夜の銀座

昨日は某写真教室で前回の撮影実習のプリントと作品研究。

なんていうと大袈裟だが、講師と一緒に候補を選んでプリント、個々にこれは良いとかアレはどうとか言いながら選ぶわけだ。

で、終了後、前のステップの終了展をキャノンのミニギャラリーでやっているのでそこをちょっとのぞいて飲み会へ。

そのあと四丁目、三丁目あたりをふらふらして数枚撮って帰宅。

 

銀座でも昔とはだいぶ変わっているから、見たことないビルとか出現するわけだ。その度に「たまには出て来ないといけないなー・・」と思いつつ、なかなか引きこもって出て来ない。

このアップルストア、来月末で開店10周年だ。10年前も午後出て来て、入店を待つ長蛇の列を撮ったっけ・・
このアップルストア、来月末で開店10周年だ。10年前も午後出て来て、入店を待つ長蛇の列を撮ったっけ・・
この辺のビルも昔は無かった、でも綺麗・・・
この辺のビルも昔は無かった、でも綺麗・・・

デビアスのビルを発見したのは2010年、竣工は2007年で、ぐにゃりと曲がった斬新なファサードは当時大いに話題となったそうだ。(このブログでも2010年5月に載せていた・・)

曲がっているよなー・・・
曲がっているよなー・・・
こんな風に光っているとは知らなかった・・
こんな風に光っているとは知らなかった・・

母の介護生活に入る前は結構よく行っていたんだけど、その後引きこもり生活に慣れてしまったことと、やはりその直前に2度目の椎間板ヘルニアでかなりガタが来たことが大きいかな・・。

まあそれはともかく、たまには銀座などにも行かないとなー。あと「など」が問題だ。

こんなものばかり撮っていた頃を思い出したよ
こんなものばかり撮っていた頃を思い出したよ
こんなのとか・・
こんなのとか・・
今はこんな雰囲気かも・・・笑
今はこんな雰囲気かも・・・笑

 

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF23mm F1.4 R

 

 

レンズベビー

台風は当初の予想より南側を通過したので、風雨も少しはマシだったのかな。これからは回復に向かうのだろう。

 

今日はニューアイテムではないが、初登場である。

電気接点が無いから、これ絞り込み測光なのだ。懐かしい・・
電気接点が無いから、これ絞り込み測光なのだ。懐かしい・・

二年程前に入手しているのだが、最初にちょっと使っただけで防湿庫入りしていて、細かいものを積んでいる下から発見。

「こんなのあったなー」というんで付けてみたわけだ。

光の具合によっては幻想的なのも撮れるかも・・
光の具合によっては幻想的なのも撮れるかも・・

これなかなかスウィートスポットを何処にするか難しい。角度によっては画面の外に出てしまうこともあるようだ。

雨の上がった近くの親水公園で撮ってみたりした。

レンズを真っすぐにしてスウィートスポットをほぼ真ん中に。でこれ開放。周りはほぼボケる。
レンズを真っすぐにしてスウィートスポットをほぼ真ん中に。でこれ開放。周りはほぼボケる。
最小絞りのF22、まるで被写界深度のようにスウィートスポットが拡がる。
最小絞りのF22、まるで被写界深度のようにスウィートスポットが拡がる。
で、これは縦位置で右斜め上にレンズを曲げてみた。
で、これは縦位置で右斜め上にレンズを曲げてみた。
F22、普通に撮ったようにも見える
F22、普通に撮ったようにも見える

邪道だという意見もあるだろうが、個人的にはこれも有り、だから買ってみたわけだし。

これだけで撮っていた作品を見たこと有るような気もするけど、どうだったかな・・・

最後はスウィートスポットとボケが流れる関係がよく解るヤツを
最後はスウィートスポットとボケが流れる関係がよく解るヤツを

 

Canon EOS 1DMkIV , EF100mm F2.8 L Macro IS

Canon EOS 1DX , Lensbaby Composer Pro Sweet 35 F2.5

ニューアイテム?その2

今日も朝から霧雨だ。

午後から友人と谷根千を歩く予定だったが、「何もこんな日にやることもないだろう。」ということで延期になった。

 

