桜の陰翳

近くの親水公園では、もう里桜が満開になりつつある。やはり二週間ほど早いだろうか・・。

今日は曇り、もう少し光が欲しいところだが、今日を逃すと二日ほど撮れない。

ただよく見てみると、八重の樹はほぼ満開に近いが、一重の樹はまだ一、二輪ほどしか咲いていない。

実はこの一重の樹の花がそこはかとない美しいさを放つのだ。来週の半ば過ぎ当たりに期待出来そうかな・・。

で、今朝の花だが、曇り空ながら美しい姿を見せてくれている。通常、逆光をメインに撮るが、透き通るような花びらを綺麗に出すのは難しい。

一枚目は+1、重なり合う花びらの陰翳が美しさを際立たせている。

曇りの日にしか得られない陰翳だ
曇りの日にしか得られない陰翳だ

二枚目は+2、このくらいの逆光ではこの程度開けるのだが、比べるとどうだろう?

もちろんこれも美しい
もちろんこれも美しい

好みの違いはあるだろうが、一枚目に軍配を上げたい。

ピーカンではこんな陰翳は出ない。

そして三枚目は、逆光と言うより斜光、ピントの合う範囲を僅かながら広げてみた。

いやもうただ美しい・・
いやもうただ美しい・・

やはり+1の補正でかなり美しい姿を見せてくれた。

さあ、あとは一重が咲くのを待つばかりだ。

 

Canon EOS 1DX

SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS + APO TELE COVERTER 1.4x EX DG

桜散る

これは不合格通知ではありません・・・笑(あれ?)

昨年より早く桜が咲いたものだから、六義園の枝垂れ桜を見損なってしまった。

昨日行った時は散った花びらの海・・・。

枝には僅かに花を残すのみ
枝には僅かに花を残すのみ

ただその後行った新宿御苑では染井吉野などが満開。

実は新宿御苑は東京の桜の名所なのだ。かなり昔に見た覚えがあるが、これほど見事とは思っていなかった。

至る所満開、この白い八重もたわわに
至る所満開、この白い八重もたわわに

話は六義園に戻って、ここの枝垂は江戸彼岸桜、染井吉野より一週間程度早く咲くのだ。したがってもう散ったのだ。

毎年撮っていたのだが、今年は途切れた・・・、まあしょうがないね。

園内を歩くと、まだ新緑とはいかないものの、もみじが綺麗だった。5月頃にはもっと輝くに違いない。

あと一月もするともっと輝いているね
あと一月もするともっと輝いているね

さあもうすぐ4月、気候も良くなり、動くのにもちょうど良い季節だね。(期待大・・)

 

FUJIFILM X-Pro1

FUJINON XF 35mm F1.4 R , XF18-55mm F2.8-4 R OIS

白木蓮

写真は10日ほど前に撮ったものだ。某写真教室の撮影実習で新宿御苑に行った時のものである。

新宿門近くに白木蓮の大木がある。これが満開だった。

見上げると木蓮の花、花、花である
見上げると木蓮の花、花、花である

白木蓮は一昨年まで毎年のように上野の五條天神の大木を撮っていたが、新宿御苑のそれは遥に大きい。

驚くほど大きな木蓮だ
驚くほど大きな木蓮だ

 

木蓮の花を見ると思い出す。遥か昔、学生の頃、お茶の水に「木蓮」という喫茶店があった。

友人がその店を愛用していて、たまに行った記憶がある。

その友人はかなり前に亡くなったのだが、先日家の中を整理していて、その友人の遺稿集が出て来た。

と同時に木蓮の花を思い浮かべる。何か懐かしい匂いがする・・・

見ているだけで匂ってくるような花だ
見ているだけで匂ってくるような花だ

 

Canon EOS 1D MkIV

Canon EF100mm F2.8 L IS Macro , EF16-35mm F2.8 L II

桜咲く

これは合格通知ではありません・・・笑。

今年は昨年より2週間も早く咲いてしまった。

今朝の朝日を浴びてもう樹によっては三部咲き
今朝の朝日を浴びてもう樹によっては三部咲き

今日は一転、冬のような強い北風が吹いているのだが、地元お花茶屋公園の桜はその風に負けずに揺れても揺れても花をつけて頑張っているのだ。

北風にも負けず頑張っている
北風にも負けず頑張っている

先週、駒込の富士神社には行ったのだが、六義園は行けそうもなく、あとは上野・谷中辺りを巡れるかどうかかな。

以前花見をかねた集まりを予定していたものなどは、繰り上げなければならなくて忙しくなってしまった。

週末には満開だろう
週末には満開だろう

花冷えも予想されているが、寒暖の差が大きくて体がついてゆかない・・・。

 

Canon EOS 1DX

SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS + APO TELE COVERTER 1.4x EX DG

いきなり春爛漫

春なのか冬なのかよく解らない、とか言っているうちにいきなり春になってしまった。

昨日は某写真教室の撮影実習で新宿御苑に行ったのだが、白木蓮がちょうど見頃、早咲きの桜は散りかけていた。

寒桜はもうかなり散っていた
寒桜はもうかなり散っていた

東京では今日にも染井吉野の開花宣言があるだに聞くし(昨日あったらしい・・)、すっかり春の様相である。

散りかけの桜の樹には何羽ものサクラメジロが縦横無尽に飛び交っていた。

こんな落ち着いた姿は稀だ
こんな落ち着いた姿は稀だ

 

さてその2日前には駒込富士神社に行ってみたのだが、こちらも河津桜が満開、まあこれは例年どおりだが、少し遅れれば撮り損ねるところだった。

今年もなんとか間に合ったという感じだ
今年もなんとか間に合ったという感じだ

今年は梅はかなり遅れたのだが、桜は昨年より早いみたいだし、三月初旬まで寒い日が続いた割にはいきなり春爛漫なのだ。

ということは、六義園の江戸彼岸桜はもう咲いているね、きっと・・・

 

Canon EOS 1DMkIV

Canon EF16-35mm F2.8 L II , EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS

Canon EOS 1DX

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II

春なのか冬なのか・・

一昨日はまるで初夏のような気候、一転昨日は冬に逆戻り。

最高気温の温度差13℃、朝起きた時は4℃ほどしかなかった。

今日はその中間。まあこやって春になるんだろうけど、あまりに差が激しい。

加えて一昨日は午後から関東も黄砂に見舞われたようだ。しかも嵐のような強い風。

お花茶屋公園の兄弟のような樹々、冬の寒い中もしっかりと立っている。もうすぐ春だ!
お花茶屋公園の兄弟のような樹々、冬の寒い中もしっかりと立っている。もうすぐ春だ!

 

梅も満開になり、そろそろ桜のたよりがチラホラの時期だが、さてどうだろうか、富士神社にでも行ってみるかな・・。

 

Canon EOS 1DX

SIGMA 35mm F1.4 DG