再び夜の銀座

昨夜は呑み過ぎたようだ。二日酔いとまではいかないが、朝からボーッとしている。

昨日は某写真教室の最終日。

終了後仲間内で飲み会、その後例によって夜の銀座を数枚撮って帰宅。

銀座のイルミネーションはヒカリミチというんだ・・・
銀座のイルミネーションはヒカリミチというんだ・・・
和光を見上げると博物館か美術館みたいだね
和光を見上げると博物館か美術館みたいだね
ミキモトの前にはツリー
ミキモトの前にはツリー
横道に入っても光ってる
横道に入っても光ってる

 

 

昨日は終了展に向けて一枚を選んだのだが、最後に4枚残って、講師に相談して決める。

最後に選んだ一枚、向島百花園の萩のトンネル
最後に選んだ一枚、向島百花園の萩のトンネル

家でテストプリントしたのが顔料系、教室のプリンターは染料系。

結構差がある。

これは最後まで迷った六義園での一枚だが、染料系ではイメージに合わないような気がした
これは最後まで迷った六義園での一枚だが、染料系ではイメージに合わないような気がした

写真によってはかなりの違いが出るように思う。見せ方によって変える必要もあるようだね。

 

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF 14mm F2.8 R(銀座)

 

Canon EOS 1DX

Canon EF8-15mm F4 L Fisheye(百花園) , EF70-200mm F2.8 L IS II(六義園)

 

つれづれ写真の秋彩々

このブログでは昨年と同じく六義園のハゼの紅葉を今年の秋彩々としたが、近くの親水公園のナンキンハゼは剪定されていて無しだ。

で、久しぶりに(3ヶ月振り)「つれづれ写真」にフラッシュでアップしようと思ったが、今年はブログで何回もアップしたので連休に新潟で撮った湯沢の紅葉・黄葉にしてみた。

これもブログでアップしているが、少し趣向を変えて切り取ってみた。

4〜5年前までは月に一回程度はアップしていた事を考えるとずいぶんとサボってしまったものだ。

だからといって以前のようにはいかないが、少しは復活したいものだ。

悩みの種はFlashページ作成ソフトが現バージョンのMacOSに対応していないこと、というかMacOS10.7に対応していなかったのだ。

ロゼッタで動いていたんだからしょうがないのだが、これからAdobe Flashに移行するのもなー・・、というところなのだ。

写真は「つれづれ写真第168回」の中の1枚。 ⇒「つれづれ写真」 (turedure No.168)

山の斜面はこんな具合に色づいている。
山の斜面はこんな具合に色づいている。

Canon EOS 1DX

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II

Xシリーズの頻度上がりそう・・

X-E2を使い始めてから2週間が経つが、その使い心地はなかなかに良い。

23mmは35mm相当だ。Summilux 35mmを彷彿とさせる・・
23mmは35mm相当だ。Summilux 35mmを彷彿とさせる・・

X-Pro1はもう1年半使う事になるが、もちろん不満があるわけではないが、強いて言えばEVFの使い勝手である事は既に述べた。

ではそのEVFはどうかと言うと、実は私は光学ファインダーの方が好きだ、が、光学ファインダーもライカとは使い道が違うわけで、もうこれは諦めるしかない。

で、EVFだが、E2のEVFはようやく慣れて来たところだ。

メリットは一言で言うと、写る画像が見える。露出補正もフィルムシミュレーションも効果がそのまま画像に反映される訳だから分かりやすい。

当たり前の事なのだが、今までEVFを使い慣れていない私としては大きなメリットだ。一眼レフの光学ファインダーでは得られない情報だ。

X-Pro1でもマクロ以外はEVFを使って来なかったからあまり意識していなかったのだ。しかも画像の動きがスムーズじゃなかったからね。

昔のカメラなら、カラーフィルターあるいはLBフィルターを付け替えて絞り込み測光をするようなものだからね。

これ1本で300mm相当までカバーするから重宝することだろう
これ1本で300mm相当までカバーするから重宝することだろう

写真の望遠ズームは55-200mm、35mmに換算すると84-305mmになるという。

「Velviaモードって」の写真はこのレンズで撮ったのだが、解像力は悪くない。

しかしカメラが軽いせいか結構手ブレを起こす。重い一眼レフより確率高いかもしれない。

これで交換レンズはほぼ全域カバーしたが、出来れば魚眼が欲しいな・・・

 

