花菖蒲はどうか・・

近場の小岩菖蒲園に再び・・

昨年も同じ日に行っていた。

咲き具合はというと、昨年より少し遅い。二、三分咲きには程遠い。

ざっと見たところ、一分にも満たないかな?ようやく名札を打ち付け始めたところだ。
ざっと見たところ、一分にも満たないかな?
ようやく名札を打ち付け始めたところだ。

睡蓮は真っ盛りという感じ。人出はポツポツ。

先週見頃と書いたが、まだ続いていて綺麗だった・・
先週見頃と書いたが、まだ続いていて綺麗だった・・

江戸川区の「スポーツチャレンジデイ」という行事の当日で江戸川区の職員が幟を持って走り回っていた。

園内を15分以上歩き回っていた人間に声をかけていて、私もシールを貼って協力?した。

回っていた人は休憩中?
回っていた人は休憩中?

花菖蒲はまだこれから。来週が盛りかな?

全体を撮らなきゃ綺麗なもんだ・・(周りはまだ咲いてない・・)
全体を撮らなきゃ綺麗なもんだ・・(周りはまだ咲いてない・・)

※ 一昨日の不調はまあ脱したみたい・・

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit 12mm F2.8

FUJINON XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

Astia mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

雑感2?

少し前に「ここ五、六年は年がら年中花を撮っていた感じだが・・」「中途半端な撮影が増え、満足のいかない期間が続いていたとも言える・・」とか言っていたのだが、撮影自体に大して行けていない今日この頃だ。

二年ほど前に吹き荒れた「都市の地平」シリーズはどうしたのだろう?

「都市の地平」の前の「都市の構図」の撮り始め、国際フォーラムだ。
「都市の地平」の前の「都市の構図」の撮り始め、国際フォーラムだ。
魚眼にとらわれる必要もないんだが・・
魚眼にとらわれる必要もないんだが・・

ネタ切れ?か情熱喪失?山手線はまだたくさん残っているし、でも情熱は少し下降線かもしれない。

まだ体調が戻っていない中それを考えても意味ないか・・

でも花の季節が来ると気になる今日この頃だ。

花が咲くはるか前の萩。
花が咲くはるか前の萩。
ここでは通るたびにアメンボが気になってたんだなー
ここでは通るたびにアメンボが気になってたんだなー

気になるものを撮る、という路線でいいかな・・

※ 今日は出かけようとも思ったのだが、二度目の真夏日に恐れをなして引っ込んだ・・・

 

1 Canon EOS6D

Canon EF8-15mm F4 L Fisheye

2 Canon EOS1DX

Carl Zeiss Distagon T*21mm F2.8 ZE

3 Canon EOS7D Mark II

Carl Zeiss Makro-Planar T*50mm F2 ZE

4 Canon EOS6D

Carl Zeiss Makro-Planar T*100mm F2 ZE

 

Adobe Standard

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

紫陽花の季節

今日こそは後楽園にでも・・と思ったが、朝から不調だ。

何処がということでは無く全身というか精神的なのか分からないが、不調だ。

昨日首の付け根に湿布薬を貼ったところ、1時間ほどで気持ち悪くなった。すぐ剥がしたがそれが後を引いているのかもしれない。

午後にはその点は復調したかもしれない。

白山神社で「空の灯り」を。(2015)
白山神社で「空の灯り」を。(2015)

結局何処にも行けず、古い写真を現像。

駐車場の白い紫陽花(2015) 今年も咲いていたけど撮らなかった・・(2015年にアップしたものとは別のカットだ。)
駐車場の白い紫陽花(2015)
今年も咲いていたけど撮らなかった・・
(2015年にアップしたものとは別のカットだ。)

 

Canon EOS1DX

Carl Zeiss Makro-Planar T*100mm F2 ZE

Canon EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II

Canon Landscape

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

白山神社にて

昨日の記事のようにオークリーフアジサイを白山神社で撮ったのだが、一般的なアジサイはまだまだだ。

手水舎脇の白旗桜の根本にあるアジサイはもう少しだ・・
手水舎脇の白旗桜の根本にあるアジサイはもう少しだ・・
駐車場には車は少なく猫が寝転んで居た・・周りはアジサイだらけ 「あんだよー、文句あっか・・」
駐車場には車は少なく猫が寝転んで居た・・周りはアジサイだらけ
「あんだよー、文句あっか・・」

