都市の地平−東京駅−

『山手線』の延長というわけでもない。

久しぶりに丸の内北口で降りた・・ これも久しぶりだ。
久しぶりに丸の内北口で降りた・・
これも久しぶりだ。
グランルーフ側は撮りたいと思いながらなかなか来ていなかった・・
グランルーフ側は撮りたいと思いながらなかなか来ていなかった・・

実は久しぶりに東京駅を撮ったのだが、タイトルをどうしようかと思い「そうだこれって久しぶりだよな・・」

KITTE の6階から(以前も撮ったなー・・) 『都市の地平−山手線−』と呼ぶにはホームも撮っていないからダメだね・・
KITTE の6階から(以前も撮ったなー・・)
『都市の地平−山手線−』と呼ぶにはホームも撮っていないからダメだね・・
まあこれはホームも写っているけど・・
まあこれはホームも写っているけど・・

 

日本ビルあたりの再開発で日本一の高さのビルができるらしい、というので最後の姿を友人と見に行ったのだ。

『日本ビルヂング』ですよ・・
『日本ビルヂング』ですよ・・
いかにもこの時代のビルだ・・
いかにもこの時代のビルだ・・

一番高いビルは61階になるらしい・・

グランルーフ側って改めて撮ったことないんだ・・
グランルーフ側って改めて撮ったことないんだ・・
上に登って・・(下は長蛇の列みたい・・)
上に登って・・
(下は長蛇の列みたい・・)

※ アイキャッチはfacebookのカバー写真にも使った。

グランルーフの歩行者デッキからサウスタワー方向を・・
グランルーフの歩行者デッキからサウスタワー方向を・・

 

FUJIFILM X-T2

SAMYANG 8mm F2.8 Fisheye II

ACROS G mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

再び台風・・

今夜一番接近するようだ。

二週続けて台風来襲である。

今シーズンはこれで終わりかどうか分からないが、”もういいでしょう・・”

 

間も無く11月に入り例年ならハゼノキが少し色づき始め楓もうっすらして来る頃だ。

昨年10月末のハゼノキのようす・・
昨年10月末のハゼノキのようす・・
楓もうっすら色づき始めた・・
楓もうっすら色づき始めた・・

今年の秋の寒暖差は結構激しいものがあったし、これからもあるだろうから紅葉は期待できるかもしれない。というか期待しよう・・

 

今これを書いている時に一段と雨の勢いが増した・・

今晩9時頃が一番のようだ。

早く通り過ぎてくれ・・・

(→9時半頃には完全に止んだ・・)

 

FUJIFILM X-T2

FUJINON XF60mm F2.4 Macro

Astia mode

紅葉前夜の訳

昨日の「紅葉前夜」というのは紅葉する前ということだが、昨年12月に六義園で印象的な写真を撮ったため今年も期待してそのように書いた。

この辺りは数年前から紅葉の時期に撮っているが、当然毎年様相が違う。

時期も鮮やかさも毎年違うものだ。

今年の紅葉はどうか分からないが、六義園ではハゼノキが11月中旬、楓は大部分が11月下旬あたり、南西側とこの正門裏手は12月上旬、イチョウも12月上旬という風に長く楽しめる。

で、先ほどの正門裏手の楓だが、3枚の写真で比べてみた。

先日ブログにアップしたACROS G モード (facebookではもう少し引いた類似した構図でアップ)
先日ブログにアップしたACROS G モード
(facebookではもう少し引いた類似した構図でアップ)
同じカットだが、Velvia モード・5000Kで現像したもの
同じカットだが、Velvia モード・5000Kで現像したもの

前2枚は同じカットだが、1枚目が先日と同じモノクロ、2枚目がベルヴィアモードで現像したものだ。

昨年12月6日に撮影したもの。 Velvia モード・5400Kで現像している。
昨年12月6日に撮影したもの。
Velvia モード・5400Kで現像している。

そして3枚目は昨年12月6日に撮影した”印象的な”カットだ。

少しズレはあるが偶然ほぼ同じ角度だった。

他にも撮っているがよく似た角度はこれだけだった。

今年も期待しよう・・

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

ACROS G , Velvia mode

紅葉前夜

今日はまさに秋晴れ・・、月一の通院で千石詣で。

例によって帰りがけに六義園に寄る。

まだ紅葉はないが秋っぽく見えるから不思議だ・・
まだ紅葉はないが秋っぽく見えるから不思議だ・・

 

紅葉にはまだ早いのにやたらと人が多い・・

外国人ってわけでもない。まあ見分けのつかないアジア系ってこともあるか・・

あじさい山にぽつっと一つだけ名残りのように残っていた・・(いや二つだった・・)
あじさい山にぽつっと一つだけ名残りのように残っていた・・
(いや二つだった・・)
あじさい山ではないが、これも名残り?
あじさい山ではないが、これも名残り?

