大晦日

今年もあと6時間足らずだ。大掃除ならぬ小掃除も終わって今夜寝れば2014年となる。

いよいよ押し詰まって来た訳だが、夕方いつもの親水公園やお花茶屋公園を歩いた。

何故か残った薔薇一輪?
何故か残った薔薇一輪?

この親水公園は昨年初めまで母の介護をしていた頃は毎日のように歩いては写真を撮っていたのだが、ここのところ出不精でたまにしか行かない。

今日は暖かいので氷は張っていない
今日は暖かいので氷は張っていない

毎年撮っていたナンキンハゼの紅葉だが今年は剪定されてしまったというのも要因ではあるのだけどね・・。

もう陽も傾き2013年も暮れて行く
もう陽も傾き2013年も暮れて行く

今日も快晴、日中は比較的暖かく風もない。穏やかな冬日といえる。

お花茶屋公園でも陽が傾いて長い影を落とす
お花茶屋公園でも陽が傾いて長い影を落とす

昨年も一昨年も大晦日には「この1年私につきまとったのは、”腰痛”だ。」と書いたが、今年も確かに腰痛はつきまとっているのだが、一番は”無力感”かなー・・・、観念的でなんだか解らないが、特に写真だがそれに限らず一歩引いてものを見ている感じ・・。

「さー一丁やるか」というような気概が出て来ない。諦念に近いかも・・。

これを打破するのはどうするか、来年の課題としては大きいなー・・・

しぶとく美しくありたいね・・
しぶとく美しくありたいね・・

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF23mm F1.4 R , XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

秋の名残りと冬の光

大部分の都立庭園や国の公園などは今日が最終日で明日から休園だ。

今年は本当によく六義園に行ったね。数えてみると16回行っている。今年は特にお世話になりました・・笑

まあ毎年月一回程度は行っているんだけどね・・。今年は撮影実習にも行っているし、仲間内でも行っている。

で、今日は今年最後にということで行って来た。

落ち葉が重なって絨毯のようだ
落ち葉が重なって絨毯のようだ

まだ秋の名残りがありましたよ。

一番遅いもみじがかろうじて光を放っていた
一番遅いもみじがかろうじて光を放っていた

この名残りが消えると本格的な冬枯れの季節。年明けから2月にかけては寒く、そしてグレーのイメージだ。

でも2月になると色がついてくるんだけどね・・。

ここに腰掛けてよくレンズを整理したもんだ
ここに腰掛けてよくレンズを整理したもんだ
落ち葉も完全に沈んでしまい、いよいよ冬の光
落ち葉も完全に沈んでしまい、いよいよ冬の光

そして今日は寒かったから、冬らしい光景もあった。

3時を過ぎるともう夕方のようだ
3時を過ぎるともう夕方のようだ

さて来年も良い光を見せてくれよな・・

最後は最後の光を放つ秋の名残り
最後は最後の光を放つ秋の名残り

 

Canon EOS 1DX

Canon EF100mm F2.8 L Macro IS

クリスマスの丸の内

昨日は朝から肩痛はだいぶ良くなったものの、まだ咳をすると首に響いた。

いつも行く鍼灸院でマッサージ、背中から首がかなり硬いと言う。30分ほどやってもらって、だいぶほぐれた。

何とか撮りに行けそうかな、ということで夕方少々重いバッグを担いで出かけた。

東京ミチテラスは午後5時に点灯、丸の内仲通りを両側から入退場するために長蛇の列。

これは出口の信号待ちの様子、丸の内仲通りは左右ともに100m以上の列(ただ時間はそれほどでもなかった・・)バックは丸の内イルミネーション2013
これは出口の信号待ちの様子、丸の内仲通りは左右ともに100m以上の列(ただ時間はそれほどでもなかった・・)バックは丸の内イルミネーション2013

2005年に休止した東京ミレナリオを彷彿とさせたが、混み方は全然違う。1999年の第一回には初日30万人が押し寄せた。

実はその日にも行ったのだが、最後の2005年のときもそうだが、入り口までの混み方は凄かったが、中は自由で結構写真も撮れたのだが、今回は「はい、立ち止まらないで下さい!写真は撮影ゾーンのみでお願いします!」

何じゃそれは・・。

右手後側、レールが上がった正面が撮影ゾーン
右手後側、レールが上がった正面が撮影ゾーン
レールは駅側と皇居側の2カ所にあり、アクリルの車輪が2つずつ光っている
レールは駅側と皇居側の2カ所にあり、アクリルの車輪が2つずつ光っている

後で別の用事もあったので、車輪の回転も見ずにKITTEに入り、その後東京駅のイルミネーションを見て丸の内を後にした。

WHITE KITTE のクリスマスツリー、なかなか綺麗だったよ(25日まで)
WHITE KITTE のクリスマスツリー、なかなか綺麗だったよ(25日まで)

29日までやっているから、もう一度様子を見に来るか・・・

最後は駅舎のクリスマススペシャルカラーのライトアップ(24、25日)
最後は駅舎のクリスマススペシャルカラーのライトアップ(24、25日)

 

