水の浮島

開放F=2.8 で撮影したもの。

京都に行きたいと思いつつ、古い写真を見返す日々だ。

京都に限らず何処の写真もそうだが、数年あるいは十数年経って見返すと当時とは違った写真を選んだりする。当然なのだが、古い写真を見返すことは結構大事だ・・

写真は「アイランドレイク(水の浮島)」というもので、御池通りの中央分離帯に2002年に作られたものだ。(平安京の神泉苑に代表される庭園の池(御池)と,それに通じる道としての御池通にちなんで、「アイランド・レイク(水の浮島)」つまり「水の庭」をテーマとしているそうだ。)

アイキャッチは横位置で絞り開放(2.8)、これは縦位置でF=5.6 で撮影。
アイキャッチは横位置で絞り開放(2.8)、これは縦位置でF=5.6 で撮影。

夜間撮影なので借景の東山はよくわからないが、アウトフォーカスで絞りを変えて何十枚と撮ったものだ。(つれづれ写真のN0.99)

2006年当時宿泊先の京都ホテルを出たところで撮影した。当然この時期の京都はかなり暑いのだが、今は何処も彼処も暑い・・

ここ数日は西日本が大変なことになっている。被災された方々にはお見舞い申し上げます。

 

Canon EOS5D

Canon EF24-70mm F2.8 L

「水の浮島」への2件のフィードバック

  1. 京都、いいですね〜
    私は、いつ、突然行くようになってもいいようにJR西日本でチケットをiphoneから購入できるようにアプリ入れて設定しました 笑

    1. 凄いですね・・
      私はしばらくはお預けかな・・、この「水の浮島」はまだあるんでしょうね。
      撮ったのは12年前ですが、最近行ってないからどうなったのやら・・少し変わっているんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です