富良野からの手紙<その2>

暑中お見舞い申し上げます。

東京は暑いでしょう?富良野は朝晩は寒いくらいです。

日中気温は上がっても湿気がすくないせいか風が実に心地よいです。

なんて書き出すんだろうな・・・。

 

実際4日間とも昼間は暑いくらいだったが朝晩は寒かった。

二日目は朝からファーム富田へ。駐車場が混むので朝一番に行くことになった。

ラベンダーは、写真で見るのと自分で撮るのでは大違いで難しい。

花の種類も何種類かあるので、もう終わりかけているものもある。綺麗に撮るのはなかなかに難しいようだ。

考えてみれば当たり前で、花には当然時期というものがある訳だ。

ただほかの花のラインが出来上がるのと一致しているのが理想だろうから、まさに今頃ということになる。一番いい時期に来たのかもしれない。

 

ファーム富田はちょうど良い時期だった
ファーム富田はちょうど良い時期だった
ラベンダーはどこも花盛り
ラベンダーはどこも花盛り
彩りの畑のラインも揃っていたし
彩りの畑のラインも揃っていたし
ふらのメロンも熟していた
ふらのメロンも熟していた
ミツバチたちも忙しそう
ミツバチたちも忙しそう

ラベンダー畑は次に彩香の里(佐々木ファーム)、町営ラベンダー園、最後は上富良野の日の出公園と回った。(もう一つ、ファーム富田ラベンダーイーストもあった・・)

実は午前中ラベンダーで午後は白金の青い池に行こうかと話していたのだが、3カ所の上り下りでヘトヘトになってしまい、午後の予定は明日に送りペースダウンする事になった。

彩香の里も花盛り
彩香の里も花盛り
こちらのラインも綺麗に揃っていた
こちらのラインも綺麗に揃っていた
白いラベンダー、ピンクのラベンダーもある
白いラベンダー、ピンクのラベンダーもある
町営のラベンダー園は横にリフトがあって冬はスキー場だそうだ
町営のラベンダー園は横にリフトがあって冬はスキー場だそうだ
上富良野日の出公園ではラベンダーは上の方に少しあったが、空が綺麗だった
上富良野日の出公園ではラベンダーは上の方に少しあったが、空が綺麗だった

今日は半袖にしたら腕が日焼けでヒリヒリ、こんなに焼けたのは何年振りか・・・!?

明日は再び美瑛の丘を巡り、18年振りに拓真館を訪れ青い池に行く予定だ。明日は長袖にしよう。

 

Canon EOS1D MkIV

Canon EF100mm F2.8 L IS Macro ; EF70-200mm F2.8 L IS II ; EF8-15mm F4 L Fisheye

富良野からの手紙<その1>

7月17日から4日間、北海道富良野に行ってきた。

以前からラベンダーの季節に一度は行ってみたいと思っていた。

また、何度も言っているが亡くなった母の希望により、高所恐怖症だった父と二人分の位牌を一緒に飛行機に乗せて行ってきた。

 

旭川空港に着くと「おはよう富良野」の管理人、つぼちゃん、みやちゃんが迎えてくれた。

実はこのお二人十年来の知り合いなのだが、今回初めてお会いするのだ。

「おはよう富良野」が開設間もない頃に相互リンクしたのだ。以来何度かお二人は東京近辺でオフ会などに出てこられたのだが、私は仕事や介護などで行けなかったのだ。

今般、プータローとなった私はお会いする機会を得たという訳だ。

4日間まるまるお世話になり、久々の写真三昧だった訳だが、調子に乗りすぎて3,000枚以上撮ってしまったので選んで加工するのに時間を要する事となったため、ちょっとずつアップします。あと空港を出てすぐに美瑛の丘に入ったので、ここは何処?が多いので質問をしないように。

まずは何処を見ても麦畑、見渡す限り、麦、麦、麦。ジャガイモやソバの畑も広大だ。

初日は富良野線の東西の丘を巡り夕日差す赤麦を見て日が暮れた。

明日はラベンダー畑だ。

 

<P.S.>後から写真を2枚追加しています。

夕方の陽に輝く麦の穂が美しい・・・
夕方の陽に輝く麦の穂が美しい・・・
麦畑の向こうは丘が連なり、遥か彼方の峰々は水墨画だ
麦畑の向こうは丘が連なり、遥か彼方の峰々は水墨画だ
一面麦畑の中にもこんな異次元空間のようなソバの花を見る事も出来る
一面麦畑の中にもこんな異次元空間のようなソバの花を見る事も出来る
つぼちゃん、みやちゃんおすすめの夕日に輝く赤麦畑だ
つぼちゃん、みやちゃんおすすめの夕日に輝く赤麦畑だ
初日最後に寄ったクリスマスツリーの木での夕暮れ
初日最後に寄ったクリスマスツリーの木での夕暮れ