いつもなら6月に入ってから行くのだが、まして文京区のアジサイ祭りは6月10日からだ。

富士塚に向かう途中も徐々に花をつけている。
富士塚に向かう途中も徐々に花をつけている。

だが片鱗は無くもない。少ないが様子を見に来る撮影者も居たりする。

昨日も雨は降ったが、今日ほどじゃなかった。
昨日も雨は降ったが、今日ほどじゃなかった。
今日はだいぶ濡れたのだろう・・
今日はだいぶ濡れたのだろう・・

昨日初めて歩いたのだが駒込病院から15分たらずだ。こんなに近くだったのかと驚いた。

この神社の裏手の階段を降りてやはり15分ほどで小石川植物園だ。

これからの季節はコースとも言えるね・・

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

Velvia mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

オークリーフ

今日は通院の合間に後楽園にでもと考えていたのだが、二つの予約の間が思ったより縮んでしまったので(一つ目の予約が1時間待ちになってしまった・・)後楽園は諦めて歩いて行ける白山神社に行った。

裏ごしに見てもなかなか美しい・・・
裏ごしに見てもなかなか美しい・・・

紫陽花には少し早めなのだが、オークリーフアジサイは咲き始めでなかなか良い感じだった。(昨年はオークリーフを撮り損ねているからね・・)

こちらは一重の房
こちらは一重の房
で、これは八重の房
で、これは八重の房

6月10日から公開の富士塚は少し遅めだからその頃はオークリーフは終わっているだろうな・・

”オークリーフアジサイ”の名の由来はこの柏によく似た葉だ。
”オークリーフアジサイ”の名の由来はこの柏によく似た葉だ。
他のアジサイはこれからだね・・
他のアジサイはこれからだね・・

明日も雨だ・・

※ 二つ目の予約に間に合うように病院に戻ると玄関を入る前に呼び出し機が鳴った。思ったより早かった・・

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

Velvia mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

睡蓮

小石川後楽園で「スイレンが咲いています」という記事をしばらく前に見てから、行こう行こうと思いつつまだ行っていない・・

で、近場の小岩菖蒲園に見に行ってきた。

花菖蒲は数株咲いている程度だが、睡蓮はちょうど見頃だった。

小さい池を大きく写したが、ペットボトルとキャップが・・
小さい池を大きく写したが、ペットボトルとキャップが・・
明日は病院の帰りに後楽園に寄って見るかな・・
明日は病院の帰りに後楽園に寄って見るかな・・

池は小さいのだがちょうど良い時期に来たことはなかった。菖蒲園だからね・・

ちなみに花菖蒲はまだこれからで、しかし介護関係の集団が睡蓮を見に来ていた。

6月に入るとグッと人が増えるんだろうな・・

グッとアップで撮っても花が綺麗だ。
グッとアップで撮っても花が綺麗だ。
影に隠れた花もある
影に隠れた花もある
早めに来ると花数も咲きっぷりも違う・・
早めに来ると花数も咲きっぷりも違う・・
菖蒲園の奥にも池があった・・
菖蒲園の奥にも池があった・・

 

FUJIFILM X-Pro2

Carl Zeiss Touit 12mm F2.8

FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR + FUJINON XF1.4x TC WR

Astia mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

まだまだ新緑の季節だが・・

ここ数日真夏日になったりで暑い・・

この二、三年似たような陽気だ。

記録を見るとそれより以前は気温も若干低めだ。徐々に暑くなってきている感じなのだ。

何かの番組でやっていたように40℃超えが当たり前になり、毎日救急車のサイレンが鳴っているのが日常となるのだろうか・・

何処かの国のボスのように地球温暖化はでっち上げだ!なんて言っていると灼熱地獄が待っているかも・・

二年ほど前の今頃の新緑だ・・
二年ほど前の今頃の新緑だ・・

新緑はいつ見ても気持ちいいものだが、「昔はこんな景色もあったんだよ。」「えーー、うっそー・・」なんてことにならないことを祈りたい。

こんな景色を爽やかな陽気で見たいものだが・・
こんな景色を爽やかな陽気で見たいものだが・・

 

Canon EOS1DX

Canon EF100-400mm F4.5-5.6 L IS II

Canon Landscape

Photoshop Camera Raw9.9 で現像

Color Efex Pro4 使用

露出計

今はと言うかだいぶ前からカメラに内蔵されている。

私が初めてカメラに触ったのは親父のミノルタのレンジファインダー機だった。このカメラはセレンの指針・追針式の露出計を内蔵していて非常に解りやすかった。

その後初めて自分のカメラを手に入れたのはニコンF2フォトミックだ。フォトミックファインダーというやたらデカいペンタ部に露出計が内蔵されているが、これが邪魔でアイレベルに替えると露出計が無いので必要になる。

