日本橋川から神田川へ

そういうコースが水辺ラインにあったのだ。

以前から日本橋から船に乗ろうという話があり、昨日乗ってきた。

日本橋川から隅田川に出て神田川に入る。お茶の水橋でUターンして再び隅田川に出て両国橋を超え、駒形橋でUターン。日本橋川に戻る、というコース。

日本橋を後ろに船着場を出発
日本橋を後ろに船着場を出発
日本橋川から隅田川に出る。後ろに永代橋の袂にそびえる、かつて偉容を誇った旧山一証券ビル。
日本橋川から隅田川に出る。後ろに永代橋の袂にそびえる、かつて偉容を誇った旧山一証券ビル。

隅田川は何度も船に乗っているが、神田川は初めてだ。いつもは中央線のホームから見るくらいだ。

神田川はこのお茶の水橋でUターン
神田川はこのお茶の水橋でUターン
聖橋は関東大震災の復興橋梁の一つだそうだ。橋の下は左手は中央線快速電車、右手はトンネル状になっていて歩道だ。
聖橋は関東大震災の復興橋梁の一つだそうだ。橋の下は左手は中央線快速電車、右手はトンネル状になっていて歩道だ。

学生時代はお茶の水で過ごしたから、お茶の水橋と聖橋は懐かしい。しかし川から見たのは初めてだ。

お茶の水から川を渡って秋葉原に抜ける総武線の線路、けっこう怖い感じがする。
お茶の水から川を渡って秋葉原に抜ける総武線の線路、けっこう怖い感じがする。
電気街側から川を渡る歩道、上は東北上越新幹線の線路。彼方の橋は万世橋。
電気街側から川を渡る歩道、上は東北上越新幹線の線路。彼方の橋は万世橋。
浅草橋から柳橋近辺は屋形船が多く接岸している
浅草橋から柳橋近辺は屋形船が多く接岸している

だいぶ変わった景色もあるが、昔ながらの景色もあり、これもなかなか良いもんだね。

再び隅田川に出て駒形橋でUターン、スカイツリーが近い
再び隅田川に出て駒形橋でUターン、スカイツリーが近い
日本橋川に戻ってくる。入り口の鎧橋、なかなか美しい。
日本橋川に戻ってくる。入り口の鎧橋、なかなか美しい。
この高速はいつの日か取っ払ってほしいものだ
この高速はいつの日か取っ払ってほしいものだ

 

FUJIFILM X-T1

FUJINON XF10-24mm F4 R OIS

Provia mode

Photoshop Camera Raw 8.5 で現像

早朝の不忍池

実は今朝で二回目だ。

一回目は先週だったのだが、気分が乗っていなかったという事もあったが、咲き具合がイマイチだった。

今朝は中道側からも狙える花もあったし、中央部、東側も花が咲いていた。もう盛りと言って良いだろう。

中道から東側を
中道から東側を
蓮観察ゾーンからはほぼ全面に花が見える
蓮観察ゾーンからはほぼ全面に花が見える

弁天堂の周りも今ひとつだったが、ほぼ咲きそろっていた。8月上旬までは見れるのかな・・

弁天堂の脇、鵜の池側も先週より花がある
弁天堂の脇、鵜の池側も先週より花がある

今朝も4時起きで5:14の京成上野行で上野へ。さすがにこの時間はカメラマンも少ない。ただ、池の周りを走る人は多い。

後ろからは何語か分からなかったが、外国人観光客が追い抜いてゆく。

こんなに早くからご苦労さん・・。でも来た甲斐があったみたいよ。

朝早くから蜂たちは忙しい
朝早くから蜂たちは忙しい
湯島口近くからスカイツリーをバックに
湯島口近くからスカイツリーをバックに

 

 

FUJIFILM X-T1 , X-E2

FUJINON XF10-24mm F4 R OIS

FUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

Astia mode

Photoshop Camera Raw 8.5 で現像

障害物

花火は一昨年の隅田川以来だ。

一昨年まで9年続けて友人宅の屋上から撮影していたが、昨年は障害物完成により見送った。

しかし友人によると「半分くらいは見える」という誘いに今年も行ってみる事にした。

障害物はあるものの、高く上がったものは十分楽しめた
障害物はあるものの、高く上がったものは十分楽しめた

果たして言葉通り半分であったが(笑)、十分に楽しめたし、撮影もしてみた。こうして見ると毎年、色や形は違うものだ。

こうなると障害物は気にならなくなる(夕映えに輝くヤシ並木)
こうなると障害物は気にならなくなる(夕映えに輝くヤシ並木)