で、先日に続き写真用品のニューアイテムだ。

見た目は大きいが、折り畳むとペシャンコになる
見た目は大きいが、折り畳むとペシャンコになる

今日も写真のようなものだが、まあディフューザーだね。

ディフューザーは以前も持っていたのだが、昨年の引越騒ぎの時にどうも置いて来たらしく、気がついた時はもう跡形も無い・・・。

まあもう古くて埃だらけだっただろうから、いい機会なので買い替えたようなものだ。

ストロボ本体に巻くマウント。これが結構キツい・・
ストロボ本体に巻くマウント。これが結構キツい・・

ストロボ撮影自体はあまり多くないのだが、必要な時に無いと困る、というものだ。今までトレペで誤摩化していたのだが、ちゃんとしたのを買うか、ということ。

テストではなかなか光の回りが良い。ガミライトというマレーシアのものだ。

もちろん、ちゃんとライティングしようとしたら結構大事になるのだが、ちょっとしたパーティーの撮影なんかはこれ一つでだいぶ違うはずだ。

頻度は低くても有ると無いとでは大違いっていうところかな・・。

ニューアイテム?

今日から台風の影響で雨が降り始めるようだ、っていうかもう今朝から霧雨のようなものが降っている。

明日も降り、明後日は台風が最接近するみたいだ。

明日は谷根千辺りを歩く予定なのだが、無理かなー・・・

 

ところでニューアイテムって?

幾つかあるのだが、今日は写真のようなもの。

70-200F2.8には付かない
70-200F2.8には付かない

これフォーカシングハンドル。マクロレンズなどの微妙なフォーカシングに有効、もちろん普通に手で合わせることが難しいわけではないのだが、使ってみると小さな力で微妙な調整が出来る。

難は取り付け可能なレンズ径が限られること。もちろんほかに数種類あるからたいていのものはカバーしているのだが、出来ればジャストフィットの方が良いに決まってる。

ヨドバシにもあるけど、他のものと合わせて、以前ご紹介したオリエンタルホビーで注文。

本当に必要かっていうと微妙だが、遊びですよ。

薔薇は咲いたか?

昨年の春薔薇以来の旧古河庭園だ。

9月に作った都立9庭園年間フリーパスでフリーパスだ。

花の数がまだ少ないね
花の数がまだ少ないね

先日ウェブサイトで薔薇が五分咲きとの情報で行ってみたのだが、まだ少し早いかな・・。でも週末は台風かもと思って行ってみたわけだ。

何時撮っても薔薇は難しい・・。

紅い薔薇は特にね・・・(コンラッドヘンケル)
紅い薔薇は特にね・・・(コンラッドヘンケル)

花びらが綺麗な時間は短い。もちろんどれかは綺麗なんだが、バランスが難しいね。

まだ選べる程咲いていない(リオサンバ)
まだ選べる程咲いていない(リオサンバ)

毎回そう思うのだが、学習効果が薄い・・。薔薇には向いていないのかもしれない、って努力が足りないんでしょう。

最近この手が多い?・・(ブルーライト)
最近この手が多い?・・(ブルーライト)

次は台風が行ってから考えることにしよう。

その後ほかへ行くつもりもあったが、天気が芳しくなく本日は終了。

この手も多い・・・(マリアカラス・・だったと思う)
この手も多い・・・(マリアカラス・・だったと思う)

 

Canon EOS 1DX

Canon EF14mm F2.8 L II

SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS

いつもの課題

今日は終日雨である。

雨の中、散歩して撮ろうかとも思ったが、昨夜10時過ぎから机の上でうたた寝をして、気がついたら夜中の3時過ぎ。

起きていた時に見ていたブログに返事を書きつつ寝る支度。まあ時間は十分寝たのだが、朝から眠い・・・、でそのままボーッと一日過ごしてしまった。

もう夕方で雨脚も強くなったのでこれを書いているわけだ。

 

で、いつもの課題?ってそうかあれだね。何を撮るか・・。

昭和記念公園の原っぱの真ん中、大ケヤキ
昭和記念公園の原っぱの真ん中、大ケヤキ

悩まなくて良いものに何時も悩んでいるわけだ。つまり思いついたままに撮ればいい、ってそう決めたじゃん・・。

でも悩むわけよ、これでいいのかって。何を撮るのか悩んでいる間にいろいろ撮ればいい・・、ってこれが結論?

