居酒屋の暖簾

先週、江戸東京たてもの園で鍵屋の暖簾を正面から撮影した。

鍵屋というのは江戸時代末期から続く居酒屋だ。今は根岸にあり、私も20年以上前に何度か行った事があった。

改めてネガなどをひっくり返してみたら、当時写真を撮っていた。

1988年9月だった。店の了解を得て中も撮影した。

1988年秋の鍵屋、根岸にある
1988年秋の鍵屋、根岸にある

Leica M6 , Summilux M35mm F1.4 , Neopan400 Presto

スキャナが調子悪く、外観一枚だけなんとか取り込んだが、画像が悪いのはご容赦願う。

それにしてももう四半世紀が経とうとしていることに驚いている。だがその後は店には行っていない。

で、次にお目にかかったのが14年前の5月、江戸東京たてもの園でだ。二枚目の写真だ。

これは14年前に江戸東京たてもの園で
これは14年前に江戸東京たてもの園で

FUJIFILM FinePix2700

そして三枚目の先週の写真ということになる。

先週の江戸東京たてもの園だ
先週の江戸東京たてもの園だ

Canon EOS 1DX , EF85mm F1.2 L II

江戸東京たてもの園の鍵屋は初代の建物だという。ネットの情報によると、安政3年築で昭和49年頃に元あった下谷の道路拡幅かなにかで建物を取り壊さなければならなくなったのだが、その時店の常連であった日本文学研究家のサイデンステッカー氏の投書から江戸東京たてもの園に移築されたとのこと。

私が25年前に呑みに行った店は、その時に移転した大正元年築の根岸の店だ。

一枚目はライカで撮ったもので当然フィルムである。

今こうして鍵屋の暖簾を撮るというのは不思議な因縁を感じる。

すごーく久しぶりに行ってみるかな・・・

「居酒屋の暖簾」への4件のフィードバック

  1. 時代の変化が感じられて楽しい写真をありがとうございます。暖簾が呼んでいたのでしょうか。ご縁を大切にぜひ足をお運びください^^レポート待ってます!!

  2. 金曜日に再度訪れてみましたら、丁度鍵屋さんにボランティアのおばさんがいらして、まさに今日の記事のお話を延々と聞かされたところです笑
    今は根岸なのですね、お店があるのですってね。
    なんと女性グループお断りだそうで、必ず男性がいないと入店できないそう。
    男性一人につき7人まで女性OKだそうで、そんな話を聞いてたら撮影時間がなくなっちゃいました(^^;
    古いお写真、今につながっているのが何とも不思議で素敵です♪

    1. 一枚目は25年前の営業中の根岸の店ですが、今もあまり変わらない雰囲気みたいですね。

      そうなんですか、男がいないとダメ?! そうだったかなー・・・、いやもう憶えていません。
      明日またよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です