遅かりし由良之助

今日は朝から曇りながら陽がさしたりして蒸し暑い・・

先日の写友のサファイアさんのブログに刺激されて気になっていた千葉公園に行ってみた。

京成千葉から一駅、これに乗って千葉公園へ(帰りは歩いた・・)
京成千葉から一駅、これに乗って千葉公園へ(帰りは歩いた・・)

大賀博士の古代蓮として有名な大賀ハスだ。

3粒のうち1粒が育ったということだが、当時「ライフ」に掲載され、その写真を三木淳が撮影しているという(wikiによる)。

 

さて蓮の花はというと、タイトルの通り・・というかピークはとうに過ぎた、という感じだ。

もちろんまだ見れる花は・・ある
もちろんまだ見れる花は・・ある
葉の間をかき分け探す・・
葉の間をかき分け探す・・

一日目の花はもう数少なく、二日花と三日花が多い。花托のみのものも結構あって、人出は多かったが花は惜しかった・・

蓮池は人出は多いが、ピークは過ぎたね・・
蓮池は人出は多いが、ピークは過ぎたね・・

不忍池と比べても約一ヶ月早いかな・・

来年はちょうどいい時期に来たいものだ・・

アイキャッチはColor Efexでちょっと遊んだが、実際はこう・・
アイキャッチはColor Efexでちょっと遊んだが、実際はこう・・

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

FUJINON XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

Velvia mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

思ったよりゴツイ・・

よく用品を仕入れるオリホビから新商品の取り扱いのメール。自ら病気と称しているストラップだった。

ストラップとカメラバッグは病気だ・・

特に最近は織物と皮革が多い。

病気といっても毎月買ったりしている訳じゃない。年に2本ほどだ 笑

手持ちが多いから一年でボロボロになったりはしない。

大げさな箱に入っているが本当は要らない・・
大げさな箱に入っているが本当は要らない・・

今回の物は「Barton1972 レザーストラップ」で6本の本革だけで立体的に編み上げた物だが、実物は思ったよりゴツイ・・

新品はまだ固いね・・ でも皮は割とすぐに馴染む・・
新品はまだ固いね・・
でも皮は割とすぐに馴染む・・

でも馴染むと良さそうだ・・

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

Classic Chrome mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

梅雨空といえばそうなんだが・・

久しぶりに柴又に行ってみた。

曇り空で雨もありかと思ったが、出かけてすぐに陽射しが・・

一時は結構陽が当たり当てが外れた。

 

予定通り邃渓園に寄り、彫刻ギャラリーにも・・

ギャラリーの”縁の下の力持ち”?
ギャラリーの”縁の下の力持ち”?

梅雨空の帝釈天と参道を撮ろうと思っていたが、帰りも参道は日差しが強く、大して写真も撮らずに高木屋で草団子を買って帰路に着いた。

名の由来は、庭園の滝の風情が幽邃でもの静かであることによるそうだ。
名の由来は、庭園の滝の風情が幽邃でもの静かであることによるそうだ。

 

FUJIFILM X-Pro2

Carl Zeiss Biogon T*35mm F2 ZM

FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

ACROS G mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

明日から本格的な梅雨?

天気予報によれば明日からしばらく雨模様だ。

いよいよ本格的な梅雨なのだろうか・・

今までが空梅雨っぽかっただけに、ようやくとも思うが・・

 

ここのところの紫陽花を見ても空梅雨の影響なのか、すでに枯れ果てたものも多く、いつが盛りだったのかわからない。

そうは言いつつも、まだまだ続くのだ・・
そうは言いつつも、まだまだ続くのだ・・

ってか、まだこれからのものもあるから雨の日も見逃せないか・・

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

Astia mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

今度は真夏日

昨日梅雨寒でしとしとではない大降りだったが、今日は雨は上がって真夏日だ。

ただ快晴という訳でなく、曇り空。でも蒸し暑い・・

三週間ぶりの向島百花園。日差しもさほど強くなく、風も少しあり暑さもほどほどだった。

日差しはまだそれほど強くはないが、夏を感じさせる日差しだ。 樹はくろもじ
日差しはまだそれほど強くはないが、夏を感じさせる日差しだ。
樹はくろもじ
きぶしの葉が眩しい?
きぶしの葉が眩しい?