子供の遠足、赤い帽子が点々と・・
子供の遠足、赤い帽子が点々と・・

確か少し前には、また歩きながら撮ることにしたのだが、問題が・・。

足が痛くなる、って運動不足だろう。いやそればかりではない、右足前側は痺れが全然取れないし、歩き方も矯正しないといけないだろうし、こっちの課題の方が重いかも。

紫苑、綺麗だった。先日教室の皆んなが撮っていたね。右側は台風で倒れてしまっている。
紫苑、綺麗だった。先日教室の皆んなが撮っていたね。右側は台風で倒れてしまっている。

いつもの課題はそれなりに解決できると思うが、満足できる答えはなかなか出て来ないようだね。

もうしばらく悩み続けることにする・・・

花の丘に向かう途中、不思議なオブジェ。ベンチなんだって。昼間なのにライトアップしてるみたい・・
花の丘に向かう途中、不思議なオブジェ。ベンチなんだって。昼間なのにライトアップしてるみたい・・

 

Canon EOS 1DX

Canon EF14mm F2.8 L II

秋日

先週の撮影実習ではやはり足りず、今日追加の撮影に行って来た。

先週とは違い、今日は秋らしい陽気だった。

立川は最高気温20℃、長袖のシャツとベストでちょうど良かった。

日が傾き始めた頃には薄ら寒かった。

ただ、違うのは陽気だけではなかった。約一週間経過してなおかつ台風が過ぎていっている。

花の丘のほうもだいぶ草臥れて来ている。

そうはいっても人出は多いね
そうはいっても人出は多いね
前回とよく似ているが、若干角度が違う
前回とよく似ているが、若干角度が違う

イエローキャンパスとサンセットイエローの2品種が咲く原っぱ東花畑
イエローキャンパスとサンセットイエローの2品種が咲く原っぱ東花畑

原っぱ西花畑は遠目には咲いているように見えるが、近づくともう無惨? もう秋桜も終焉かな・・・。

花の丘で激写する人・・
花の丘で激写する人・・

それにしても今日は人出も多い、子供たちの遠足も見受けられるし、若い人も結構居る。

先週の暑い秋日とは正反対で、秋日と呼ぶに相応しい一日だった。

帰り道、確かに秋だなー・・
帰り道、確かに秋だなー・・

 

Canon EOS 1DX

Canon EF14mm F2.8 L II , EF100mm F2.8 L Macro IS

撮影雑感

某写真教室に行き始めてから間もなく1年が過ぎようとしている。

ラストパートも残すところ3回だ。先日の撮影実習までの写真の中から終了展の写真を選ぶことになるという。

さてこの某写真教室、三十数年も写真を撮って来た私に必要なの?という問いを受けることがある。

確かに長年の経験や勘などはある。基礎知識も雑誌や知人、専門家から吸収したものもある。

しかし今のデジタルカメラで基本から学ぶとどのようなことが得られるのか、それを知りたかったのだ。加えて、基礎的なことでも知らなかったことや少しズレていたことなどもあって、注意するようになった点も小さなことのようだが大きいのだ。

 

で、最近の雑感ということで、単焦点レンズとズームレンズについてだ。

今はカメラを買う時にダブルズームレンズ付きキットなどがあって、かなり割安でおおむねの焦点距離を確保できる。

私が初めて一眼レフを手に入れた頃は、ニコンだったのだが、ズームレンズは確か2本しか無かった。あとは全部単焦点だった。それが当たり前。しかもそのズームレンズも光学性能は単焦点に遠く及ばない。当時私は80-200mmF4.5というズームレンズを使っていたが、ピントも甘く、イマイチという感じだった。その上その当時(36年くらい前だ)10万以上したのだ。バイト代2ヶ月分がとんだ。つまりズームの需要は少なかったのだと思う。レンジファインダーの時代は50mm、35mmでしか撮っていない。

今はズームレンズは当たり前で、安くなったし、性能もそれなりに良くなっている。(どうしようもなく悪いのもあるが・・・)私も現在Canon用のレンズは全18本中7本がズームレンズだ。

それでもこれっていう時は単焦点で撮ることが多い。まあこれっていう時に限らずだが・・。単焦点の方が安心感、安定感があるというのが私の見解だ。

もちろんズームの利点、便利さ、などもちゃんと利用させてもらうけどね。

写真は、同じものを撮って比較したものではないので、例としては難しいのだが、パッと見の印象で差を感じるし、解像感も差があるように見える。(もちろん、だからといってどちらかが良いとか上というものではない。・・・いや、あるか・・・)

