写真が少し暗いかな・・・、今回持って来ているMacBookProがどうも濃淡や色相が他のマシーンと合わないんだよね・・・。)

もうすぐ雨が上がりそうだ
もうすぐ雨が上がりそうだ
雨が上がったばかりの庭
雨が上がったばかりの庭
陽が差し始めた詩仙堂の庭園にて
陽が差し始めた詩仙堂の庭園にて

Canon EOS1D MkIV

Canon EF16-35mm F2.8 L II , EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS

久々に京都だ

明日から京都に出かける。

実に6年ぶりだ。いや途中出張で行っているから4年ぶりか。

だがまともな旅行は6年ぶりである。途中葬儀や法事で新潟には行ったが、これも旅行とは言えないな・・・。

この6年間父と母の介護に明け暮れた感じだ。そして父が亡くなり、母も亡くなってしまった。

父と母の位牌も連れてゆくつもりだ。6年前までは毎年行っていたのだ。写真は2005年の晦日の等持院でのものだ。以降父と母はどこにも出かけていない。

今回は今までに行ったことの無い修学院離宮に行く。インターネットの申込はとうに一杯だったが、窓口申込はOKだった。

一昨日坂下門で身分証を提示してバッジを付けて皇居に入り、宮内庁で許可書を受け取った。帰りに皇居前広場をフラッとしたのだが、広い・・・。

実はその前の日に京都事務所に電話で確認したら、その時点では一人なら入れる感じだったが、東京でも窓口申込できるというので聞いてみた訳だ。

 

母は亡くなるまで「飛行機に乗りたい。」「北海道に行きたい。」と言っていた。

だから夏には北海道に行くつもりだ。

2005年晦日の等持院で。
2005年晦日の等持院で。

Canon EOS5D

Canon EF17-40mm F4 L

金環日食を撮る

今朝は6時に起きることができなかった。

起きた時は既に日食が始まっていた。

急いでレンズにフィルターをセットして2階へ・・・。

6時45分頃から撮影を始めた。途中雲がだいぶ出たりしたが、なんとか観ることができたし、撮影もなんとかできたかな。

金環食の前後約40分の合成写真だ。

2枚目はダイヤモンドリングもどき、

3枚目はベイリービーズもどき・・・

次の金環日食は2030年でしかも北海道だし、その次は2041年だという。

もう生きてないだろうね。

今朝の金環日食の合成写真
今朝の金環日食の合成写真
ダイヤモンドリングではないけど、雲のおかげで、のような効果。
ダイヤモンドリングではないけど、雲のおかげで、のような効果。
これってもしかしてベイリービーズ? じゃないか・・・
これってもしかしてベイリービーズ? じゃないか・・・

Canon EOS1D MkIV

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II + Extender II 2x (400mmで撮影)

Marumi ND100000

太陽を観る

明後日は金環日食だ。

先週、日食グラスと太陽撮影用のNDフィルターを買ったのだ。

今朝日食とほぼ同じ時間に太陽の位置を確認。

我が家の2階の窓から撮影できそうだ。下の写真がそれだ。

ただ問題は当日の天気だ。曇りのようだが、見える、あるいは写る程度なのかどうかだ。準備万端で見えないとなー・・・

 

太陽を確認した後、今日は母の四十九日法要と納骨だった。

来月は父の三回忌なので今日合わせてお経をあげてもらった。

これで二人とも仏壇に収まってしまった。

今朝撮影できることを確認した太陽(明後日金環を撮影できることを願う)
今朝撮影できることを確認した太陽(明後日金環を撮影できることを願う)

Canon EOS1D MkIV

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II

ND100000 使用 F=11 , 1/60sec.(ISO200)

facebook

昨年2月にFacebookに登録したのだが(流行の勢いで・・)、どう使っていいのかよく解らないまま放置した。

昔の友達が居て少しやり取りした程度だったが、最近少しずつだが、投稿などしたり、友達を増やしたりしてブログともツイッターともつかない不思議な媒体なのだ。

手持ちのiPhoneやiPadからもアクセスできるからどこに居ても繋げられる。

ただ本名で登録しなければならないから、危険が無いとは言えないが、逆に偽名などを使っているとロックされるらしい。設定の仕方などは何度も変わっているから進化しているものと信じよう。

さて友達だが、今まででは接することがなかなか無いであろう人々とつながることができて、刺激になるし勉強になるね。

これからどうして行こうという展望がある訳ではないが、これからの自分の人生に役に立つと信じよう。

facebook japanの入り口
facebook japanの入り口

立てば薔薇、座れば牡丹・・??

ここのところ晴天が続いているが、気温が少し低めだ。出かけるにはちょうどいいかな・・・。

昨日は二カ所花を見て歩いた。

旧古河庭園の薔薇は咲き初めだった。昨年も撮っているから時期的には合うようだね。

来週は全体が見頃になるだろうから、すごい人出になるね。深紅の薔薇は少し遊んでしまった。

 

庭園を出て霜降銀座から染井銀座をプラプラ歩いて王子から上野へ。

東照宮のぼたん苑は春ぼたん終了一日前だった。かなり終わっていたが、みれるものもまああったね。

2月に冬ぼたんを撮っているから、それと比べると少し大振りで豪華という印象だ。

 

今年も昨年と同じような撮り口になっているから少しずつ変えようと思っているが、スタイルはなかなか変えられないものだ。(なかなか痩せないしね・・・(笑))

旧古河庭園にて深紅の薔薇の花を撮る(切り抜き合成)
旧古河庭園にて深紅の薔薇の花を撮る(切り抜き合成)
この周りもまだまだこれから咲くのだ
この周りもまだまだこれから咲くのだ
こちらは東照宮ぼたん苑。まだ咲いていました。
こちらは東照宮ぼたん苑。まだ咲いていました。
眩いばかりのこんな華もあるのだ
眩いばかりのこんな華もあるのだ

Canon EOS1D MkIV

Canon EF85mm F1.2 L II