それにしても昨日も十分に暑く、まるでサウナ風呂にいるようだったが、屋上(四階にあたる)は風もあり、地上よりは遥かに過ごしやすかった。

最後は少し派手めに(あなたに捧げる虹色のブーケ)
最後は少し派手めに(あなたに捧げる虹色のブーケ)

 

Canon EOS1DX

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II

Photoshop Camera Raw 8.5 で現像

フリクション

一昨日、「フリクションがロックしてしまい・・」と書いたが、ここで言うフリクションとはボールヘッドを締め付ける堅さを調整する機構の事だ。

これにより、ボールヘッドのロックを外したときにカメラを固定したクランプが急激に方向を変えないように調整できるわけだ。

写真のようにこのサンウェイフォトの雲台のロック(A)はフリクションノブ(B)と一体になっていて、Aを締め付けたときにBを調整できる。

クランプはアルカスイス型、ボールの径は52mmと大きく、安定している 出来はBENRO以上・・
クランプはアルカスイス型、ボールの径は52mmと大きく、安定している 出来はBENRO以上・・

一昨日はAを締め付けたままぶら下げていて、Bが締まってしまったのだろう。従って携行の際はAを緩めておけば良いわけだ。

ちなみにこのボールヘッドの雲台、なかなか良い出来だ。中国のメーカーだが、かなり良い精度の製品を作っている。

渓谷の涼

梅雨が明けたという。ということはこれから10日間は猛暑?

今日の東京は31℃、この暑さの中、仲間内の撮影会。

場所は等々力渓谷。

ここが奥多摩とかじゃないところがミソ・・
ここが奥多摩とかじゃないところがミソ・・

有ることは昔から知っていたが、行ったのは初めて。昨日、NHKで流れた事もあり、なかなかの人出。

渓谷沿いは5℃ほど低いという事だったが、水際に降りる前の橋の上でも既に涼しい・・

矢沢川沿いは確かに涼しく、これは真夏には良いかも・・

水の流れを撮ろうと三脚を担いできたのだが、なぜかフリクションがロックしてしまい、ボールヘッドが緩んだままになり、三脚は諦め・・

三脚が使えればもう少し流れたんだけどね・・
三脚が使えればもう少し流れたんだけどね・・

まあまたそのうち来るかな。

 

Canon EOS1DX

Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZE

Photoshop Camera Raw 8.5 で現像

等倍マクロ?

Makro-Planar T* 50mm F2 ZE は1/2倍マクロであるから、最短撮影距離24cmで長辺が72mm、短辺が48mmの範囲の画像となる。

そこで試しにCanonのExtension Tubeを付けてみるとほぼ等倍近くで撮影できた。もちろん、露出倍数は4倍以上になってしまうが・・

Extension Tube はこのほかにEF12 II がある。
Extension Tube はこのほかにEF12 II がある。

写真は単体の最短撮影距離のものと、Extension Tube EF25IIを付けたもの(最短撮影距離はおよそ21cm)。

Extension Tube なし、最短の24cm
Extension Tube なし、最短の24cm
Extension Tube EF25 II を付けて撮影。ほぼ等倍である。
Extension Tube EF25 II を付けて撮影。ほぼ等倍である。

近すぎてメジャーは入れていないが、ほぼ長辺は36mmとなる。

水平などはきちんとしていないいい加減な撮影だが、その効果だけ見てもらいたい。

Canonのコンパクトマクロ50mmにこのExtension Tubeを付けると1.04〜0.54倍になるそうだから、ほぼそれに近い状態と言えるのかな・・。

撮るものによっては使えるかもしれないね。

※ このExtension Tube 、だいぶ前に買ったのだが、出番があまり無かった。

 

Canon EOS1DX

Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZE + Extension Tube EF25 II

iMac帰還

昨日発送の旨メールがあった。修理は比較的簡単に終わったようだ。

そして本日昼ころ無事帰還した。

原因はビデオカード。

確かにAppleのウェブサイトに「iMac (27-inch):AMD Radeon 6970M ビデオカード交換プログラム」というのはあったが、症状は当てはまるようには思えなかったので違うと思っていた。が、結果はこれだった。

