根津快晴

今日は眼の覚めるような青空だった。

ただ少し風が強い・・。

陽気は昨日に比べればだいぶマシだが、それでも風は冷たく感じる。

ツツジが見頃という情報で根津神社に行ってみたのだが、人が多い、多い。平日にも拘らずだ・・。

本殿の前は人も少ない
本殿の前は人も少ない

花の盛りは過ぎつつあるように感じたが、まだこれからの樹もある。

今が盛りと咲いている樹も多い
今が盛りと咲いている樹も多い

遅かったかなーと思って向かった五葉ツツジはほぼ終わっていたが、葉が綺麗だった。

これは花ではありません?!
これは花ではありません?!

毎年の事ながら、花の撮り頃は難しいね・・。

 

Canon EOS 1DX

Canon EF15mm F2.8 Fisheye , SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS

BOSE再び

寒い・・・、東京の最低気温は5℃程度。今も一桁だ。

北の方では雪、冬に逆戻りだ。こんな寒い日は部屋にこもって音楽を。

ところでPC用のスピーカーを新調した。

いままで使っていたのはオンキョーのウェーヴィオ、古いブログの記事(2007年だった。当時はMiscellanyと題していた。)では「このスピーカーなかなか定位が良く、ほど良い低音とメリハリのある中音域が前に使っていたBOSEをも凌ぎそうだ。」などと書いていたが、現在の部屋では今ひとつ定位が定まらない、というかステレオ感が低い・・という感じ。

で、その前に使っていたBOSEは今はもう売っていないので、現行機を導入。

いやこれが実に良い音なのだ。定位も抜群に良くて音のメリハリはかなり良くなった。

以前は物足りなかった低域がしっかりとして、とてもPC用とは思えない音の厚みなのだ。

ちょっと褒め過ぎかもしれないが、それくらい気に入ってしまったのだ。

BOSE再び・・・

サイズはこんなに小さいが、体に似合わない音
サイズはこんなに小さいが、体に似合わない音

FUJIFILM X-Pro1 , FUJINON XF 35mm F1.4 R

春陽の中・・

今日は春陽の中、某写真教室の撮影実習。晴天に恵まれた。

暑くもなく、寒くもなく、歩いていても気持ちの良い陽気だ。

 

新宿門をくぐると右手に大きな白木蓮がある。

3月の撮影実習では花が満開だったが、今日は新緑が満開だった。

本当に大きい樹だ
本当に大きい樹だ

例年だと上野の五條天神の白木蓮を撮っているのだが、花の時も書いたようにこちらの方が遥かに大きい。

以前からこういう撮り方をしているが、ここは密度が濃い・・
以前からこういう撮り方をしているが、ここは密度が濃い・・

だから木蓮をひたすら撮ってしまった・・・。20130413-spring_3b

また今日は日差しも爽やかで写真に光芒を多く入れてしまった・・・。

空は木蓮の葉で埋め尽くされる
空は木蓮の葉で埋め尽くされる

 

なんと御苑のツツジ山ではもう咲いている。

八重桜の下はツツジが既に・・
八重桜の下はツツジが既に・・

なんかこの一月に二月くらいが圧縮されているような感じなのだ。

カキツバタも咲いていると言う話も聞いたので、ツツジ、菖蒲、紫陽花が立て続けに来るのかな・・・?

桜の季節の名残りを残しつつ・・
桜の季節の名残りを残しつつ・・
紫陽花の葉も出そろって花が咲くのを待つばかり、ってまだ早いか・・
紫陽花の葉も出そろって花が咲くのを待つばかり、ってまだ早いか・・