六義園の紅葉の見頃までは一ヶ月近くある。

あと一月足らずでハゼノキも朱色に染まる・・
あと一月足らずでハゼノキも朱色に染まる・・
奥の大木がイチョウだから、下は一面黄色く染まる。
奥の大木がイチョウだから、下は一面黄色く染まる。
ここも毎年逆光でオレンジに染まる。
ここも毎年逆光でオレンジに染まる。
紅葉ももちろん良いが、こういうのも悪くないな・・
紅葉ももちろん良いが、こういうのも悪くないな・・

今日はいつも紅葉の時に撮る風景を前夜祭のようにモノクロで撮ってみた。

”夢のゆりかご”も健在・・
”夢のゆりかご”も健在・・

 

 

FUJIFILM X-Pro2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

ACROS G mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 使用

まさに秋・・

「御苑にでも行くかな?」と呟いたが、代引きの荷物が午前に来たので早く出られず、近間の百花園に行って来た。

園内は台風の影響はあまり感じられず、前回に引き続き手入れが行われていて、今日はアザミなどが取り払われていた。

オナガなどの鳥の姿を見かけたが、生き物よりイタドリやススキ、まだ青いタカサゴユリの莢などが目立った。

園内はススキが満開?
園内はススキが満開?
今日は晴れだと思ったが、ほぼ曇りだね・・
今日は晴れだと思ったが、ほぼ曇りだね・・
タカサゴユリの莢はまだ青い・・(これはモノクロだけど・・)
タカサゴユリの莢はまだ青い・・(これはモノクロだけど・・)

まさに秋だ・・

イタドリも秋らしいね・・
イタドリも秋らしいね・・
こちらはベニイタドリ、メイゲツソウだ・・
こちらはベニイタドリ、メイゲツソウだ・・

でもまた台風が発生したそうな・・

上陸の可能性は低いようだが気になるね・・

きぶしも色づき始めた
きぶしも色づき始めた
一層透き通った・・
一層透き通った・・
最後はひょうたん?
最後はひょうたん?

 

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

FUJINON XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

Classic Chrome , ACROS G mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

台風一過

今朝方台風が東京を通過して行った。

昨夜から雨は強まっていたが、今朝6時頃が風雨のピークだったようだ。葛飾区はその時間に20ミリ以上、風は15m以上吹いたようだが、アンテナも倒れずなんとか無事だった。

台風一過で晴れるだろうと思い百花園にでも行こうかとも思ったが、朝に発令された「避難準備」は午後解除されたものの風が強いので止めた・・

先日の百花園で
先日の百花園で

明日は久しぶりに(9ヶ月ぶり?)御苑にでも行くかな・・

青い薔薇

例年なら何回かは薔薇を撮りに行っているが、今年は雨が降り続き(雨の中もありなんだが・・)結構いい降りの日もあり、出かけるのに二の足を踏んでいる。

近所の公園の薔薇が無くなった所為もあるが、西ヶ原の薔薇の園に一度行ったきりだ。

 

先日青い薔薇で”スターリング・シルバー”というのをアップしているが、その隣に”わたらせ”という青い薔薇があった。

”わたらせ” ”スターリング・シルバー”のように正面からいいのは無かったんだよね・・
”わたらせ”
”スターリング・シルバー”のように正面からいいのは無かったんだよね・・

説明によると「世界に先駆けて作出された青バラの第1号品種。」とあり、これって世界で最初って意味だろうか・・(ちなみに年代は”1977”となっている。)

※ スターリング・シルバーは青紫色系の品種第1号だとのこと、年代は”1956”となっていました。

”わたらせ”というのは「作出者の住んだ栃木県に流れる『渡良瀬川』にちなんでいます。」とある。

 