Canon EOS 1DX

Canon EF100mm F2.8 L Macro IS

早朝の青山

今日は5時起きだ。

6時40分には青山一丁目の駅に着いた。目標は外苑の銀杏並木。

いったい何時来たんだろうか、記憶にはないが20年振り以上だと思うね・・。

ほんとうに尖っているんだよね・・
ほんとうに尖っているんだよね・・
西側の並木の方が多く黄葉しているかな
西側の並木の方が多く黄葉しているかな

色づきはまあまあ、まだ青い部分も多くあるが、私の狙いは落ち葉。

したがってもう少し後になるかな・・、12月初旬の早朝辺りかな・・・。この辺りは難しいところだ。

西側の並木でも東寄りの樹の方が青みが多い
西側の並木でも東寄りの樹の方が青みが多い

 

7時前からカメラを構える人が結構居る。大型の三脚を据えている人も居る。

まあ絵になると言えばなるが、写真にするのはなかなか大変だ、やはり地元の西亀有せせらぎ公園の方が絵になるかもしれない。

でも早く行かないと近所の人が落ち葉を掃除しちゃうんだよね、もちろん文句は言えない。

 

久々に早起きをした。8月の蓮見以来だな、帰宅後も今日は調子いい。

8時近くなると陽射しも本格的になる
8時近くなると陽射しも本格的になる
気温も少しずつ上がって来たね
気温も少しずつ上がって来たね

たまには良いかも・・・

緑の中を行く?真っ赤なポルシェ・・(黄色の中で停まっている)
緑の中を行く?真っ赤なポルシェ・・(黄色の中で停まっている)

 

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF23mm F1.4 R

Canon EOS 1DX , EF15mm F2.8 Fisheye

上野晩秋

旧岩崎邸の和館を見に上野に出たのだが、陽が落ちつつある不忍池を見たら思わず写欲が湧いて撮ってはみたものの、イマイチ・・・。

夏の蓮の残骸が林立、これから大掃除だね・・
夏の蓮の残骸が林立、これから大掃除だね・・
鳥にえさを与えないで下さい、なのだが、それにしても凄い人だかり、いや雀だかり?
鳥にえさを与えないで下さい、なのだが、それにしても凄い人だかり、いや雀だかり?
一部蓮の残骸が取り除かれている不思議な空間
一部蓮の残骸が取り除かれている不思議な空間

旧岩崎邸は前回訪れた時に和館が改修中だったので行ってみたのだが、お茶席に占領されて、しかも館内撮影禁止だったのでこちらは写欲が湧かず、たいして撮りもしないのにイマイチ??・・

庭のもみじは実はあまり葉が綺麗ではないのだが(そのうえ手ブレ・・)、Velviaモードで(facebookの某友達が言うように緑が際立つ)
庭のもみじは実はあまり葉が綺麗ではないのだが(そのうえ手ブレ・・)、Velviaモードで(facebookの某友達が言うように緑が際立つ)
館内が撮影禁止なので庭から建物を、趣はあるね
館内が撮影禁止なので庭から建物を、趣はあるね
最後に入り口脇の大銀杏を、半分黄色い
最後に入り口脇の大銀杏を、半分黄色い

まあせっかくX-E2の画像があるのでアップしてみたわけで、明日の外苑ロケハンに期待したい?

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF14mm F2.8 R , XF23mm F1.4 R

2013 秋彩々

今日は六義園で仲間内の撮影。

ハゼの紅葉は進行中を三回も載せているが、今日が色づきのピーク。

まるで水彩画のようだ
まるで水彩画のようだ

今年は一昨年同様、近くの親水公園のナンキンハゼが剪定されてしまっているため、この六義園のハゼの紅葉が秋彩々。

いつも撮っているハゼの樹もちょうど見頃となった
いつも撮っているハゼの樹もちょうど見頃となった
先に色づき始めた樹のほうも前回同様、もうこれ以上ないくらい紅い
先に色づき始めた樹のほうも前回同様、もうこれ以上ないくらい紅い
今日は陽射しも気温もちょうど良い
今日は陽射しも気温もちょうど良い

この後は12月に入ってもみじ、いちょうと見頃となる。

すでに色づいた樹もあるが、これからが本番
すでに色づいた樹もあるが、これからが本番

今年は是非とも外苑の銀杏並木を見たいものだ。

 

 

Canon EOS 1DX

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II + Extender EF 2x II , C-PL

スパム減少

一日に数十通の書き込みがあった頃に比べると嘘のようだ。

写真は9月中旬頃のスパムコメントの欄のスクリーンショットだが、この後2回程検索エンジンをブロックしたのだが、少し前からブロックは止めているがスパムコメントはほとんどない。