Canon EOS 1DX

Canon EF85mm F1.2 L II , SIGMA 35mm F1.4 DG

肩痛

昨日からだ。

左肩の肩甲骨の上側にひどい凝りが出来ていたのだが、それが右にコピーされて、首の付け根から首に回って来た。

一時は右腕の上げ下ろしで痛い・・。

腰用にたくさんもらっていたモーラステープを貼りまくり 笑

昨日今日と撮影に出かける予定だったが、家でおとなしくしている事になった。

そもそも右肩は肩甲骨を肋骨に引き戻す筋肉が弱くなっていて、というか右肩が前に出ている状態なのだ。

原因はおそらくパソコンの画面で画像調整などの時に右手でマウスを突き出して前のめりになっている所為かと・・これがなかなか直らない・・。

あと、カメラが重いか・・・

首から肩がこんな色だ・・・重い、痛い・・(六義園、渡月橋から)
首から肩がこんな色だ・・・重い、痛い・・(六義園、渡月橋から)

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

センサークリーニング

昨日センサークリーニングから上がって来た1DXを受け取った。

一昨日、某写真教室の研究講座が始まったので、夕方、銀座のキャノンサービスセンターに持ち込んだのだ。

実は夏前からゴミとは違う汚れがズーッと気になっていた。

特に超広角などで絞った時に著しく発生し、かと思えば望遠でも旨く空けたつもりの空間にボテッと油のようなシミが出ていたりする。

出ない時は全く出ない・・、いったいどうなっているんだ・・

レンズによって、あるいは絞りによっては目立つようになるのだろうか。

6月末に駆動系のグリスの塗布の問題で修理に出したのだが、同じような油系の不具合なのだろうか・・、そう言えば一代前の1DMkIVもローパスに付いたと思われる油染みでセンサークリーニングに出した事がある。

もしかしたら高速連写系に起こりやすい?

まあ将来的に出続けるなら問題だが・・。

今回もセンサー、ローパス共にクリーニングされるはずだが、センサーとローパスの間に汚れやゴミが付いていると修理になるそうだ。

何事も無く戻って来たから落としきれたのだろう。まだテストしてないけど・・。

とりあえず綺麗になっているものと期待する・・
とりあえず綺麗になっているものと期待する・・
カメラと全く関係ないが、12月初め以来、久しぶりに新しい酒を開けた・・
カメラと全く関係ないが、12月初め以来、久しぶりに新しい酒を開けた・・

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF60mm F2.4 Macro , XF23mm F1.4 R

今年最後の紅葉かな・・

昨日、所用で出かけたついでに六義園に寄った。

今年はよく来たな・・。

で、先週書いたように、まだ青いもみじだったが、どうなったかなっと。本当はもう少し後の方が良いかと思ったが、ついでだから仕方が無い・・。

先週、まだ青いと書いたもみじは少し色づいていた。

それでもまだ青い部分が多い、やはり今週末だったかな・・
それでもまだ青い部分が多い、やはり今週末だったかな・・
青いもみじの近くの樹々は間もなく散ろうとしている
青いもみじの近くの樹々は間もなく散ろうとしている

まだ多くの葉を付けていた大銀杏だが、ほぼ散っていて下は落ち葉の海となっていた。

樹の下はすっかり落ち葉で埋め尽くされていた
樹の下はすっかり落ち葉で埋め尽くされていた
これが年明けの頃にはアメ色の海に変わるのだ
これが年明けの頃にはアメ色の海に変わるのだ

これは綺麗だった。

10月の下旬あたりからハゼの紅葉に始まり、約2ヶ月に渡って紅葉・黄葉を楽しめた訳だから、六義園はお得だ・・笑

もみじの葉もこうして地に散り、土に縫い込まれて行く
もみじの葉もこうして地に散り、土に縫い込まれて行く
池に散った葉はこうして水底に沈んでゆく
池に散った葉はこうして水底に沈んでゆく

おそらくこれが今年最後だろうから、次に来る時は冬枯れだね。これがまた良いんだなー。

今年も残り半月を切ったが、最後にどこかでイルミネーションをと考えているのだが、クリスマスはキツいだろうな・・

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

今年もよく撮った・・

ここ数日寒さのせいにして写真を撮り歩いていない。

実際、寒いし、加えて出不精になっている。

 

2013年も余すところ半月だ。

まだ大晦日までに凄い写真を撮る可能性はあるが(笑)、今年を振り返ると、カット数は例年より少し少ないが(1DXで約21,000、Xシリーズで3,000程)、某写真教室のお蔭でいろいろ撮り歩いたような気がする。

独りではなかなか行動範囲が広がり難い。

新宿御苑や代々木公園なんてこの教室が無ければあまり行かないところだし、昭和記念公園なんて無縁だっただろう。(知人がよく行くとは聞いていたけれど・・)

モデル撮影も2回あった。これも無縁だっただろうね・・。

加えて多勢の人の撮影スタイルを見る事も参考になったね。だいたい独りよがりだからね。

先日けやき坂のイルミネーションを撮りに行った時の集合場所近辺
先日けやき坂のイルミネーションを撮りに行った時の集合場所近辺
イルミネーション点灯前だから、まだ暗いのだ
イルミネーション点灯前だから、まだ暗いのだ