週末は台風直撃という予報なので、その後どこかで薔薇は散らずに生きているだろうか・・・

 

FUJIFILM X-T2

FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

Classic Chrome mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

秋雨の晴れ間

六日ぶりの日差しだ。厳密には昨日も一時日が差したが、都内でも場所によるのだろう。

”もしかしたら・・”と百花園をのぞいてみたが、蝶は極端に少なくなった。

紋黄蝶が数頭舞っていただけでアゲハの類は全く姿を見なかった。

帰り間際に褄黒豹紋の雌を一頭見かけたが、やはりこの数日の雨と寒さで今年は終演となったのかな・・

 

代わりにというわけではないが、視界に素早い鳥の動き、すぐレンズを向けると遠くて種類は認識不可・・笑

鳥に詳しくはないがモズだろうか・・
鳥に詳しくはないがモズだろうか・・

素早く飛び去った。

飛び立った後は3カットしか画面に入っていなかった・・
飛び立った後は3カットしか画面に入っていなかった・・

帰ってから確認するとたぶんモズ・・

ススキが見頃?
ススキが見頃?
メイゲツソウも見頃??
メイゲツソウも見頃??
秋っぽくなった・・・
秋っぽくなった・・・

明日からまたしばらく雨模様だ・・

 

FUJIFILM X-T2 , Pro2

FUJINON XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

FUJINON XF35mm F1.4 R

Classic Chrome mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

雨上がりの秋薔薇

しばらく雨が続いたが、今日は昼頃雨が上がった。

雨上がりを狙って西ヶ原の薔薇の園へ行ってみた。

中段の薔薇園は通路が狭いんだ・・
中段の薔薇園は通路が狭いんだ・・
薔薇園の下の段は日本庭園
薔薇園の下の段は日本庭園

同じことを考えている人が多いのか結構な人出だった。明日は6日ぶりに晴れるようだからもっと人が多いだろう。

洋館前に咲く”プリンセス・ミチコ”
洋館前に咲く”プリンセス・ミチコ”

雨上がりというのは悪くないね、晴天の時は光の具合はもちろん良いのだが乾いた感じになることも多い。

薔薇園に降りるとすぐに多くの花をつけた”芳純”
薔薇園に降りるとすぐに多くの花をつけた”芳純”
右手奥の一角を占める”リオ・サンバ”
右手奥の一角を占める”リオ・サンバ”
左手奥の”緑光”
左手奥の”緑光”

水滴が付いている湿感も良いものだ・・

グレー味を帯びたラベンダー色の”スターリング・シルバー”
グレー味を帯びたラベンダー色の”スターリング・シルバー”

※ アイキャッチはfacebookにアップ、 ”クイーン・エリザベス”

英国女王の名を冠したノーブルで上品なピンク色の”クイーン・エリザベス”
英国女王の名を冠したノーブルで上品なピンク色の”クイーン・エリザベス”

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

FUJINON XF10-24mm F4 R LM OIS

FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

Classic Chrome mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

お気に入りのレンズ

カメラ1台に1本だけレンズを付けて持ち歩くとしたらどのレンズにする?

超広角好きの私としては10-24とか魚眼を選びたいところだが、フラッとするのには1本付けるならTouit50mm を選ぶだろう。

もちろんレンズは何を撮るかで選ぶわけだが・・

 

かつての街歩きにはライカ1台に35mmというのが定番だった。後からは圧倒的に50mmが多かったが・・

今はAPS-Cだから35mmは53mm、50mmは75mmということになる。

等倍マクロ、290gと軽い・・
等倍マクロ、290gと軽い・・

Touit50mmはマクロレンズだから近接撮影用かといえばそればかりではない。

長すぎず短かすぎない焦点距離もなかなか良いし、いざとなれば近寄れる。それに解像も良くてボケがなかなかに良い・・

惜しむらくは距離環と絞り環のゴム部分に埃が着きやすい。

そのゴム部分も使い込むとテカテカして今や浮き上がりそうだ。早晩交換しなきゃならないだろう。

Xシリーズ用のZeissのレンズは12mm、32mm、50mmと3本あるが、いずれも秀逸なレンズだ。中でも50mmは手放せないレンズである。