再びの真夏日

昨日はだいぶ涼しく感じたが今日は再び真夏日になるという。もう既に29℃だ・・・

朝の散歩でもうっすら汗をかいた、夏とは違うのだが夏のような気配だ。

近くの親水公園では紫陽花が咲き始めたが、今年は咲き具合が良くない・・
近くの親水公園では紫陽花が咲き始めたが、今年は咲き具合が良くない・・

火山の噴火、地震、豪雨による洪水、等々悪い方向へのベクトルしか見えないのが困ったものだ。

この季節は緑が爽やかで気持ちのいい季節のはずなのだが・・
この季節は緑が爽やかで気持ちのいい季節のはずなのだが・・

梅雨だってゲリラ豪雨になるかもしれないし、夏は猛暑を通り越して酷暑かもしれない。

その上スーパー台風でも来た日には・・・

 

Canon EOS7D MkII

Carl Zeiss Makro-Planar T*50mm F2 ZE

Adobe Standard

Photoshop Camera Raw 9.0 で現像

Color Efex Pro4 使用

機能美

昨日最後のパーツが届いた。「回転装置」というもので5月下旬に入荷予定となっていた物が順当に入ってきたようだ。

今回は「マイクロフォーカス接眼部」というパーツを組み込むために必要だった3個のうちの最後の物ということになる。

こうして見るとこのレンズ全てねじ込みのパーツの組み合わせでいろいろと機能拡張出来るわけだ。

これで絞りとピント微調整を組み込んだのだが、絞りについては先日撮影で効果が期待出来るものと確信出来た。

さてこのピント微調整は家で確認する限りヘリコイドより数段揺れが少ない。加えて鏡筒を最長に延ばすと最短撮影距離が2m程度に縮まった。500mmにしてかなりのマクロ感。

回転装置のネジを緩めることでカメラをマウントごと回すことが出来る。
回転装置のネジを緩めることでカメラをマウントごと回すことが出来る。

しかし、ということは無限遠が来ない可能性も有る。メーカーのサイトによればこの装置を着けることで直焦点のみ無限遠合焦としている。レデューサーなどのレンズは介さないということだろうが、撮影で試してみないと分からない。

いずれにしろ職人が作った道具という感じがする。

使い勝手が必ずしも良いとは言えないのだが・・
使い勝手が必ずしも良いとは言えないのだが・・

「美」と表現出来るかどうか分からないが、機能性に溢れたパーツだと思う。

 

Canon EOS7D MkII

Carl Zeiss Makro-Planar T*100mm F2 ZE

真夏日

昨日は30℃超え・・東京は初の真夏日だった。

5月は夏日が18日目となり、1967年、98年と並び最多タイ記録だそうだ。今日も30℃超えるらしいから新記録?

まあ昨日でタイ記録ってことは今までもこんな年があったっていうことね・・

67年ていうと昭和42年、11歳の時か・・、憶えてないなー

 

昨日は暑い中、浜松町の芝離宮を覗いた。冬に撮った波紋を求めたが天気良過ぎた・・

季節によって色・表情が異なる
季節によって色・表情が異なる

夏向きじゃないかも。

縞蛇泳ぐ、暑いもんなー・・
縞蛇泳ぐ、暑いもんなー・・

庭園に居た生き物たちも暑くて皆涼を求めていた。

カワウは水浴びして、羽の裏表を順番に乾かしていた。
カワウは水浴びして、羽の裏表を順番に乾かしていた。
鳩も暑そうにうなだれていた。
鳩も暑そうにうなだれていた。

このままいくと夏はどうなるんだろう・・・

※ アイキャッチ画像

鯉は岩を舐めつつ、水面スレスレを泳ぐ。
鯉は岩を舐めつつ、水面スレスレを泳ぐ。

 

FUJIFILM X-T1 GS

FUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

ProNeg.Std mode

Photoshop Camera Raw 9.0 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

深紅の薔薇

今年は薔薇は撮っていない。

写真仲間のブログで今年の薔薇を見て、あっそうだ今年は撮っていなかったな・・と。

facebookでは友達の深紅の薔薇を見て「んーー」と唸り、

で、昨年の深紅の薔薇を。何処にもアップしてないヤツを・・

品種は「乾杯」
品種は「乾杯」

 

FUJIFILM X-T1 B

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

Provia mode

Photoshop Camera Raw 9.0 で現像

新緑習作

今日は撮影に出かけたが家に帰ると足首が痛い。

2週間程前だったと思うが、歩いていて何かの拍子に足首を捻ったのだ。その時は結構痛くて家に帰った後、モーラステープで固めて翌日には痛みも薄らいで気にもならなくなったのだが・・

今日少しばかり歩いて同じところが痛むから引きずっているんだね・・

さて今日は約3週間ぶりの六義園だった。

秋が綺麗なところは新緑が美しいものだ
秋が綺麗なところは新緑が美しいものだ
飽きずに同じところを何度も撮ってしまうが・・
飽きずに同じところを何度も撮ってしまうが・・

水場にはカワセミの姿は無く、よく留っていた岩場にもフンの跡が無いから巣を放棄して何処かへ行ったのかもしれない。

いずれ戻ってくるのだろうけど、今は姿は見えない。

5年程前にも仕切りのロープを超えて巣穴の前までカメラマンが近づいたことで巣を放棄したことがあったようだ。

そのケースは余りにもひどいが、我々も一定の距離を保ってはいるけど気をつけないといけないね・・

水の中を足で魚を追い立てて一突き・・
水の中を足で魚を追い立てて一突き・・

今日は代わりにコサギが姿を現したが、これもだいぶ久しぶりに姿を見た気がする。すぐに飛んで行ってしまったが、その後はカラスばかりが水を呑みに来ていた。

まだ咲き始めたばかりだ
まだ咲き始めたばかりだ

六義園では紫陽花が開き始めていた。もうそんな季節か・・・

見頃は少し早いかもしれない・・
見頃は少し早いかもしれない・・

 

Canon EOS1DX

Canon EF100-400mm F4.5-5.6 L IS II

Adobe Standard

Photoshop Camera Raw 9.0 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

HDD侵食中

HDDのことを話題にしたのは半年以上前である。

その時はまだ前のHDDに500GB程度の空きがあったからまだ大丈夫と思っていた。

しかし半月程前、ついに一杯になり、その時に用意したHDDの出番となってしまった。

ケースは1台目と同じものを買った。 接続は3系統ある。
ケースは1台目と同じものを買った。
接続は3系統ある。
4TBミラーリング、さて何時まで保つか・・
4TBミラーリング、さて何時まで保つか・・

そのHDDも写真データは4月6日分からで既に200GB近くになっている。最近は鳥や飛行機を撮っているからなー・・、1回出てくると同時JPGと合わせて20GB程度いってしまう。

それは別にしてもここ2年半程で飛躍的に撮影枚数が増えている。良いのか悪いのか分からないが、とにかくHDDは減るわけだ。

BDのバックアップもここのところ50GBのBD4枚分追いついていない・・

 

ところでこのHDD、1台目と交換した時電源が入らない・・、えっまさか!

ふたを開けてHDD抜いてみると、何と前側の電源スイッチとケースの後ろ側にある基盤を接続するフレキのコネクターが抜けている・・!!

どうも最初にHDDを抜き差しした際にフレキのゆるみを引っ掛けたようだ。このコネクター、箱の底にあるので差しにくいことこの上なかった。でもなんとかゆるみを均して繋いでセーフ・・、無事起動した。

音の小箱その2

昨年3月に「音の小箱」と題して、友人にキットを改造してもらったD/Aコンバーターのことを書いたが、その友人が先日またも別のものを持って来た。

レコードから落した音楽データを編集するつもりで買ったそうだが、ヘッドフォンアンプも内蔵していて、スピーカーにつないでも結構いい音がするということだった。それでうちのパソコンとスピーカーにつないでみると、いやそれはもうすぐにでもポチりたい程だったのだ。

以前の記事にも書いたように、現状でも音には満足しているのだが、もうまるで別次元に聞こえる・・、困ったものだ。

普通ならその晩にもyodobashi.comに注文するのだが、今回はグッと堪えてポイントが貯まってから只で入手した。(まあどれを先に買うかの違いでどうでも良いっていえばそうなんだが・・、クールダウンしたわけ)

前のものより2倍以上大きいが、それでもさほどではない。
前のものより2倍以上大きいが、それでもさほどではない。

ASUS XONAR U7 のページ

交換した当初はさほど感じなかったが、エージングではないが、日が経つにつれて音が安定してかなり良い感じだ。

改築の際にかつてのオーディオコンポは全て処分したので久しぶりのオーディオ感覚だ。

初ヒコーキ

別に紙ヒコーキを飛ばした訳じゃない。

飛行機はいろんなところで撮ってはいるが、飛行場で離陸を撮ったりするのは初めてだ。いつかは行って撮りたいとは思っていたが、写真仲間と羽田に撮りに行ったのだ。

到着直後のデッキ。 雨は上がっていたが、さっきまで降っていたという風情・・
到着直後のデッキ。
雨は上がっていたが、さっきまで降っていたという風情・・
着陸機の向こうのスカイツリーも霞んでてっぺんは雲の中
着陸機の向こうのスカイツリーも霞んでてっぺんは雲の中

昨夜から雨模様、まあ集合時間には晴れそうだったので決行。羽田国際線ターミナルだけで1時間半以上撮ってしまい、昼食後はヘバって退散・・笑

着陸に向かう飛行機が東京ゲートブリッジの上を飛ぶ
着陸に向かう飛行機が東京ゲートブリッジの上を飛ぶ
C滑走路とのアベック離陸
C滑走路とのアベック離陸
どんどん上がって行く
どんどん上がって行く

久しぶりに流し撮りなんかしたものだから腕が・・・(たいして流れなかったけど)

キティちゃんに・・
キティちゃんに・・
くまモンもいる・・
くまモンもいる・・

また近いうちに羽田に行く予定があるので、今度は国内線ターミナルで撮ることにしよう・・

なかなかかっこいいプライベートジェット?この離陸は見れなかった・・「今月の1枚」にも載せました。
なかなかかっこいいプライベートジェット?
この離陸は見れなかった・・
「今月の1枚」にも載せました。
これはArtist RieさんがANA創立60周年記念機体デザインコンテストで大賞を受賞したデザインだ。
これはArtist RieさんがANA創立60周年記念機体デザインコンテストで大賞を受賞したデザインだ。
いつ離陸するのかと待っていたルフトハンザ機が動き始めた。Airbus A340-600、75mと巨大だ。
いつ離陸するのかと待っていたルフトハンザ機が動き始めた。Airbus A340-600、75mと巨大だ。
最後はそのA340-600がC滑走路から離陸するところ。
最後はそのA340-600がC滑走路から離陸するところ。

 

※ そしてアイキャッチ画像は

海上保安庁 LAJ ガルフV
海上保安庁 LAJ ガルフV

※ 写真を1枚追加しました。

 

Canon EOS1DX

Carl Zeiss Distagon T* 21mm F2.8 ZE

Canon EF100-400mm F4.5-5.6 L IS II + Extender III x1.4

Adobe Standard

Photoshop Camera Raw 9.0 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

和紙はいいね・・

先日、友人から教えてもらったサイトからインクジェットプリント用の和紙を取り寄せてみた。これが実に良いのだ・・

写真用に5種類ほどあるのだが、白色度も少しずつ違い、滑面、粗面(つまり表裏)いずれも印刷可能で風合いが違う。

芭蕉を含む紙など少し色が濃いように見えるが、印刷してみるとその点は気にならず、むしろ色乗りが良かったりする。思わず大判も注文してしまった。

和紙の滑面の繊維
和紙の滑面の繊維

今までも和紙は使ったことはあるが、あまり良いものじゃなかったのだろうか、精細感が乏しくイマイチだった。

これは精細感もあり、かなり気に入ったのだ。

まあどの写真にでもという訳にはいかないけど、少しハマってみるのも悪くない・・

 

FUJIFILM X-T1 GS

Carl Zeiss Touit 50mm F2.8 Macro

Astia mode

BORG MMF-1

想定より早く入荷したようだ。ただまだ一つだけパーツが未入荷、6月初旬だということだ。

それがないと使えない訳ではないが、あると便利という代物だ。

ミリ単位のピント微調整が出来る。 金色のノブはさらに1/10の精度で微調整出来る。
ミリ単位のピント微調整が出来る。
金色のノブはさらに1/10の精度で微調整出来る。

前にも書いたが、500mm で手振れ補正がないとヘリコイドを動かすだけで揺れる揺れる・・

このマイクロフォーカス接眼部というパーツがあると格段に楽になるという。実際そのとおりだ。

カメラマウント側のホルダーの直前に回転装置が付くとノブの位置を自在に回転出来る。 この場合は比較的正位置に近い。
カメラマウント側のホルダーの直前に回転装置が付くとノブの位置を自在に回転出来る。
この場合は比較的正位置に近い。

鳥などを撮るだけでなく、通常の撮影であっても必要な訳だ。これで絞りが付き、ピント調整が改善された。

実は先日月を狙ってみたが揺れて揺れてピンが来ない。ライブビューで5x、10xで確認は出来るが揺れて合わせづらいことこの上ない・・

そういった撮影も改善するだろうな。

さて本日は某写真教室の撮影実習、築地だった。

今日は本願寺の裏手、築地7丁目あたりをウロウロ・・
今日は本願寺の裏手、築地7丁目あたりをウロウロ・・

本願寺を撮るなんて久しぶりだ。

集合と終着は本願寺だ。 この写真は魚眼だけどね・・
集合と終着は本願寺だ。
この写真は魚眼だけどね・・

かつてはこのインド様式の建物を魚眼でよく撮ったものだが、今日は先日のDistagon 21mm中心だ。

街中の撮影の勘を取り戻したいものだ・・

ウロウロした後は勝鬨橋の袂に
ウロウロした後は勝鬨橋の袂に
勝鬨橋袂のニチレイ東銀座ビル。 何故か永大橋袂の旧山一のビルと勘違いしてしまった。
勝鬨橋袂のニチレイ東銀座ビル。
何故か永大橋袂の旧山一のビルと勘違いしてしまった。
勝鬨橋から環状2号線の渡る新しい橋を望む
勝鬨橋から環状2号線の渡る新しい橋を望む
振り返ると彼方に聖路加タワー
振り返ると彼方に聖路加タワー
元に戻って築地場外に
元に戻って築地場外に

 

Canon EOS1DX

(BORG)

Carl Zeiss Makro-Planar T*50mm F2 ZE

Adobe Standard

(築地)

Canon EF8-15mm F4 L Fisheye

Carl Zeiss Distagon T*21mm F2.8 ZE

Carl Zeiss Makro-Planar T*100mm F2 ZE

Monochrome

Photoshop Camera Raw 9.0 で現像