BORGレンズの絞り

半月程前にBORGの記事を書いた時に絞りのことを書いたが、その時は注文していた。

メーカーの在庫情報では「4月末から入荷」となっていたので連休明けくらいには来るかな、という見込みで注文した。

ヨドバシのメールでは6月前半の入荷見込みだったが、今朝方出荷した旨メールが来た。結果、当初の見込みより早いくらいになった。

 

さて到着した絞りを見ると、しっかりした製品である。

20枚羽根の円形絞りだが、取り扱い注意だ。 不注意で破損とかしても修理も保証も無いと注意書きにある・・
20枚羽根の円形絞りだが、取り扱い注意だ。
不注意で破損とかしても修理も保証も無いと注意書きにある・・

実は先日新潟でBORGで風景を撮影してみたが、周辺の流れはかなりのものがあったし、絞りの必要性も感じた。

手振れ補正はもちろん付いてないから画面は揺れるし、その所為でピントもなかなか来ない。

対物レンズと望遠レンズユニットの間に付ける。
対物レンズと望遠レンズユニットの間に付ける。

最も必要に思ったのはマイクロフォーカス接眼部、ピント調整の微動装置だ。欲を言えば、周辺画像を補正するフラットナーという部品。

半月前に「沼」と書いたが、この沼必要に迫られる沼かも・・

 

Canon EOS7D MkII + Zeiss Makro-Planar T*50mm F2 ZE

FUJIFILM X-T1 GS + Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

Adobe Standard