はかなきもの;花菖蒲の季節到来

昨日テレビで花菖蒲は少し早め、とのことだった。

少し早いかな、と思いつつ、いつもの小岩菖蒲園に行ってみた。

ウェブの情報では29日で”二分咲き”ということだったが、果たしてほぼその通り二、三分咲きというところ。

ぱっと見、二、三分咲きというところ。 まだまだこれから咲きます・・
ぱっと見、二、三分咲きというところ。
まだまだこれから咲きます・・
こちら肥後系「月影」※ 「月影」の名札は付いていたが、後から調べてみると「日の丸一号」の方が近いかなー・・
こちら肥後系「月影」
※ 「月影」の名札は付いていたが、後から調べてみると「日の丸一号」の方が近いかなー・・

まだ少し早めだが、人はそれなりに居る。来週が見頃かな・・

「はかなきもの」の代表は桜だったが、花はいずれもはかなきもの、二年ほど前から水面に映る花菖蒲を撮っているが、今回はなかなかいい出来・・

水面の花にAFはきつい、 すぐ水底に行ってしまう・・
水面の花にAFはきつい、
すぐ水底に行ってしまう・・
これはfacebookにアップしたもの
これはfacebookにアップしたもの

さて昨日テレビに映っていたのは堀切菖蒲園だった。もう何年も行っていないが、近いうちに行ってみるかな・・

 

FUJIFILM X-Pro2

FUJINON XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

Carl Zeiss Touit 12mm F2.8

Provia mode

Photoshop Camera Raw 9.5 で現像

昔書いた記事

ここのところオールドレンズを使ったりして、昔街中を歩いて写真を撮っていた頃を思い出していた。同じように感じ、同じように撮ることはもう出来ないだろうけど、古い写真を見ていると忘れられない風景が思い起こされる。もちろん何枚もあるのだが、そのうちこれはという2枚を・・

1990年の小石川 小石川植物園を南に少し行ったところだ。しばらく後に行ってみたが、もうこの景色はなかった。
1990年の小石川
小石川植物園を南に少し行ったところだ。しばらく後に行ってみたが、もうこの景色はなかった。
1989年の大島、波浮港 17年後に行った時にはこんな風景はどこにも無かった。 この風景は目に焼き付いている。
1989年の大島、波浮港
17年後に行った時にはこんな風景はどこにも無かった。
この風景は目に焼き付いている。

いろいろ探しているうちに前回試したSummitarで撮った写真を見つけたので1枚載せておく。

1997年、京都先斗町 グレースケールでセピア調のダブルトーンに加工したものだ(一時凝っていた)。 Leica IIIf で撮っているから非常に少ない写真だね。サイズは少し小さいが当時のスキャンのまま載せます。
1997年、京都先斗町
グレースケールでセピア調のダブルトーンに加工したものだ(一時凝っていた)。
Leica IIIf で撮っているから非常に少ない写真だね。サイズは少し小さいが当時のスキャンのまま載せます。

そしてかつて古いブログで書いた記事を載せてみたい。(10年ほど前の記事である。)

 

「ここ3年ほどほとんどフィルムを消費していない、と何度も言っているが、さてデジタルデータは永遠か?という命題に突き当たるのだ。デジタルデータは実体が無い。まさにデータなのだが、これを保存する媒体が問題だ。CD,DVD,MO,HDDなど何種類もあるが全て電気的な再生装置が必要である。持ちはどうか?CDは永遠のようなことが言われた時期もあったが、もろくも崩れ去っている。20年は持たないだろう。ひどいと2〜3年もあぶないかもしれない。保存状態も影響する。まるでフィルムと同じだ。だがフィルムは変色してもカビが生えても画像全てが失われることは無い。30年近く前の写真をスキャンしてアップしたこともある。データは、と言うと飛んだらパーだ。CDなども剥がれたら読み取れない。