画面の構成、余分なものの写り込み、大胆な補正、などなど・・、以前はあまり意識しなかった事に気を配るようになったのも収穫と言えるだろう。

さていつもの課題だが、何を撮るか、街中を歩く事もなかなかやっていないし、ただこの一年で捉えようとしたのは「光と影」だ。何を撮る時もその大きさや具合を見て構図や露出を決めている。何を撮る、のではなく、光がその何かを借りてどう写りたがっているかを写し取りたいな・・

けやき坂の案内板、3年前にも撮ったけど絵にならず・・
けやき坂の案内板、3年前にも撮ったけど絵にならず・・
イルミネーション点灯直前のけやき坂
イルミネーション点灯直前のけやき坂

Canon EOS 1DX

Canon EF85mm F1.2 L II

晩秋の佇まい

今日は月一の通院。例によって帰りに六義園に寄った。クリニックが千石だからね。

先日の知人の情報によれば、もうもみじも銀杏もみんな散ってしまった、ということだった。

まさかと思ったがやはりそうではなかった。

正門を入って正面裏の紅葉は見頃と言えなくもない(過ぎつつあるが・・)
正門を入って正面裏の紅葉は見頃と言えなくもない(過ぎつつあるが・・)
もう1枚
もう1枚
もちろんかなり多くが散っているが・・
もちろんかなり多くが散っているが・・

もみじは見頃の樹もあり、ここ数年撮っている千石寄りの奥のもみじはまだ青い。いつも撮る大銀杏もまだ半分くらい葉が付いていて、下はまだ落ち葉の海とまでは言えない・・。

別の場所は落ち葉の海だったけど・・
別の場所は落ち葉の海だったけど・・

青いもみじも点々と紅い部分が見えるから、やはり20日前後だろうか・・。

ところどころ残っているんだ
ところどころ残っているんだ
まだもう少し楽しめるよ・・
まだもう少し楽しめるよ・・

本日はX-E2、画像に問題は無いが、やはり弱点は電池かな・・。EVFは電池喰うんだろうな・・、X-Pro1より持ちが悪い気がする。

Xシリーズの電池の持ちが悪い訳じゃないんだろうけど、キャノンの一眼レフがあまりに電池の持ちが良いものだから、余計に短く感じる。

だからモニターもファインダーのみにしているから、確認がやや不便。まあもう慣れたけど・・

これは落ち葉の海、いや池?
これは落ち葉の海、いや池?
決して並べたのではありません・・
決して並べたのではありません・・
いよいよ冬だね・・
いよいよ冬だね・・

もう一度来週来るかな・・

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

久々の六本木

10月初旬以来だから、2ヶ月振りだった。

今日の獲物はイルミネーション、これも久々だ。

毎時0分〜10分はこのセレブレーションバージョン
毎時0分〜10分はこのセレブレーションバージョン

けやき坂のイルミネーションを撮ったのは2010年の1月だったから、2年11ヶ月振り?

前回はクリスマス・イルミネーションを撮り損ねて年明けに行ったのだ。今回はクリスマス前に来た訳だ。某写真教室の仲間と。

で、今回は六本木ヒルズ10周年を記念したセレブレーションバージョンが加わって2種類のイルミネーションが交互に点灯した。なかなか綺麗だったよ。

これ従来からのSnow & Blue
これ従来からのSnow & Blue
Snow & Blue の方が幻想的かな・・
Snow & Blue の方が幻想的かな・・

昼過ぎまで雨だったからどうなるかと思ったが、案外早く上がって、撮影は出来たのだが、予想外に寒かった。

玉ボケの写り込み、こんな写真でも寒さを感じる・・
玉ボケの写り込み、こんな写真でも寒さを感じる・・
再びセレブレーションバージョン、東京タワーの色に近いと言えば近いか・・
再びセレブレーションバージョン、東京タワーの色に近いと言えば近いか・・
紅いのも意外に合うかも・・
紅いのも意外に合うかも・・

坂を下りきって、毛利庭園も新バージョンのイルミネーション。見上げれば六本木ヒルズ森タワー。これも絵になったかな・・。

幻想的な水上イルミネーションの上にヒルズ森タワーがそびえる
幻想的な水上イルミネーションの上にヒルズ森タワーがそびえる

 

Canon EOS 1DX

Canon EF85mm F1.2 L II , EF15mm F2.8 Fisheye

ランドスケープ・フォトの極意

午前中、今日発売の本がAmazonから届いた。

「誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意」相原正明氏の著書だ。着いて開封してから一気に半分程読んでしまった。

玄光社のムックだ
玄光社のムックだ

10月初旬に氏の写真展を富士フィルムフォトサロンに見に行ったのだが、すっかり魅了されてしまった。

本を読みかけて、成る程と思ったが、それと同時に大変だなあ、とも思った。

 

また、アマチュアだからという撮り方も反省しないといけない、とも思った。

つまり、「これってプロの話でしょ」じゃなくて、写真を撮る者全てが考えなければいけない事とも言えるのかな・・