EF16-35mm F2.8 L II 昨年の京都詩仙堂、レンズの向きもあるが歪曲収差が目立つ(16mmで撮影)
EF16-35mm F2.8 L II 昨年の京都詩仙堂、レンズの向きもあるが歪曲収差が目立つ(16mmで撮影)
EF16-35mm F2.8 L II 昨年の京都蓮華寺、これも歪曲収差が目立つ(16mmで撮影)
EF16-35mm F2.8 L II 昨年の京都蓮華寺、これも歪曲収差が目立つ(16mmで撮影)

EF14mm F2.8 L II 昨年のランドマークタワーからの眺め、解像感が素晴らしい
EF14mm F2.8 L II 昨年のランドマークタワーからの眺め、解像感が素晴らしい

 

Canon EOS 1D MkIV , EF16-35mm F2.8 L II

Canon EOS 1DX , EF14mm F.8 L II

暑い秋日

東京は今日も真夏日。

この暑い中、某写真教室の撮影実習だった。場所は立川、昭和記念公園。

晴れ渡った秋晴れのはずだったが、気温だけは真夏だった。

ここは一番北側の花の丘、広大だ
ここは一番北側の花の丘、広大だ

しかし、秋桜は見頃で満開の様相、壮観だった。3つのお花畑で550万本というから驚きだ。

本日のレンズは魚眼ズーム、超広角14mm、24−70mmに150mmマクロの4本。

全周魚眼で人を入れないのは難しい
全周魚眼で人を入れないのは難しい
14mmは画角114度、狭い我が家だって広く写る・・
14mmは画角114度、狭い我が家だって広く写る・・
秋桜畑の向かい側にはそばの花、これは24−70
秋桜畑の向かい側にはそばの花、これは24−70
本日のマグロ、じゃなくてマクロ・・
本日のマグロ、じゃなくてマクロ・・

広角系もなかなかだったが、今日は、というか今日も150mmマクロが秀逸だったね。中トロが美味しかったってわけじゃないからね・・・笑

真夏日は今日までで、明日からは一気に秋になるという。

寒くなるという話もあるし、もう日本の気候はメチャメチャだね。そのうち空から何が降ってくるか解らないから気をつけないとね・・

最後はほろ酔いで帰宅してからキャンバスに描いた秋桜・・・ウソ
最後はほろ酔いで帰宅してからキャンバスに描いた秋桜・・・ウソ

 

Canon EOS 1DX

Canon EF8-15mm F4 L Fisheye , EF14mm F2.8 L II , EF24-70mm F2.8 L II

SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS

 

夏の名残り

ここへ来ての夏日だ。

28℃だからそれほどではないが、涼しくなった後の夏のぶり返しだからね。

体に応えるよ。

陽射しは時々だが、十分に暑いね・・
陽射しは時々だが、十分に暑いね・・

本日通院の帰りに例によって六義園へ。前回は「夏の残滓」としたが、同じにしたくないし、ぶり返したのだから今日は「名残り」としよう・・

園内には数多くのハゼの樹があるが、前回より紅いところは増えている。例年通りだと見頃は11月下旬なのだが、今年はどうかな?・・・

11月にはこれが一面、紅くなるのだ
11月にはこれが一面、紅くなるのだ
ここの樹もかなり大きい、まだまだ・・・
ここの樹もかなり大きい、まだまだ・・・
これも一面色が変わるんだ
これも一面色が変わるんだ

例の夢のゆりかご近辺は、カラスが取り囲んでいた。賢いけど憎たらしいカラスどもだ。

顔を引っ込める瞬間だった・・
顔を引っ込める瞬間だった・・

何故か亀が泳いでいる。何処から来たのだろう、元々居たかなあー・・・

 

以前良いと思った風景、景観はいつも同じではないのだ。

変わりゆくのだってことを肝に銘じておかないといけないね。

二度と同じシャッターチャンスは無いんだ。たとえそれがどうということのない景色であっても・・・

夏の空気はもうすぐ冷えてゆくだろう・・
夏の空気はもうすぐ冷えてゆくだろう・・

 

Canon EOS 1DX

Canon EF 15mm F2.8 Fisheye , EF24-70mm F2.8 L II , EF100mm F2.8 L IS Macro