私の場合は、少し前はHDD3組、MO1組、DVD1組の5セット、現在はHDD3組、DVD1組の4セットだ。それでも不安である。いっそのことアナログに戻ったら、とも思うがデジタルの便利さに引っ張って行かれている。ただ時々思うのである。フィルムの現像をしてみてもイイかな、と。以前にもブログで書いたが、環境を整えるのが困難になりつつある。みんながアナログに回帰すれば元に戻るのだろうが、まず無いだろう。3年ぶりにフィルム消費しようかと考える今日この頃である。」

「アナログなら安心か?と言うと、よく考えてみるとさて人間の思考や感情はどうだろうか、ということに行き当たる。脳の信号は?シナプスは?・・・人間の感覚そのものがデジタルじゃあないの?(0、1という意味ではない)何処に残っているかというと「記憶」だ。本体の「記憶」というHDD(いや、柔らかい細胞組織?)は巨大だが滅多なことでは飛ばない。念のための保存装置として写真や本や日記・手帳などがある。人間自体がコンピュータのようなものだ。

心に残る風景は心に残っていないといけない。カメラを持たずに旅行する人はきっとよく憶えているだろう。写真を撮る人は写真を撮ることに夢中でよく見ていないことがままある。どちらが心に残るだろう?」

 

<小石川、大島>

Leica M6

Summilux 35mm F1.4

Kodak T-MAX100

<京都>

Leica IIIf

Summitar 50mm F2

Kodak T-MAX100

 

Photoshop CC2015

絶妙

ってちょっと大袈裟?・・

日をおかずに試してみることにした。

一番近場の百花園でSummitarを試してみたのだ。

実際に撮るのは何年ぶりだろうか・・(先日ちょっとだけ試したが・・)

ずいぶん昔は一時よく使ったが、デジタルになってからは当然お蔵入りしていた。

 

撮ってみた感触は先日書いたようにコントラストは低めで、しかし雰囲気は良い。それは今日も同じ。

萩のトンネルは新緑 これはF=4 で撮影
萩のトンネルは新緑
これはF=4 で撮影
ほぼ同じ角度で F=2 開放で撮影 周辺も悪いが、こういう描写には向いてない?
ほぼ同じ角度で
F=2 開放で撮影
周辺も悪いが、こういう描写には向いてない?
シモツケソウ F=4 で
シモツケソウ
F=4 で
いつものベンチ F=2 開放で
いつものベンチ
F=2 開放で

開放はやはり周辺光量落ちと若干流れる感じだ。

ミツバカエデ F=4 で
ミツバカエデ
F=4 で
園内は緑で鬱蒼としている F=4 で
園内は緑で鬱蒼としている
F=4 で
ガクアジサイが咲いている F=4 で
ガクアジサイが咲いている
F=4 で
売店横の関山の葉桜 F=2 開放、周辺はんーーて感じだが、雰囲気は絶妙?
売店横の関山の葉桜
F=2 開放、周辺はんーーて感じだが、雰囲気は絶妙?

しかし被写体によっては絶妙な表現になる可能性を秘めている、ってところかな・・

※ 開放かF=4 が多いが、F=8 も撮っている。しかしF=4 あたりが一番安定している感じだ。

カラーでも撮ってみたよ ムラサキセンダイハギ F=4 で
カラーでも撮ってみたよ
ムラサキセンダイハギ
F=4 で
ミツバカエデ F=2 開放
ミツバカエデ
F=2 開放

 

FUJIFILM X-Pro2

Leitz Summitar 50mm F2

Acros + Ye mode , Provia mode

Photoshop Camera Raw 9.5 で現像

少し試した・・

昼の買い物のついでに少しだけ撮ってみた。

Exif情報が記録されないから絞りを固定して撮ったが、次は記録して絞りを変えて撮ってみたいが・・

両方とも古いレンズだが、モノクロの表現力は十分かもしれない。

いつもの親水公園でSummitar 50mm で F=4 で撮影 紫陽花咲き始めてる・・
いつもの親水公園で
Summitar 50mm で
F=4 で撮影
紫陽花咲き始めてる・・
Canon 35mm で F=2.8 で撮影
Canon 35mm で
F=2.8 で撮影