中二日の帰還だから速攻だったと言えよう。

起動は以前より段違いに速いから、前々からビデオカードの影響があったのかもしれない。起動ディスクもデータディスクも無傷で帰ってきたからこれで良しとしよう。

Apple Care の所為もあるが、そもそも交換プログラムの対象なので修理費は当然無料、めでたしめでたしということ。

修理内容のサマリー ビデオカードの交換だ
修理内容のサマリー
ビデオカードの交換だ

見頃は少し先・・

本日は二月に一度のブロック注射の日。まあ気休めに行っているようなものだが・・

駒込病院の帰りに上野公園に寄って蓮の花の咲き具合を見る。

つぼみはたくさんあるが花の見頃はもう少し先かな・・

しかし蓮の葉の茂り具合はここ数年で最高だ。池全体が盛り上がるようになっている。こんなに茂っているのは初めて見た。

昨年以前に比べて背が高い感じだ
昨年以前に比べて背が高い感じだ

あと上野不忍蓮見茶屋のあった辺りに蓮観察ゾーンが出来ていて、かつて生育していた明鏡蓮(めいきょうれん)など4種と大賀蓮が植えられ、デッキから観察出来るようになっている。

春先に造っていたのはこれだったんだ・・
春先に造っていたのはこれだったんだ・・

来週には早起きして撮りにくるかな・・

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF10-24mm F4 R OIS

Provia mode

Photoshop Camera Raw 8.5 で現像

外付けHDD買換え&マクロ撮影

二つ記事を書くのもバカらしいのでまとめて・・笑

iMacのトラブルに先立つこと約3週間ほど、タイムマシンを兼ねていた外付けHDDのケースが故障、いやこの時点ではHDDの故障も考えられたが・・

で、iMacの不安定を機にケースを買い換えた。

それが昨日午前中に届き、一緒に2.5inchHDDも一つ追加した。

秋葉館CenturyのHDDケース、最近は秋葉館でしか買い物しないなー・・
秋葉館CenturyのHDDケース、最近は秋葉館でしか買い物しないなー・・

SSDを組み合わせた東芝のハイブリッドHDD。(1TB)

組み立てのついでに1/2倍マクロの撮影をしてみた。

最短撮影距離の24cm。1/2倍ということで、長辺は72mmということになる。
最短撮影距離の24cm。1/2倍ということで、長辺は72mmということになる。
そしてこれは最小絞りF=22、全体にクリアだ。
そしてこれは最小絞りF=22、全体にクリアだ。
F=8、安定しているがF=22とはだいぶ違う
F=8、安定しているがF=22とはだいぶ違う

いくつか絞りを変えて撮ってみたが、今度いつか花なんか撮ってみたい・・

F=4、深度がだいぶ浅くなる
F=4、深度がだいぶ浅くなる
F=2、開放では周辺光量も落ちる
F=2、開放では周辺光量も落ちる

 

Canon EOS1DX

Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZE

Adobe Standard mode

Photoshop Camera Raw 8.5 で現像

iMac トラブル

約一年程前にも起動に関するトラブルでiMacを修理に出しかけたが、メモリーが原因で出さずにすんだ。

しかし今回は前回のようにはいかないようだ。

三日前の夜にスリープからダウンしているのを発見、再起動するも写真のような画面になって起動には至らず。

通常はこんなオレンジの縦縞は現れない・・
通常はこんなオレンジの縦縞は現れない・・

ハードウエアテストも異常なし、トラブル時の作業はほぼすべてやったが起動せず。

ところが一夜明けて日曜日の朝には前日には何回やっても移行しなかったリカバリHDが起動。タイムマシンによる復元ができて通常に起動した。

一見直ったかに見えたが、数時間で前の晩と同じ事態になり、その後はどうにもならず、本日Apple Care サポートラインに電話、明日夕方ピックアップとなった。

起動ドライブのSSDにどこか不具合があるんだろうな・・、もちろんメモリーもチェックしたが異常なし。SSDとロジックボードのどちらか、あるいは両方交換かも。