スカイツリーの麓

昨日は友人と「たばこと塩の博物館」に行ってみた。

帰りに一杯やるのが目的なのだが(笑)、特別展も良かった。

「和モダンの世界 近代の輸出工芸品」というので「幕末・明治から昭和時代初期頃に制作された輸出用工芸品としての寄木細工や芝山細工のほか、薩摩焼をはじめとする明治・大正時代の日本陶磁、駿河・会津・横浜で作られた漆工品、さらに麦わら細工や貝細工といった観光物産などを収集し、今日“和モダン”と称される分野の資料のほか、たばこに関係するものも含めて数多く所蔵」している金子コレクションが並んでいたが、江戸時代の箱根細工や柴山細工の棚などは秀逸だった。

目の保養をした・・(撮影禁止なので写真はないが)

「東京スカイツリー」という駅は昔「業平橋」という名前だった・・ もうしばらくするとそのことも忘れ去られるんだろう・・
「東京スカイツリー」という駅は昔「業平橋」という名前だった・・
もうしばらくするとそのことも忘れ去られるんだろう・・

博物館は東京スカイツリー駅から10分足らずの大横川親水公園の脇にあるのだが、ずーっとスカイツリーの麓を歩いているような感じだった。

博物館の中に昭和のタバコ屋さんという感じの店が再現されていた・・
博物館の中に昭和のタバコ屋さんという感じの店が再現されていた・・

 

FUJIFILM X-Pro2

FUJINON XF10-24mm F4 R OIS

Classic Chrome mode

「スカイツリーの麓」への2件のフィードバック

  1. とても素敵な展覧会ですね。
    たばこと塩とからは想像つかない意外な組み合わせです。
    名前は聞いたことある気がするけど、行ったことはない小さな博物館が
    東京にはたくさんありますよね(*^-^*)
    たばこと塩の博物館、行ってみようと思います。

    1. 予想に反して見ごたえありましたし、博物館も結構充実していました。
      2015年に墨田区に移転して来たそうで、それまでは35年間渋谷にあったそうです。
      こんなに立派ではないまでも小さな博物館や記念館のようなものは結構あるんですよね・・

      この日はこの後浅草まで歩いて、神谷バーで呑んで帰りました・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です