ただ全体にコントラストが低い傾向だ。Summitarがより低い感じがする。(ボケは滑らかだが・・)

Summitar 50mm で F=4 で撮影
Summitar 50mm で
F=4 で撮影
Canon 35mm で F=2.8 で撮影
Canon 35mm で
F=2.8 で撮影

解像感も今ひとつだ。(だが、Summitar は雰囲気は非常に良い・・)

カラーで撮ってみた。Provia mode 手前のツツジにピン Summitar 50mm で F=4 で撮影
カラーで撮ってみた。Provia mode
手前のツツジにピン
Summitar 50mm で
F=4 で撮影
Provia mode 手前のツツジにピン Canon 35mm で F=2.8 で撮影1/1,600sec.だけどブレたね・・
Provia mode
手前のツツジにピン
Canon 35mm で
F=2.8 で撮影
1/1,600sec.だけどブレたね・・

写真はともに二絞り絞ったが次回は開放も試そう。

これはCanon 35mm のみ なかなか良い感じの描写かな・・
これはCanon 35mm のみ
なかなか良い感じの描写かな・・

 

FUJIFILM X-Pro2

Leitz Summitar 50mm F2

Canon 35mm F1.5

Acros + G-filter , Provia mode

Photoshop Camera Raw9.5 で現像

オールドレンズ

オールドと言っても戦前のライカのレンズほど古くはない。

そういうレンズも持っているが、試そうとしているのは何れも1945〜50年代のものと思われる。

ライカのSummitar 50mm F2 とキャノンの35mm F1.5、何れもライカスクリューマウントだ。

これがなぜX-Pro2に付くかというと、ライカM→フジXマウントアダプターがあるからだ。買った記憶は無いからおそらくキャンペーンか何かで貰ったんだと思うのだが・・

ただこれもMマウントだから、L→M変換アダプターが必要だ。もちろん持っている。

で、X-Pro2に装着したのが次の写真。

Leitz Summitar 50mm F2
Leitz Summitar 50mm F2
Canon 35mm F1.5
Canon 35mm F1.5

Summitarはおそらく1945〜50年前後のものと思われ、昔のブログで書いたことがあるが、絞りによって描写が変わるし、鉛筆で書いたような印象がある。このレンズは日暮里のフォトメンテナンス安田でオーバーホール済みのものを買った(だいぶ前だ・・)。戦後のものなのでコーティングしてあるようだ。このあとSummicron という名レンズに発展してゆくのだが、このSummitar も名レンズと言っても良いように思うのだが・・(Elmar, Summar, Hektor, Summitar とマックス・ベレークの設計でSummitarは最終形かもしれない。)

Canonはそれほど古くは感じないが、糸巻きのゴーストが出たりする。これは1958年発売というから私より若い・・? 買ったのは新宿東口駅前の中古屋だったが、名前はもう忘れた。外付けファインダーが付いていたが、これが見難い・・

撮影はこれからだが、Canonは結構アップしているものもあり、「江戸切り絵図朱引を歩く」の後半はBessa Rに付けて撮っている。(Bessa Rも使ったんだな・・)Summitarの写真はだいぶ前なのでネガから探さなきゃならないので省略です・・

少し前にアップしたのが次の写真でスキャナのテストに使ったんだね・・

18年前の銀座 Leica IIIA + Canon 35mm F1.5 Kodak T-MAX100
18年前の銀座
Leica IIIA + Canon 35mm F1.5 Kodak T-MAX100

 

さてデジタルでどのようになるのかな・・・(こんど撮影したらアップしたいと思う。)

都市の地平−山手線4(西日暮里)−

およそ4ヶ月ぶりだ。

1月半ばに田端駅近くでレンズフードを割って以来ということになる。

撮り方に迷っているうちに花の季節に突入して、かつカメラの入れ替えなどあったものだからだいぶ空いてしまった。(5DMkIII は初めて使うことになる・・)