Canon EOS 1DMkIV

Canon EF16-35mm F2.8 L II , EF50mm F1.2 L , EF100mm F2.8 L Macro IS

桜もこれが最後かな・・

今日は快晴、さて一重の里桜がどうなったかと思い寄ってみると、7〜8分咲き。

今が見頃でまだつぼみも結構あるけど、散る房もでてくる。

今年も見事に咲いてくれています
今年も見事に咲いてくれています

20130408_satozakura_1

今年の桜もこれが最後かな・・・、風に揺れながら最後の輝きを放っている。

風に吹かれてキラキラと眩しい
風に吹かれてキラキラと眩しい

 

メジロならぬヒヨドリが蜜ではなく虫を探している。首を傾げながらねらいを定めているようだ。

こうやって枝を移り歩くのだ
こうやって枝を移り歩くのだ

そして最後はキャンバスに絵の具を塗るように満開の樹をアウトフォーカスしてゆく・・・。

さらば、また来年に会わん事を。

桜の季節ももうすぐ終わる
桜の季節ももうすぐ終わる

 

Canon EOS 1DX

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II

荒天

昨夜から大荒れと言う予報だったが、思ったより荒れなかった。

しかし今日は朝から10m程度の風が吹き荒れていたり、夕方までそこそこの強い風、晴れているのに突然の雲で雨、という荒天だ。ある意味予報どおり・・・。まさに荒天という言葉が相応しい。

夕方、窓から見えた空が印象的で撮ってはみたが、改めて現像してみると、どうなんだかなー・・・。

実は雲の中に斑点があるのかもしれない
実は雲の中に斑点があるのかもしれない

 

ところで、この写真ではほとんど解らないが、最近センサーの汚れが目立つ。レンズ交換をする度にセルフクリーニングはするのだが、追いつかない事がある。

マウントから入ったゴミならそれなりに除去する事も出来るだろうが、ローパスににじむ液体系だとセルフクリーニングだけでは落ちきらないのかな?それともゴミなのかなー・・・

一枚目の直後の写真なんだけどF=22だと微細なゴミも目立つのかな?
一枚目の直後の写真なんだけどF=22だと微細なゴミも目立つのかな?

サービスセンターでセンサークリーニングをすればいいんだけど、上野のサービスセンターが閉まってしまったので、銀座まで行かなきゃならないし、半日近くかかるみたいだし、でなかなか行く気にならない。

実は前のメイン機の1DIVでも同じ事があったので、センサークリーニングに出した事があったんだ。でもまた大して時間を経ずに出る・・・。困ったものだ。

 

ローパスレスはでないのかな?・・・

 

Canon EOS 1DX

Canon EF24-70mm F2.8 L

今日の桜

今日の桜は近くの一重の里桜だが、実はまだ早めだ。

しかし、今週末は昨日以上の爆弾低気圧で大雨が降りもちろん風も強いのだろう。

一重の桜の樹は二本あるが、一本はまだ一分咲きにも満たないほどだ。

だが一本の樹が二分〜三分というところなので、今のうちに撮ろうかな・・・。

理想は花曇りだが、陽の光も桜を引き立たせるね・・
理想は花曇りだが、陽の光も桜を引き立たせるね・・
控えめな花房も存在感があるね・・
控えめな花房も存在感があるね・・

 

今日は母の一周忌だ。昨年同様に桜を捧げよう。

一年経つのは早いものだ
一年経つのは早いものだ

 

Canon EOS 1DX

SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS

まだまだ桜が続く

「あとは一重が咲くのを待つばかりだ。」と書いてから二日しか経っていないが、可憐な花が咲き始めている。

ただここのところ微妙に寒かったりするからまだ開いている花は数えるほどだ。咲きそろうのは週末かな・・。

八重の方はもう満開で散っている花房もある。確か昨年母の葬儀の数日後に一重が咲き始めだったから、十日近く早い事になるかな。

もうあれから一年経つのだね・・。

さて今日はまずは二枚あるが、違いは横位置と縦位置だ。20130401_satozakura_2

ほんの僅かピントがズレた・・・
ほんの僅かピントがズレた・・・

これは好みの問題だが、三枚目は横位置のものを絞って撮ったものだ。20130401_satozakura_1

違いは明白だが、さあどっちを取る?