園内は紫陽花もまだ残っていて、しかし梅雨というより初夏の雰囲気・・

まだまだそこら中に紫陽花が咲いている。
まだまだそこら中に紫陽花が咲いている。

夏が予想されて今年も暑そうだな・・

夏の雰囲気が漂ってきたね・・
夏の雰囲気が漂ってきたね・・

しかし萩のトンネルも前回より成長していて、夏の先が楽しみだが・・

前回よりさらに成長している・・
前回よりさらに成長している・・

 

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

ACROS G mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

梅雨寒

朝から小雨、昼頃から雨足が強くなった。夕方にかけて結構降るらしい・・

気温は20〜21℃ほど、半袖では寒いくらいだ。

今日は父の命日、雨の中墓参りだ。

出かける時から帰りに撮ろうと思っていたが、思っていたより降りが強い・・
出かける時から帰りに撮ろうと思っていたが、思っていたより降りが強い・・

帰りがけに近くの公園で紫陽花を撮る。雨足が強く、早々に引き上げる。

 

FUJIFILM X-Pro2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

ACROS G , Astia mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

一期一会その三

これも近くの公園の七年前の今日の写真だ。

この写真は棺にも入れた・・
この写真は棺にも入れた・・

今この樹が有るかどうかは確かめていないから不明だが・・

別のカット
別のカット

 

この日まで連日父の病室に行っていたのだが、写真立ての中の写真を替えようと撮ったものだ。

この日の昼間取り替えたのだが、父はそれを見ることなくその深夜(日付は翌日になるが)逝ってしまった。

最初に書いたようにこの樹が有るかどうか不明だが、一期一会の写真となった。

 

Canon EOS5D MkII

Canon EF85mm F1.2 L II

Canon Portrait

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

迷惑メール

最近やたらと来る迷惑メールにAmazonからとなっていて、「キャンセルを受け付けました。」というやつ・・

もちろん見るからに怪しいのだが・・

リンクにカーソルを持っていくと全く違うURLでフィッシングメールだ。

引っ掛かる人がそういるとは思えないが数打ちゃ当たるってやつかな。

一時、ドラッグ(バイアグラ)が多かったが、最近はめったに見なくなった。

 

Amazonの他にfacebookなどを名乗るものも相変わらず来る・・・

一期一会その二

「一期一会」と言えば忘れられない写真がある。

もちろんそういうものは幾つかあるのだが、筆頭は確かブログでは過去二回ほど記事にしたことがある「月を食べる龍」だ。

今まさに月を食べようとしているように見える・・ この後は食べ損なうんだけどね・・
今まさに月を食べようとしているように見える・・
この後は食べ損なうんだけどね・・

七年ほど前になるが、近くのよく行く親水公園で撮ったものだ。その時は記事にせず、三年ほどしてからブログの記事にしている。父が亡くなった直後だったので記事にせず、後から見つけて記事にしたものだった。

その時は記事には書かなかったのだが、たまたま上を見上げたら見つけた訳じゃない。

フラッと写真を撮りに出かけようとして玄関で空を見ると太い雲の流れが飛行機雲のように横たわっていた。つられて行くと親水公園の上空でまるで龍の胴体のように(これは後でわかるのだが・・)まっすぐに伸びて行き着いた先が龍の頭?

玄関を出た時北北東に太い雲が見えた。これにつられて出て行った・・
玄関を出た時北北東に太い雲が見えた。これにつられて出て行った・・
上空の雲は龍の胴体のようにも見える・・ この先に頭があったのだ・・
上空の雲は龍の胴体のようにも見える・・
この先に頭があったのだ・・

残月を食べるのかという感じで徐々に動く・・→最初の記事

そうは言うものの全体の形は撮っていないし、よくは覚えていない。

三年後の記事に書いたような言い伝えだけが今も頭に残っている。

まさに一期一会・・

 

Canon EOS5D MkII

Canon EF85mm F1.2L II

Canon Portrait

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

一期一会

「生涯に一回しかないと考えて、そのことに専念する意。」とされ、茶道に由来する日本のことわざである。(一生に一度だけの機会そのものを指す語としても用いられる。)

前々回に書いたが、花や風景にも同じことが言える。

昨年の小岩菖蒲園の一期一会
昨年の小岩菖蒲園の一期一会

スナップショットなどはその最たる例であるが、別に大げさに考えることもないと思う。

つまり森羅万象、自分の身の回りに起こることは全て一期一会であると考えるべきである。

とまあ大上段に振りかぶってみて(笑)・・シャッターチャンスという言葉があるが、一期一会のチャンスだと言える。

全ての事象がそうであると考えれば肩の力も抜けるというものだ。

今年の小岩菖蒲園の一期一会。 前々回モノクロのものをアイキャッチにしたが、これはカラーでタングステンで撮ったもの。(もちろん前々回のアイキャッチとは別のカットだよ・・)
今年の小岩菖蒲園の一期一会。
前々回モノクロのものをアイキャッチにしたが、これはカラーでタングステンで撮ったもの。(もちろん前々回のアイキャッチとは別のカットだよ・・)

以前書いたことがあるが、私は失敗と思われるカットを決して消さない。

半年後・一年後、あるいは数年後に見ると「なぜこのカットを選ばなかったんだろう?」ということがたまにある。

明らかな失敗は別としてこれも一期一会と言えるのではないだろうか・・(まあHDDを喰う原因なのだが・・)

 

<昨年>

FUJIFILM X-Pro2

FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

ACROS G mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

Color Efex Pro4 使用

<今年>

FUJIFILM X-T2

FUJINON XF60mm F2.4 Macro

Classic Chrome mode (Tungsten)

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

Color Efex Pro4 使用