今日は前回二つ目に行く予定だった西日暮里。

難しい駅だった。

京浜東北線南行と山手線外回りのホームで。
京浜東北線南行と山手線外回りのホームで。
京浜東北線北行と山手線内回りのホームで。 進学校で有名な開成中・高が見える。
京浜東北線北行と山手線内回りのホームで。
進学校で有名な開成中・高が見える。

駅舎が高架下で営団地下鉄と都営交通が交わっている。日暮里・舎人ライナーの駅との間から撮ろうと思っていたが、実際は距離がありすぎ・・、しかもJRの駅は分かりにくい。

駅を出て反対側から高架下の駅入り口。こんなに広いレンズだと分かりにくい・・
駅を出て反対側から高架下の駅入り口。こんなに広いレンズだと分かりにくい・・
少し離れた日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅からJRの駅高架を望む。
少し離れた日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅からJRの駅高架を望む。

今日は月一の通院の帰りに寄ったが、何れ再挑戦したほうが良いかな・・

 

Canon EOS5D MkIII

Canon EF8-15mm F4 L Fisheye

DPPver.4 で現像, Photoshop CC2015

極上の薔薇を

昨日の雨は一転して今日はピカピカの晴れ・・、ピーカンだ。

こんな日に花を撮るのは難しいが、怒アンダー+逆光で凌いだ。

先週の旧古河庭園に続いて御苑で薔薇を撮った。

フランス式整形庭園、再奥のプラタナス並木に挟まれた優美な空間だ。
フランス式整形庭園、再奥のプラタナス並木に挟まれた優美な空間だ。
プラタナス並木から薔薇の園が広く見えるところだ。
プラタナス並木から薔薇の園が広く見えるところだ。

まさに見頃、週末には「新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク」があるそうだ。南東の外れフランス式整形庭園に110種500株ほどあるという。

すべての品種を撮ったわけではないが、一回りして2時間以上撮ってしまった・・

アップは数枚と思ったが、少し多めに上げたいと思う。

撮り歩いた順番に十数種並べてみる。 最初は「ニュージーランド」
撮り歩いた順番に十数種並べてみる。
最初は「ニュージーランド」
真紅の「ロミオ」
真紅の「ロミオ」
クリーム色の「エリーナ」
クリーム色の「エリーナ」
燃えるような「アンダルシア」
燃えるような「アンダルシア」
「ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ」 舌噛みそう・・
「ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ」
舌噛みそう・・
ピンクの「ニュー ドーン」 ピントの位置が今ひとつ・・
ピンクの「ニュー ドーン」
ピントの位置が今ひとつ・・
真ん中で高く咲く「ウルメールムンスター」
真ん中で高く咲く「ウルメールムンスター」
少し朱に輝く「オリンピックファイアー」
少し朱に輝く「オリンピックファイアー」
真っ白な「シュネービッチェン」
真っ白な「シュネービッチェン」
黄色の代表「ゴールドマリー ’84」
黄色の代表「ゴールドマリー ’84」
この薄紫はProviaでしかでなかった。 「夢香」
この薄紫はProviaでしかでなかった。
「夢香」
これも真紅の「リリーマルリーン」
これも真紅の「リリーマルリーン」
微妙な色合いの「ストロベリーアイス」
微妙な色合いの「ストロベリーアイス」
先週西ケ原の薔薇園では綺麗に撮れなかった「フレンチレース」
先週西ケ原の薔薇園では綺麗に撮れなかった「フレンチレース」
蜂が飛び交う「カウンティ フェア」
蜂が飛び交う「カウンティ フェア」
東の外れからプラタナス並木と薔薇の園
東の外れからプラタナス並木と薔薇の園

 

 

FUJIFILM X-Pro2

FUJINON XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + Macro Extension Tube MCEX-11