ライカの時代は概ね勘でいけたが、もちろんポケットには常に露出計が入っていた。この露出計どんなものでもいいかと言うとそうでもない。

主として反射光式を使っていたがスタジオや人などを撮るときは入射光式がよりいい。

入射光式の代表はスタデラだが、今でも売っている(当たり前か・・)。

私は反射光式をいくつも買いつないだが、最後はスタデラで打ち止めとなった。

 SEKONIC L-398A STUDIO DELUXE III
SEKONIC L-398A
STUDIO DELUXE III
SEKONIC DIGITAL MASTER L-758D スポットメーターにもフラッシュメーターにもなる優れものだ・・
SEKONIC DIGITAL MASTER L-758D
スポットメーターにもフラッシュメーターにもなる優れものだ・・

と思ったが、最終的には一つ買い足した。原則入射光式なのだが、1°のスポットメーターが付いている。(フラッシュメーターにもなる。)

 

一般的に一眼レフのカメラはファインダーで見える像は実像ではあるが、絞りやSSに左右されない。開放測光(古い言葉だ・・)だからね。

だがミラーレスが幅を効かせるようになって「写る画像が見える」ようになって事態は変わったと言えるだろう。(もちろん、モニタでも見れるが・・)

内蔵露出計の補正などが目に見える。(まあ微妙にズレなどあるのだが・・)

露出計は保険みたいなものだが、あると安心できたりする。まあスタジオでは今も必需品だろうけど・・

夏だ・・

今日は撮影に出ようかとも考えたが暑さにめげた・・

午前11時時点で室内は29℃に達している。

しばらく箱に入ったままで昨年は使わなかったダイソンのエアー・マルチプライアーを出してきた。

買ったのは四年ほど前だが、昨年は使わなかった・・
買ったのは四年ほど前だが、昨年は使わなかった・・

エアコンを使ってもいいのだが、これを試してみるかと思い、出してきた。

 

最初は音が少々気になったが外付けのHDDのスイッチを入れたら、エッ、無音?というほどHDDに圧倒された 笑

今日も30℃を超えそうだな・・

昼咲き月見草

久々に遅い朝の散歩をした。

いつもの親水公園なのだが、緑が濃くなった。

あの時点で18℃ほどはあったようだから今日はどこまで気温が上がるだろう・・

体調を悪くして冬の一番いい時期を鬱々と過ごしてしまったが、新緑のこの時期は爽やかというより最早夏と間違えるほどだ。

桜も実も落ち、まるで絵に描いたような葉が茂る・・
桜も実も落ち、まるで絵に描いたような葉が茂る・・
この時期の日差しは強くて紫外線も強いという・・
この時期の日差しは強くて紫外線も強いという・・
今はこんな感じだが、夏になるともっと厚ぼったくなる・・
今はこんな感じだが、夏になるともっと厚ぼったくなる・・

日本の四季も怪しくなってきたものだ・・

 

流れの近くにあまり見慣れぬ花が陽に当たって綺麗だった。他の花より一周りも二周りも大きい花だったので思わず撮ったが、はて何の花だろう?

きっと毎年咲いていたんだろうけど、いままで気がつかなかった・・
きっと毎年咲いていたんだろうけど、いままで気がつかなかった・・

帰って調べて見ると「昼咲き(桃色)月見草」というものだった。

そう言えばこんな風景、以前も見たかもしれないなー・・
そう言えばこんな風景、以前も見たかもしれないなー・・

観賞用に輸入されたものが野生化したようだ。北米原産だそうだが、アカバナ科マツヨイグサ属の多年生植物ということで同じ種類に「月見草」がある。

<富士には月見草がよく似合う>という太宰の名文句があるが、これも江戸時代に渡来したメキシコ原産の花だ。

名前はよく知っているが、実物はあまり見ない・・

そんなこんなで結構時間が経過してさて帰って朝ごはんだ・・

このレンズ、絞らなくても光条が出る・・
このレンズ、絞らなくても光条が出る・・

 

FUJIFILM X-Pro2

FUJINON XF 60mm F2.4 Macro

SANYANG 8mm F2.8 Fisheye II

Astia, ACROS R mode

Photoshop Camera Raw9.9 で現像