WordPressの検索からのコメントだったと思うのだが今のところ止んでいる、このままいって欲しい・・。

元々訪問者が多いわけではないのに、こんなのばっかりじゃ・・・笑

こんなのが数分間に10通あったりしたこともあった
こんなのが数分間に10通あったりしたこともあった

 

Velvia モードって

久々に使ったけれど、改めて当時を思い出したよ。

Fujichrome Velvia は1990年に発売になって話題になった。

当然私もすぐに使ってみたのだが、強烈な彩度で毒々しいとさえ思えたものだが、慣れとは恐ろしいもので、しばらく使っていると今までのフィルムが眠く感じたりする。深い青、緑、鮮烈な赤、と印象は強かったが、当時はモノクロ漬けだったから早々に退散したかな・・。

先日も書いたが、X-Pro1ではあまりEVFを使わなかったが、今度のX-E2はEVFしかないから当然使うわけだ。

しかし使い勝手はだいぶ良いわけだから、ちょっと色気を出してVelviaモードなんて使ってみたのだ。

結果はなかなか良い、という印象。やるじゃないE2ってところ。

写真は相変わらずのハゼの樹、もう満開、じゃなくて真っ赤・・
写真は相変わらずのハゼの樹、もう満開、じゃなくて真っ赤・・

写真はFUJIのRaw Converterで現像してみた。AdobeのCamera Rawとは若干発色が違うようだね。

薄らと色づきつつある・・
薄らと色づきつつある・・

場所は三たび六義園、今日は小春日和だということなので行ってみたのだが、土曜日のせいもあってもの凄い混みようだった。

ここのところ右腕の付け根が痛んでCanon の一眼レフが重いのだ。したがってFUJIのXシリーズの出番が増えそうな気がする。

前回は、「今色づいているもみじはあまり綺麗じゃない・・」と書いたが、3日程で色づきが違うみたい
前回は、「今色づいているもみじはあまり綺麗じゃない・・」と書いたが、3日程で色づきが違うみたい

 

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS , C-PL

Fujichrome Velvia mode

紅葉進行中

先週の土曜日に引き続き、六義園に行ってみた。

一番早く紅くなるハゼの樹、もうほぼ全て紅い・・
一番早く紅くなるハゼの樹、もうほぼ全て紅い・・

例によって通院の帰りだ。クリニックから徒歩5分ほど、年間パスのおかげで何回来てもOK。

 

で、進み具合だが、今週に入ってからの冷え込みで少し進んでいたのだ。

毎年ブログなどで紹介するハゼの樹はまだ緑が多いが、他のハゼの樹数本はかなり進行している。

この樹は藤代峠の麓の大きな樹だが、7割方紅い
この樹は藤代峠の麓の大きな樹だが、7割方紅い

来週、仲間内の撮影を予定しているが、ちょうど良くなっている事を期待しよう。

もみじはまだまだだが、一部色づいている樹もあったりする。まだ冷え込むようだから一層進行するものと思われる。

ほんの一部色づいている樹もある
ほんの一部色づいている樹もある

12月上旬に期待・・

 

 

Canon EOS 1DX

Canon EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS

寒い夜

昨日は冷え込んだ。

朝は6℃か7℃、日中も12℃程度だった。

夕方からは某写真教室の仲間と撮影に。川崎の工場夜景だ。

まずはX-E2で数枚、微妙な光が得意かも・・(ISO=1600,F=5.6,1/7sec.,-2)
まずはX-E2で数枚、微妙な光が得意かも・・(ISO=1600,F=5.6,1/7sec.,-2)

10℃程度しかなかったと思う。ずっと外に居たわけだからね、終わりの頃には芯まで冷えて車に飛び込んだ。おー寒!

こんな夜景を撮るのも久しぶりだ。なかなか思うようには撮れなかったが数枚アップしておく。

引き込み線のアップは構図に失敗したのでパス(ISO=800,F=22,8sec.,-1.67)
引き込み線のアップは構図に失敗したのでパス(ISO=800,F=22,8sec.,-1.67)
この上に火を吹き続ける煙突がある・・(ISO=400,F=22,20sec.)
この上に火を吹き続ける煙突がある・・(ISO=400,F=22,20sec.)

冬場はこういう光が冴え渡るんだよね。いつかリベンジしたいな。

<P.S.> Hさん、&Uさん、車の運転ありがとう!

 

FUJIFILM X-E2 , FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

Canon EOS 1DX , Canon EF70-200mm F2.8 L IS II

Adobe Photoshop CC (X-E2のRawにベータ版で対応した)