Carl Zeiss Touit 12mm F2.8

Provia mode

Photoshop Camera Raw 9.4 で現像

城ヶ島

白秋碑前で降りて歩き始める。

城ヶ島公園からハイキングコースを歩いて城ヶ崎灯台までたどり着く。途中ウミウの生息地や馬の背洞門を巡りながら、長津呂の磯まで。

赤羽海岸東側の断崖、300mほど続いている。 この岩場がウミウの生息地。
赤羽海岸東側の断崖、300mほど続いている。
この岩場がウミウの生息地。
先端に数羽だが姿が見える・・
先端に数羽だが姿が見える・・
馬の背洞門、崩落の可能性があり、背の部分は立ち入り禁止だ。
馬の背洞門、崩落の可能性があり、背の部分は立ち入り禁止だ。
全体はこんな感じ。
全体はこんな感じ。

城ヶ島は名前は知っているが行ったのは初めて。

岩場の多くは地層がよくわかり、かつての隆起や褶曲などが形になって見える。

先端近くまでつたい歩く。
先端近くまでつたい歩く。
ある意味、美しいとも言える・・
ある意味、美しいとも言える・・
海の中も見える
海の中も見える

 

帰りがけに三崎港に寄りマグロをつまみにビールを呑んで帰途に着いた。

港に面する店でいただく。マグロ4種入り。
港に面する店でいただく。マグロ4種入り。

三崎口はうちからは単純で行きやすい。隣の青砥から三崎口行に乗ると途中で快速特急になりそのまま行き着ける。

昨日帰りは三崎口から品川行に乗り、品川駅で乗り換えようとしたらホームで地震にあった。震度3にしては揺れたな・・

茨城で震度5弱だったそうで、今後ちょっと嫌な感じだ。

 

FUJIFILM X-Pro2

FUJINON XF 16mm F1.4 R

FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR (+FUJINON XF1.4x TC WR)

Classic Chrome , Provia mode

Photoshop Camera Raw 9.4 で現像

初夏のような

一昨日は28°C、昨日も27°Cほどとまるで初夏のようだった。今日はまだマシでそれでも25°C近くある。

一昨日は西ケ原に薔薇を撮りに行ったが、人出は多いと書いた。実際薔薇園だけでなく、日本庭園にも普段では考えられないほど人がいた。

新緑は綺麗なのだが日差しも結構強い・・
新緑は綺麗なのだが日差しも結構強い・・

初夏のようだったとはいえ、まだ5月だ。しかし木陰は涼しく、それが余計に夏っぽく感じるのだ。

深い緑だが、夏が近づいてきていることを感じさせる。
深い緑だが、夏が近づいてきていることを感じさせる。
鯉も暑いのだろうか・・
鯉も暑いのだろうか・・

明日は今日よりも過ごしやすいとの予報は昨日までのもので、今や今日よりムシムシするそうだ・・(天気予報は前日夜くらいまではわからない?・・)

 

FUJIFILM X-Pro2

FUJINON XF 16mm F1.4 R

Provia mode

Photoshop Camera Raw 9.4 で現像

薔薇の季節

もうそんな季節になるんだな・・

今日は東京は28℃にもなったそうで、西ケ原の薔薇の園はもう見頃を迎えていた。(神代植物公園でもいつもより早く見頃になっているらしい・・)

真紅の薔薇、コンラッド・ヘンケル
真紅の薔薇、コンラッド・ヘンケル

夕方のニュースを見ていたら今年の夏はラニーニャ現象で暑くなるかもしれないという。

陽に当たり光るフレンチレース。 薔薇の花は綺麗なときに撮るのが難しいね・・ こんなに咲いちゃってるとは思わなかったよ・・
陽に当たり光るフレンチレース。
薔薇の花は綺麗なときに撮るのが難しいね・・
こんなに咲いちゃってるとは思わなかったよ・・
旧古河庭園の薔薇園は狭いが美しい。これは建物から見て右側の一角。 今日はかなりの人出。
旧古河庭園の薔薇園は狭いが美しい。これは建物から見て右側の一角。
今日はかなりの人出。
ここも新緑が美しい・・
ここも新緑が美しい・・

勘弁してほしいな・・

 

FUJIFILM X-Pro2

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR

FUJINON XF 16mm F1.4 R

Provia mode

Photoshop Camera Raw 9.4 で現像