 

最後にこの日の途中に撮ったパノラマを(新栄の丘から)
最後にこの日の途中に撮ったパノラマを(新栄の丘から)

Canon EOS1D MkIV

Canon EF100mm F2.8 L IS Macro ; EF16-35mm F2.8 L II ; EF8-16mm F4 L Fisheye

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF 35mm F1.4 R (ぐるっとパノラマ撮影)

暑い

少し前から暑いのだが、特に昨日から暑いね。

明後日からの富良野行きのため荷造りをしているのだが、汗ダク・・・。

今日東京は32℃になるという事だが、明日はもっと暑いらしい。

北海道は25℃前後みたいだから、しばしの涼ということかな。

写真は今日午後の家の前の路地だ。

玄関を開けると地面に反射する熱でムンムンしている
玄関を開けると地面に反射する熱でムンムンしている

梅雨も後半

今日も中休みのような、そうでもないような微妙な天気だが、梅雨も後半となったようだ。

カラッと晴れて欲しい気もするが、今年も暑いという。それもイヤだね・・・。

梅雨は嫌だけれど夏暑いのも苦手だ。

写真は昨日朝霧雨の中、終焉を迎えようとしている紫陽花だ。

もういいでしょう、という感じの近所の紫陽花
もういいでしょう、という感じの近所の紫陽花

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF35mm F1.4 R

Skytreeにロケハン

昨夕、Skytreeにロケハンのつもりで少し撮影してきた。

京成で押上で降りてソラマチからツリーの根元を通り、とうきょうスカイツリー駅前を通って言問橋まで抜けた。

始終上を向いていたので首が疲れたね。

今日は手持ちだったので800〜3,200に増感、今度は言問橋の真ん中から三脚で増感なしで撮ってみたいね。

ちなみに昨日のライティングは「粋」、次は江戸紫の「雅」を撮りたい。

今度はレンズをもう少し別のを考えるか・・・

点灯約15分後のスカイツリー
点灯約15分後のスカイツリー
ソラマチから出て南側から
ソラマチから出て南側から

Canon EOS1D MkIV

Canon EF85mm F1.2 L II

北西方向の言問橋の上から
北西方向の言問橋の上から

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF 35mm F1.4 R

半年経過

目が覚めたら7月になっていた。2012年も半年が過ぎてしまったんだね。

昨年9月下旬に母が退院してからが本当の介護との格闘になった。年が明けてからは3ヶ月感染症に苦しんだね。

母が亡くなって約3ヶ月が経過する。早いもんだ。

なーんて言ってるうちに1年とかあっという間に過ぎるんだ。

 

さて5月の京都に引き続き今月は中旬に北海道を訪れる予定だ。

「飛行機に乗りたい。」「北海道に行きたい。」と亡くなるまで母が言っていたので、今回も二人の位牌を連れて飛行機で北海道に行くのだ。

せっかく行くのだから、一度は見たいと思っていたラベンダーの時期に行くことにした。

富良野・美瑛なんて何年振りだろう・・・。

遡ってみると、前に行ったのは1994年10月だった。ということは、およそ18年振り!

飛行機はその後も乗っているが、何時だったかなー、そうだ1997年に返還前の香港にいっているな。

多分それが最後だろうから15年振りということだね。いやー本当に久々だし、楽しみでもある。

18年前に撮った美瑛の丘
18年前に撮った美瑛の丘
18年前に撮った美瑛の丘2枚目
18年前に撮った美瑛の丘2枚目
18年前に撮った美瑛の丘3枚目
18年前に撮った美瑛の丘3枚目

 

FUJIFILM  GS645S

Kodak Ektachrome

ミラーレス一眼を使って

X-Pro1を使い始めて約三週間が経つ。

気に入らないとこれだけ使うことは無いから、気に入ったんだろうね。

以前にM型ライカを使ってきた人間にはぴたっと来るね。欲を言えば切りがないけど・・・。

しかしこのカメラ、ミラーレス一眼というよりミラーレス複眼だね。ブライトフレームもある訳だから・・・

 

どのレンズも画質はかなりいい。加えて高感度に強い。

その点は元々評価されているけど、かなり増感しても驚異の画質だ。

写真は今日届いた年に一度の贅沢。山形の佐藤錦なのだが、これISO 1,600なのだ。荒れはほとんどない。

ネット上の評価でも「ISO3200まではノイズの増加も少なく、ディテールが少し失われる程度で普通に使えそうです。」と言われている。

私は現在、上限ISO 1,600 AUTOで使っているので少々暗いところでも全然平気だ。

これAUTOでISO1.600、とてもそうは見えないでしょ?
これAUTOでISO1.600、とてもそうは見えないでしょ?

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF60mm F2.4 R Macro

ISO1,600 F=4 , 1/70sec.

梅雨寒

今朝から薄ら寒い。雨が落ちてこなかったから良かったものの、もし降ればもっと涼しかったに違いない。

30度になったり20度になったりで、これでは体がついてゆかないね。

写真は梅雨入り直後の南天、この時も寒かった。

 

長期予報では夏は暑いらしい。んー、これで夏は暑いのか・・・。

このまま節電モードでゆくと家の中は蒸し風呂になっちゃうから、今年は扇風機を新調した。

羽根の無いアレです。

写真の通りこれで風が出るのか??

これが結構いい風なのよ。消費電力MAX40W。

何も無いよりはいいでしょう。

まだ花が開く前の南天
まだ花が開く前の南天

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF 60mm F2.4 R Macro

 

ダイソンのテーブルファン
ダイソンのテーブルファン

台風?

6月から台風?なんですね・・・。どうなっているのかな?現在嵐の前の静けさ、のような感じだ。

今晩深夜から明日の朝にかけて風雨が激しいらしい。

 

昨日は柴又帝釈天のあたりを少し散歩したのだが、梅雨の晴れ間という感じで、いい天気だった。

開館直後に一度行ったきりの寅さん記念館に行った。

二年半ほど前にリニューアルしたのだが、まだ行ったことが無かったのだ。中身は変わったね、というか以前のものも記憶はおぼろげだ・・・。

近くの山本亭にも初めて行ってみた。

で、帰りは参道の川千屋でうなぎを食べて帰ったのだが、昨日は平日の月曜だったせいか、夕方4時過ぎでもう参道の店はけっこう多くの店が店仕舞いを始めていて、歩いている人もほとんど居ないのだ。

鰻屋も入った時は我々一組だけ、けっこう驚いたが、然もありなん、かも。

 

さてこれから台風だな・・・

まずは柴又帝釈天の大庭園「邃渓園」を1枚
まずは柴又帝釈天の大庭園「邃渓園」を1枚
山本亭では、今はもう作れないであろうガラス戸と菖蒲の咲く庭が印象的でした
山本亭では、今はもう作れないであろうガラス戸と菖蒲の咲く庭が印象的でした
寅さん記念館では、これよく出来ていて、つい見てしまう
寅さん記念館では、これよく出来ていて、つい見てしまう
全作が壁面いっぱいの地図にちりばめられている
全作が壁面いっぱいの地図にちりばめられている
最後はマドンナたちが見送ってくれます
最後はマドンナたちが見送ってくれます

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF18mm F2 R

花菖蒲

先週小岩菖蒲園に咲き具合を見に行った時はまだ咲き初めだった。これは来週かな、ということで今日行ってみた。

まだまだつぼみはあるものの、ちょうど見頃だった。

10時前に着いてぐるっと一周した頃、車椅子の団体が訪れた。

介護施設やデイサービスの人々が大勢やってくるのだ。皆さんこういう外出を楽しみにしているのだ。

そう言えばおふくろも昨年の今頃にデイサービスで花菖蒲を見てきたんだ。ここじゃないけどね。

 

菖蒲田の畦際にオタマジャクシがいた。

こんなのしばらく見ていないな・・・。一体いつ見たんだろう。子供の頃に見て以来じゃないか・・・。

蛙もいたのだが、オタマジャクシはたくさんいる。

これが蛙になるとかなりの数だね。そうなるともう夏だ。

今年もたくさんの花が咲いています
今年もたくさんの花が咲いています
この色がまだ縮れずに多く残っていました
この色がまだ縮れずに多く残っていました
雀が菖蒲に止まっています。ほんの一瞬のことでした。
雀が菖蒲に止まっています。ほんの一瞬のことでした。
オタマジャクシは蛙の子、田螺もいるね・・
オタマジャクシは蛙の子、田螺もいるね・・

Canon EOS1D MkIV

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II