 

Canon EOS 1DX

SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS

桜の陰翳

近くの親水公園では、もう里桜が満開になりつつある。やはり二週間ほど早いだろうか・・。

今日は曇り、もう少し光が欲しいところだが、今日を逃すと二日ほど撮れない。

ただよく見てみると、八重の樹はほぼ満開に近いが、一重の樹はまだ一、二輪ほどしか咲いていない。

実はこの一重の樹の花がそこはかとない美しいさを放つのだ。来週の半ば過ぎ当たりに期待出来そうかな・・。

で、今朝の花だが、曇り空ながら美しい姿を見せてくれている。通常、逆光をメインに撮るが、透き通るような花びらを綺麗に出すのは難しい。

一枚目は+1、重なり合う花びらの陰翳が美しさを際立たせている。

曇りの日にしか得られない陰翳だ
曇りの日にしか得られない陰翳だ

二枚目は+2、このくらいの逆光ではこの程度開けるのだが、比べるとどうだろう?

もちろんこれも美しい
もちろんこれも美しい

好みの違いはあるだろうが、一枚目に軍配を上げたい。

ピーカンではこんな陰翳は出ない。

そして三枚目は、逆光と言うより斜光、ピントの合う範囲を僅かながら広げてみた。

いやもうただ美しい・・
いやもうただ美しい・・

やはり+1の補正でかなり美しい姿を見せてくれた。

さあ、あとは一重が咲くのを待つばかりだ。

 

Canon EOS 1DX

SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS + APO TELE COVERTER 1.4x EX DG

桜散る

これは不合格通知ではありません・・・笑(あれ?)

昨年より早く桜が咲いたものだから、六義園の枝垂れ桜を見損なってしまった。

昨日行った時は散った花びらの海・・・。

枝には僅かに花を残すのみ
枝には僅かに花を残すのみ

ただその後行った新宿御苑では染井吉野などが満開。

実は新宿御苑は東京の桜の名所なのだ。かなり昔に見た覚えがあるが、これほど見事とは思っていなかった。

至る所満開、この白い八重もたわわに
至る所満開、この白い八重もたわわに

話は六義園に戻って、ここの枝垂は江戸彼岸桜、染井吉野より一週間程度早く咲くのだ。したがってもう散ったのだ。

毎年撮っていたのだが、今年は途切れた・・・、まあしょうがないね。

園内を歩くと、まだ新緑とはいかないものの、もみじが綺麗だった。5月頃にはもっと輝くに違いない。

あと一月もするともっと輝いているね
あと一月もするともっと輝いているね

さあもうすぐ4月、気候も良くなり、動くのにもちょうど良い季節だね。(期待大・・)

 

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF 35mm F1.4 R , XF18-55mm F2.8-4 R OIS

白木蓮

写真は10日ほど前に撮ったものだ。某写真教室の撮影実習で新宿御苑に行った時のものである。

新宿門近くに白木蓮の大木がある。これが満開だった。

見上げると木蓮の花、花、花である
見上げると木蓮の花、花、花である

白木蓮は一昨年まで毎年のように上野の五條天神の大木を撮っていたが、新宿御苑のそれは遥に大きい。

驚くほど大きな木蓮だ
驚くほど大きな木蓮だ

 

木蓮の花を見ると思い出す。遥か昔、学生の頃、お茶の水に「木蓮」という喫茶店があった。

友人がその店を愛用していて、たまに行った記憶がある。

その友人はかなり前に亡くなったのだが、先日家の中を整理していて、その友人の遺稿集が出て来た。

と同時に木蓮の花を思い浮かべる。何か懐かしい匂いがする・・・

見ているだけで匂ってくるような花だ
見ているだけで匂ってくるような花だ

 

Canon EOS 1D MkIV

Canon EF100mm F2.8 L IS Macro , EF16-35mm F2.8 L II