まんだら堂跡

近寄って仰ぎ見る。

今日は友人とまんだら堂跡に行ってきた。

鎌倉なんて何年ぶりだろう・・。おそらく十年ぶりくらいだ。

まんだら堂跡なんて何十年ぶりだと思うよ。

場所は鎌倉駅から横須賀線が逗子に向かってトンネルに入ったところの上に当たる。行政区としては逗子市になる。

まんだら堂跡は今までに発掘調査が行われ、現在整備中で「まんだら堂やぐら群」として公開される。(「やぐら」とは中世の横穴式の墓で、ここには150穴以上あるという。)

今年の春から一部が公開されており、今は秋の公開期間で10月17日から12月13日までの間の土日月・祝日に限定公開されている。⇒逗子市HP

土日月というのが微妙だが、今回はこれを狙って今日にした。
土日月というのが微妙だが、今回はこれを狙って今日にした。
現在公開中のうち最も広大なところ。
現在公開中のうち最も広大なところ。
近寄って仰ぎ見る。
近寄って仰ぎ見る。
少し離れて高台に登ると遠望出来る。
少し離れて高台に登ると遠望出来る。

このやぐら群の脇を名越切通が通っている。鎌倉時代の逗子、三浦半島に通じる古道だが、ここも保存整備、公開活用される予定だ。

横須賀線の横を登り始める。けっこうな斜面が続く。
横須賀線の横を登り始める。けっこうな斜面が続く。
鎌倉側からはこれまたけっこうな上り坂だ。
鎌倉側からはこれまたけっこうな上り坂だ。
これは第1切通の最狭部を抜けたところ。少し先はもう市街地が迫っている。
これは第1切通の最狭部を抜けたところ。少し先はもう市街地が迫っている。
これは第1切通の最狭部を抜けたところから振り返って第1切通の最狭部を撮る。
これは第1切通の最狭部を抜けたところから振り返って第1切通の最狭部を撮る。

今日は鎌倉側からこの切通を歩いて登り、まんだら堂の限定公開を見て逗子市側の第1切通に抜けて逗子駅まで歩いた。途中幾つかの寺に寄りながらだったから結構疲れた・・

鎌倉駅から歩き始めて細い道に入り込む。本覚寺の奥、常栄寺。通称ぼたもち寺、懐かしい・・
鎌倉駅から歩き始めて細い道に入り込む。本覚寺の奥、常栄寺。通称ぼたもち寺、懐かしい・・
八雲神社、鎮座して九百数十年経つという。
八雲神社、鎮座して九百数十年経つという。
安養院は北条政子の法号である。北条政子が夫・源頼朝の冥福を祈って建てた笹目の長楽寺が前身といわれる。写真は北条政子の供養塔の宝篋印塔。
安養院は北条政子の法号である。北条政子が夫・源頼朝の冥福を祈って建てた笹目の長楽寺が前身といわれる。写真は北条政子の供養塔の宝篋印塔。

まんだら堂跡は昔から菜の花・諸葛菜が有名で春先には咲き乱れる。

二〜三十年も前になるが、その時期に写真を撮りに来た事が数回ある。来年も限定公開があるようだから、その時期に来れると良いのだが・・

 

FUJIFILM X-T1 GS

FUJINON XF10-24mm F4 R OIS

FUJINON XF56mm F1.2 R

Classic Chrome mode

Photoshop Camera Raw 9.0 で現像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です