春の気配?・・

ここ2〜3日は寒い。夜になるとかなり冷える。

この寒さも明日までと言う予報だが、果たしてどうだろうか。

ただ、今日朝からレインボーブリッジを徒歩で渡ったのだが、寒いけれど歩いているせいか寒くない。

今日は南側を歩く。向こうにはお台場海浜公園が見える。
今日は南側を歩く。向こうにはお台場海浜公園が見える。
逆光の海面と航跡が眩しい・・
逆光の海面と航跡が眩しい・・

天気はスゴく良くて、太陽が眩しい・・。

幕末のお台場から超近代のレインボーブリッジまで180度の展望だ
幕末のお台場から超近代のレインボーブリッジまで180度の展望だ

寒いはずなのに汗ばむくらいだった。

これってもしかして春の気配?

明後日から10度を上回るらしいから、ようやく三寒四温になるらしい。

またまた、春が待ち遠しい・・・

 

Canon EOS 1DX

SIGMA 35mm F1.4 DG

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II , EF8-15mm F4 L Fisheye

梅が・・

今日は比較的穏やかな日和、と言っても気温は一桁。

ここのところ、家の所用と通院のみで撮影は一週間ぶりだ。

その通院の帰り、久々に六義園に寄る。梅が咲いていたが、例年よりは遅いようだ。

樹のよってはまだつぼみも多い
樹のよってはまだつぼみも多い
これはほぼ満開
これはほぼ満開

今年は寒さも厳しく、色々な花が遅れているね。桜も遅いかな・・。

水鳥の姿を見ていると春のようだが・・
水鳥の姿を見ていると春のようだが・・
まだ春はなかなか・・・
まだ春はなかなか・・・

 

さて三日前は某写真教室の最終日だった。

小雪がちらつく中、銀座に出たのだが、寒い寒い・・・。

最終日と言ってもPart I の最終日だから、当然Part II がある。(Part IV まである。)来月半ばからだ。同じクラスの人達とは暫しの別れだ。

まだ暖かいと言うにはほど遠い、という佇まいかな・・
まだ暖かいと言うにはほど遠い、という佇まいかな・・

Canon EOS 1DX

Canon EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS

春はまだ

昨日今日と寒い・・。

今日は日中二桁になる予報だが、昨日は一桁。今週半ばには雪の予報もある。

やはり今年は寒いんだろうね、梅も遅れているみたいだから、春はまだ遠いかな。

 

昨日は朝から某写真教室の撮影実習だった。場所はお台場、潮風公園。

何とモデル撮影会だったのだが、当然肖像権の問題で写真はなし。

と思ったのだが、教室の主催者に確認したらブログ程度なら今回のはOKとのこと。

2時間撮影で重いカメラを持って夢中で撮っているからそんなに寒さは感じなかったが、モデルさんは寒かったに違いない。

撮影実習が終わって東京湾を見渡すと、改めて寒さが身にしみてくる。写真は潮風公園の噴水だが、後ろに見える対岸の荷揚げ用クレーン?は数日前に見覚えがある。

対岸のクレーンは大きいんだよね・・
対岸のクレーンは大きいんだよね・・

水辺ラインで隅田川を下ってお台場まで来た時に見たのだ。やはり大きいね。

数日前の水辺ラインの船上から、お台場海浜公園についたところだ
数日前の水辺ラインの船上から、お台場海浜公園についたところだ

 

引き続いて今朝も結構寒いのだ。

久々に近くの親水公園を歩いたのだが、至る所霜柱で地面が盛り上がって穴だらけ・・・。

穴だらけ・・・
穴だらけ・・・
すぐ向かい側に咲く寒椿
すぐ向かい側に咲く寒椿

ただ、もう時間が遅かったせいか氷はだいぶ溶けてかなり空洞状態?

 

さて弥生三月まで三週間足らず。春が待ち遠しい。

最後は撮影実習のモデルのさくらさん、お疲れ様でした
最後は撮影実習のモデルのさくらさん、お疲れ様でした

Canon EOS 1DX

Canon EF14mm F2.8 L II , SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS

 

Canon EOS 5DMkII

Canon EF8-15mm F4 L Fisheye , EF70-200mm F2.8 L IS II

(最後の写真はストロボ使用)

雪の中スカイツリー

今日は大雪、という予報だったが、さほどではなかった。よかった。

朝は雨。8時ころから雪まじり、出かける頃は雪だった。が、あまり積もる気配はなかった。

スカイツリーにつく前の電車の中から、もう見えない。地上から見えないということは上からも見えない。

ツリーの根元から、天望デッキは雲の中
ツリーの根元から、天望デッキは雲の中

チケットカウンターでは、「予約は30日間当日券で使えます。」とのことだったが、雲の中も見てみたいので上ったのだ。

エレベータがつくとにぎわうが、すぐに空く
エレベータがつくとにぎわうが、すぐに空く

予想どおり雲の中(笑)、全く何も見えない。当然のことながら空いていた。天望デッキではこんな日のための映像が放映されていた。

イメージ映像や建設の歴史など
イメージ映像や建設の歴史など

450mの天望回廊は同じように視界不良ということだったので今日は上らずにフロア340まで降りた。

フロア340のガラス床、雲が多くて怖さ半減?
フロア340のガラス床、雲が多くて怖さ半減?

その頃はかすかに雲の切れ目が見えたりして、下の町並みが見えたりしたが、また隠れたり少し見えたりでそのまま地上に降りた。

雲の切れ目がスゴいスピードでやって来て過ぎてゆく。雪も横殴り・・
雲の切れ目がスゴいスピードでやって来て過ぎてゆく。雪も横殴り・・

次は春めいた頃に行くか・・。

 

Canon EOS 1DX

Canon EF14mm F2.8 L II

冬ぼたん

上野東照宮にぼたん苑がある。3年連続で来ている。

昨年の冬ぼたんは「つれづれ写真」にアップしているし、春ぼたんも撮りに行っている。冬ぼたんは、春ぼたんと同じ品種で1〜2月に咲くように促成栽培したものらしい。

牡丹の色らしい牡丹だ
牡丹の色らしい牡丹だ

 

「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花」などと言うが、美しい女性の容姿や立ち居振る舞いを花にたとえて形容する言葉である。

さて、改めて芍薬を撮りに行ったことはないが、昔撮ったことがあるような・・。

いずれもボタン科に属するそうだが、牡丹は樹木で芍薬は草本だそうだ。だから芍薬は冬は地上部が枯れてしまう。

毎回この色合いを狙っている
毎回この色合いを狙っている

牡丹は花が大きくて魅力的な被写体だが、開き過ぎても良くないし、花粉も多くて花が汚れてしまう。なかなか美しい姿は難しいものだ。

花粉の量も多いね・・
花粉の量も多いね・・

今回も日の光がちょうど良く撮れた白い花があるのだが、あまりに花粉やその他で汚れが多すぎて・・・。

この重なる花びらのうす紫の深みが美しい
この重なる花びらのうす紫の深みが美しい

 

桜などより息が長いが、撮り時は難しい。

手前の黄色は蝋梅である
手前の黄色は蝋梅である
その蝋梅を・・
その蝋梅を・・

Canon EOS 1DX

SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS