銭湯と卓袱台

今日は久々に葛飾区の郷土と天文博物館に行ってみた。

先日から現在やっている特別展が気になっていたのだ。

同じ看板が館の外にも貼ってあって、数日前に写真に撮っていて気になっていた。
同じ看板が館の外にも貼ってあって、数日前に写真に撮っていて気になっていた。

「かつしか街歩きアーカイブスPart2」というのだが、「銭湯」、「路地」、「煙突」、「商売の風景」、「河川と生活(水の記憶)」等を、葛飾に今も残る昭和の風景とその変遷をすでに失われてしまった風景とともに紹介している。

第一会場は写真のように銭湯だ。

一階の入り口横に作られた特設会場だ。中は銭湯になっている。
一階の入り口横に作られた特設会場だ。中は銭湯になっている。
中は定番の富士山だ。湯船に入って記念写真を撮るようになっている。
中は定番の富士山だ。湯船に入って記念写真を撮るようになっている。

実は我が家の裏手は昔銭湯だった。もう二十数年前にマンションになってしまったが、私が大学三年の年までその銭湯に通っていた。

その頃は4枚目の写真のような、まるで昭和を絵に描いたような家に住んでいたし、もちろん内風呂は無かった。この写真は当時の我が家にそっくりだ・・。(これは特別展ではなく、通常展示にある家だ。昭和三十年代の家というから、まさに私が生まれた頃の一般的な家の内部だ。)

子供の頃の家の中に本当にそっくりだ・・
子供の頃の家の中に本当にそっくりだ・・

卓袱台も懐かしい、巨人の星ではないから、うちの親父はひっくり返したりはしなかったけどね・・

どこの家も狭いから卓袱台は当たり前、固定したテーブルなんか置く場所無かったからね・・

Part 1 を5年前にやったというが、見た記憶は無い。帰りにPart 1 、2と合わせて図録を仕入れたので楽しみだ。

 

FUJIFILM X-T1

FUJINON XF23mm F1.4 R

ProNeg.Std mode

Photoshop Camera Raw 8.6 で現像

古い写真

ここ1週間ほど近所の散歩以外に写真を撮りに出ていない。

昨日今日と比較的涼しいが、それまでは暑くて出る気が起こらず・・

少しは涼しくなったが雨模様・・

で、また古い写真を見返していたが、えーっと何年前の今頃はっと・・

時期は一月ほどずれるが、8〜9年前の墨田川の花火を見返すと、この2年間は友人から借りたサンニッパを使っているね。

2005年はEOS Kiss Digital N、Kiss Digital の二代目だ。という事は300mm は480mm 相当ってことだ。

2006年はEOS 5D の初代だ。なんとも懐かしい・・。

当時は「つれづれ写真」No.80と98にアップしているが、そこに載せていない写真を。

これは2006年 Canon EOS5D Canon EF300mm F2.8 L IS   F=20 , 3sec.
これは2006年
Canon EOS5D
Canon EF300mm F2.8 L IS
F=20 , 3sec.

当時、サンニッパの私の印象は「他のレンズと比べて解像度が抜群。」「ピントがシビアで慣れるまではけっこう使いにくい。」など。当時は初代のレンズで2.4Kgほどあって重かった。が、機会があればまた使ってみたいね。(あとで調べたら2,550gだった)

これは2005年だ Canon EOS Kiss Digital N Canon EF300mm F2.8 L IS   F=18 , 2sec.
これは2005年だ
Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF300mm F2.8 L IS
F=18 , 2sec.
同じく2005年   F=22 , 3sec.
同じく2005年
F=22 , 3sec.
最後は、露光中にレンズを左右に振ったもの 2005年   F=22 , 3sec. なんだかよく分からんが・・
最後は、露光中にレンズを左右に振ったもの
2005年
F=22 , 3sec.
なんだかよく分からんが・・

 

Canon EOS5D , EOS Kiss Digital N

Canon EF300mm F2.8 L IS

Adobe Standard mode

Photoshop Camera Raw 8.6 で現像

浮遊感

初めて東京スカイツリーに上ってから間もなく2年になる。

昨年5月までの1年足らずに9回上っているがそれ以降上っていない。

また行ってみようかと予約状況を見てみると3日後でも予約できる。オープンしてから2年以上経つからそろそろ滅茶混みでもなくなったのかもしれない。

それとなく写真を見直すと、毎回ではないがガラス床の写真が面白かった。

写真は5枚ほど並べてみるが、最初はやはり怖いのか、おそるおそる撮っている。何回か行くうちに段々慣れるみたいだ。

初めて覗いた時だ、恐る恐る・・ Canon EF24-70mm F2.8 L
初めて覗いた時だ、恐る恐る・・
Canon EF24-70mm F2.8 L
3回目ともなるとだいぶ慣れたみたいだ。 Canon EF24-105mm F4 L
3回目ともなるとだいぶ慣れたみたいだ。
Canon EF24-105mm F4 L
夜は怖さが半減するみたいだ。 Canon EF40mm F2.8 STM
夜は怖さが半減するみたいだ。
Canon EF40mm F2.8 STM

でもあの上に平然と立つのはやはり無理みたいだ。

しかし、カメラのファインダーかモニター越しだとなぜか平気だ。不思議な浮遊感がある。

昨年1月、正月気分もまだ抜けない頃だ。周りの人たちも遠巻きだ。 Canon EF8-15mm F4 L Fisheye
昨年1月、正月気分もまだ抜けない頃だ。周りの人たちも遠巻きだ。
Canon EF8-15mm F4 L Fisheye

東京タワーにも同じようなガラス床があるが、ここはその倍以上高い。(東京タワーはやけにリアルで怖い・・)

でも高すぎて怖いを通り越すってこともあるかも・・、飛行機みたいに。

私も高所恐怖症の父に似て高いところは得意ではない。が、初めて飛行機に乗った時は緊張したが、上がってしまうともう諦めた。

スカイツリーも飛行機ほどではないが、諦めた、のかな・・

昨年2月、デッキは雲の中で怖いも何もない Canon EF14mm F2.8 L II
昨年2月、デッキは雲の中で怖いも何もない
Canon EF14mm F2.8 L II

※ 探したら出てきたよ、10年前の東京タワーのガラス床。けっこう怖い・・

<2005年2月5日>

スカイツリーより怖いかも・・ Canon EOS10D Canon EF17-40mm F4 L
スカイツリーより怖いかも・・
Canon EOS10D
Canon EF17-40mm F4 L

 

Canon EOS1DX

Photoshop Camera Raw 8.6 で現像

別の色合い

今日は朝から曇りがちで雨もちらほら・・、で最高気温は30℃ほどだった。

しかし湿度はそこそこあり、蒸し暑い感じだった。

出歩いてもいないから写真も撮っていないが、昨日の様子をモノクロにしてみた。

親水公園の脇に郷土と天文博物館がある。来週にでも見に行ってみよう。
親水公園の脇に郷土と天文博物館がある。来週にでも見に行ってみよう。
少し前まで子供が水浴びをしていた
少し前まで子供が水浴びをしていた

する事もないんでこんな事してる・・・

夏の陽を浴びる萩の花
夏の陽を浴びる萩の花

 

FUJIFILM X-E2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

Monochrome G mode

Photoshop Camera Raw 8.6 で現像

ジワッと

今日も朝から眩しいほどの天気、またもや猛暑日だった。

夕方近所に出たが、日射しが刺すようだった。

鳩も日陰に屯しているし、親水公園の水の流れには子供が水遊びしている。

鳩も決して日向には出ない
鳩も決して日向には出ない
さすがに夏は水で満たされている
さすがに夏は水で満たされている

しかし、園内にある田圃では稲がたわわに実をつけて収穫を待っているようだ。

あと少しで収穫だ・・
あと少しで収穫だ・・

もう少し、あと一月足らずで刈り取りかな・・

そうすれば秋かな・・・

萩も先日より多くの花をつけた・・
萩も先日より多くの花をつけた・・

※ 気象庁の記録では東京は34.6℃、練馬と八王子では35℃を超えたようだ。

 

FUJIFILM X-E2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

ProNeg.Std & Astia mode

Photoshop Camera Raw 8.6 で現像

残暑が厳しい

東京の今日の予報は猛暑日だ。昨日は猛暑日一歩手前だったが・・

昨日今日と撮影に出かけるつもりだったが、やめてしまった・・。何もこんな日に出なくてもいいだろう。

これから9月上旬にかけての残暑は8月盛夏の頃の暑さと比べても逆に暑いくらいだ。

つまり気温だけではなく空気感とでも言うのだろうか・・、とにかくスカッとではなくジワッと暑いのだ。

これは体に堪えるね。

この年は3度目で、朝からきつい日射しだった・・
この年は3度目で、朝からきつい日射しだった・・

写真は3年前のこの時期のものだが、残暑モードとでもしておこうか・・

今日は午前中少し外に出たが、クラクラした・・出なくて正解!
今日は午前中少し外に出たが、クラクラした・・。出なくて正解!

 

Canon EOS1D MkIV

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II + Extender EF II 2x

残暑 mode

Photoshop Camera Raw 8.6 で現像

お盆明け

お盆が明けて世間は通常のサイクルに戻りつつあるようだが、それでもまだ夏休み期間中だから、子供の姿を多く見かける。

昨日は江戸東京博物館で「発掘された日本列島2014」を見てきた。

江戸博はやはり子供を連れた家族連れや外国人観光客が目立つ。

今年は会場が二つに分かれていて、第一会場に人が多いように感じた。

「発掘された日本列島」展とは、文化庁が全国の発掘成果を集めて毎年国内数館の博物館で開催している展覧会で、今回で20周年になることを記念して、展示面積・展示遺跡・展示点数ともに過去最大規模となるようだ。

第1部はこれまでの列島展の資料の中で、重要文化財に指定された資料や日本を代表する遺跡の出土資料など重要な発掘成果を展示していた。

青森県三内丸山遺跡の板状土偶、ひと形の土偶が多数出土しているという。これなかなかに美しい・・
青森県三内丸山遺跡の板状土偶、ひと形の土偶が多数出土しているという。これなかなかに美しい・・
新潟県十日町市の火焔型土器、見事な装飾だ
新潟県十日町市の火焔型土器、見事な装飾だ

第2部は近年発掘された遺跡や、成果がまとまった注目の遺跡を紹介している。

また、第3部は東日本大震災からの復興と、埋蔵文化財保護の両立を図るため、岩手・宮城・福島の3県では、全国からの支援を受けて発掘調査が急ピッチで進められていて、これまでの成果を通じて、東北地方の豊かな歴史を紹介している。

ほかに地域展で「新宿に生きた縄文人」や「発掘された遺物を写し取ろう」で本物の土器などの拓本(乾式)を取るワークショップ(夏休み期間中)などをやっていた。

新宿の市谷加賀町二丁目遺跡、縄文人の人骨から顔を復元
新宿の市谷加賀町二丁目遺跡、縄文人の人骨から顔を復元

※ 今年は多賀城市の東北歴史博物館(5月31日ー7月9日) を皮切りに、

江戸東京博物館(7月26日ー9月15日)

堺市博物館(9月27日ー11月3日)

長野市立博物館(11月15日ー12月21日)

九州国立博物館(来年1月1日ー3月1日)

と全国を巡回する。

 

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF35mm F1.4 R

Provia mode

夏の朝

朝起きた時は思ったより涼しく、そそくさと散歩に出る。

すると思ったより涼しくなくなり(笑)、やはり夏の朝だった。

しかしお盆も今日送ると終わりになる、そんな頃になるとやはりそこかしこに秋の気配を感じる。

間もなく夏の残滓となる
間もなく夏の残滓となる

近くの親水公園では萩が花をつけ始めたし、モワッとした暑さの中を通り抜ける風も秋の冷気が混じっていたりする。

萩が花をつけた・・これだけ Velvia mode
萩が花をつけた・・ これだけ Velvia mode

また、朝の散歩をするかな・・・

春から途切れなく花をつけている
春から途切れなく花をつけている

 

FUJIFILM X-T1

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

ProNeg.Std mode , Velvia mode

Photoshop Camera Raw 8.6 で現像

プリンターキャリブレーション

涼しい朝だった。

朝7時で22℃、いったい何時以来だろう・・。

今年は梅雨時から暑かったから何時から夏になったんだか分からない。6時前に目が覚めたときに「涼しい」と感じた・・、もうお盆だからね。お盆あたりから秋の気配が感じられるようになるのだが、そうは言ってもここ数年、お彼岸を境に秋になっているからあと一ヶ月強はなんだかんだと残暑が続くと考えられるわけだ。

 

さて昨年の8月にプリンターを替えてから1年が経つ。

前の代のプリンターは約9年ほど使ったのだが、写真をプリントした枚数で比較すると(もちろん数えたわけではなく朧げな勘!)同じくらいの量をこの1年でプリントしているのではないだろうか・・。

まさか、でもそう思えるくらいプリントしている。それも某写真教室の影響と思われるが、A4で軽く5〜600枚以上は使っているし、2Lでも2〜300枚はいっている。半切・A3ノビはそんなにいってないが、とにかく以前に比べて格段に多くプリントしているのだ。

それに伴うインクの消費量も半端ではない。ヨドバシのポイントの使い道はインクかペーパーだ 笑

また、ちょうど1年ほど前にモニタのキャリブレーションを話題にしたが、実はその後プリンターの測色も出来るセンサーを導入してプリンターのキャリブレーションも行った。

CanonのColor Management Tool Pro に対応している測色器はX-Rite社製 i1Pro(凄く高い)と、このX-Rite社製 ColorMunki Photo(or Design)(廉価版) これ、けっこう面倒なのだ・・<ちなみにヨドバシでは販売を終了している>
CanonのColor Management Tool Pro に対応している測色器はX-Rite社製 i1Pro(凄く高い)と、このX-Rite社製 ColorMunki Photo(or Design)(廉価版)
これ、けっこう面倒なのだ・・ <ちなみにヨドバシでは販売を終了している>

結果はまだまだ一致しないのだが、かなり近づいている。

あれから少し時間も経ったから、このお盆に再挑戦するかな・・

 

Canon EOS1DX

Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZE

スーパームーンは見れず・・

タイトルの通りだが、2時間ほど前の写真はある。

0時前後から幾度か外に出て様子を見ていたのだが、南からだんだん南西に移動して三脚が立てにくい位置になったので手持ちだ 笑

焦点距離が違うから昨日の画像とは比較できない。 400mm も撮っておけば良かった・・
焦点距離が違うから昨日の画像とは比較できない。
400mm も撮っておけば良かった・・

400mm は厳しいから300mm 程度にして、かつ若干感度を上げてSSを1/125 に。だから昨日アップした7月のものとは大きさを比較できない・・

午前1時半頃までは時折見えたのだが、2時43分前後、3時09分前後ともに厚い雲の向こうに隠れていて出てくる気配がない。

で、今回は諦めた。

しかし2時間ほど前の状態でも普段より大きく感じたから、見えていたらさぞ大きく明るく輝いていただろうに・・残念。

 

Canon EOS1DX

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II + Extender EF II 2x

(310mm あたりで撮影、F=16, 1/125sec. ISO400 手持ち、トリミングあり)

Photoshop Camera Raw 8.6 で現像