東京スカイツリー

先週の都庁に続いての高層は本命の東京スカイツリーだ。

当分先と思っていたが、WEBチケットが簡単に予約できた事もあり、加えて昨日は母が生きていれば満80歳の誕生日だったのでこの日に予約したのだ。

時間は18:00〜18:30ちょうど日の入りの時間だ。

18:00ちょうどにチケットカウンターに到着。カウンターではほとんど待たずにチケットを受け取り、エレベーターに。これもさほど待たずに、いよいよ350mの天望デッキに。

エレベーターは約50秒で到着。速い!

エレベーターを下りた時に最初に見えた景色
エレベーターを下りた時に最初に見えた景色

 

夏休みも終わりに近くけっこう混んでいたが少し待てば前に出て眺望できる。感動だ!

だがどこかで似たような景色を見た記憶がある。何処だろう・・・。そうだ函館山だ。遥か昔に函館でも夕方にロープウエイで登って日が沈むのを見たっけ。

函館山は調べると334m、ちょうどこの天望デッキとほぼ同じだ。だから景色の見え方が似ている。

あと羽田から離陸するときもこんな景色が見える。飛行機はもっとどんどん上がって行ってしまうから、気がつくとスカイツリーを眼下に見下ろす事になるけどね。

地上350mの天望デッキから、浅草・東京ドーム・新宿高層ビルが見える
地上350mの天望デッキから、浅草・東京ドーム・新宿高層ビルが見える
展望デッキで日没を迎える。
展望デッキで日没を迎える。

 

日が暮れるのを天望デッキで観て、100m上の天望回廊に。これも感動だ。

今日開業100日を記念して始まった「天望シャトルアップライト」(天望デッキから天望回廊に向かうエレベーターでレンズを天井に向けて)
今日開業100日を記念して始まった「天望シャトルアップライト」(天望デッキから天望回廊に向かうエレベーターでレンズを天井に向けて)
天望回廊は手すり、柱が多く、上半分は反射で写真は撮りにくい、が凄い眺望だ
天望回廊は手すり、柱が多く、上半分は反射で写真は撮りにくい、が凄い眺望だ

でももう既に周りが真っ暗だから、まるで浮遊感覚なのだ。445mの地点に到着して回廊は渦巻きのように少しずつ上に上がって451.2mまで。ソラカラポイントだ。

一通り見て345フロアにエレベーターで降りて340フロアから地上近くまで到着、初めてのスカイツリーはこれにて終了。9月にも予約を入れてあるからまた撮りに来るぞ、と。

天望回廊からやっと撮った東京タワー、ISO12,800で手ぶれでまいった
天望回廊からやっと撮った東京タワー、ISO12,800で手ぶれでまいった
地上451.2mのソラカラポイント
地上451.2mのソラカラポイント

Canon EOS 1DX

Canon EF24-70mm F2.8 L , EF14mm F2.8 L II

 

高層ビルの展望

地上202mの展望だった。

昨年9月に新宿高層ビル群を下から魚眼で撮った記事で「都庁の展望室に行ってみるか」と書いたが、約1年経って行ってみた(笑)。

まあこの1年であまりに多くの事があったからね。

 

で実は来週初めてスカイツリーに登る予定なのだ。当分先と思っていたのだが、ネットで簡単に予約できるし、じゃ行ってみるか、ってわけ。

でもって高いビルの窓から何ミリで撮るか予行演習なのだ。

しかしレンズは迷うね、結論は出ず・・・広角系が中心になるが、多分前の日まで迷い続けるだろう。

都庁45階の北展望室からほぼ東を望む(スカイツリーも見える;8mm全周魚眼)
都庁45階の北展望室からほぼ東を望む(スカイツリーも見える;8mm全周魚眼)
今度はほぼ真南を望む(15mm対角線魚眼)
今度はほぼ真南を望む(15mm対角線魚眼)
最後は眼下が新宿中央公園で北西を望む(14mm super wide)
最後は眼下が新宿中央公園で北西を望む(14mm super wide)

1枚目の14mm版を追加

1〜3枚目の写真も別のプリセットで現像し直した

やはり14mmは凄いね・・
やはり14mmは凄いね・・

Canon EOS1DX

Canon EF8-15mm F4 L Fisheye , EF14mm F2.8 L II

Canon EOS1DX ファーストインプレッション

8月1日に待望の1DXを受け取った。

今年3月の発売に合わせて2月に予約を入れたのだが、2度にわたり発売が延期された。

6月20日の発売日には昨年10月の発表日に予約した人に供給されたらしい。発表日の数日後に予約した知人は7月中旬に手に入れたようだ。

で私のはネットで流れていた情報どおり7月末に入荷したみたいだ。

 

まだ不忍池で蓮を撮り、お盆に新潟で少し撮ってきただけだが、ファーストインプレッションは大きくて重い・・?

でもやっぱりフルサイズの方が私は使いやすいね。

決して持ちにくい訳ではないが、やはり’大きく重い
決して持ちにくい訳ではないが、やはり’大きく重い

 

シャッターの切れ具合は軽快で小気味好い。高速連写側は1DIVより軽快だ。

高感度の画質は大幅に向上しているし、明らかに進化しているのだが、AFの感度は設定次第で敏感すぎるくらいだ。

エリアの選択や領域拡大も1DIVに比べてだいぶ細かいし、合ったつもりでも実は合っていないなど気難しい面もあるようだ。

もう少し試してみないといけないようだ。

肝心の解像度はかなり高いものと感じられる。ただ1DIVと比べてどうかは一言では言えず、またもう少し撮影を重ねて行かないとね・・・

あとは最初に言ったように大きくて重い、これは慣れるまで待とう・・・。

従兄弟の家の裏庭にて
従兄弟の家の裏庭にて
同じく裏庭にて
同じく裏庭にて
魚沼スカイライン栃窪観音から
魚沼スカイライン栃窪観音から
魚沼スカイライン魚沼展望台から(右手に巻機山、左手奥が八海山)
魚沼スカイライン魚沼展望台から(右手に巻機山、左手奥が八海山)
「とん吉」のかつ丼
「とん吉」のかつ丼

Canon EOS1DX

Canon EF24-70mm F2.8 L , EF85mm F1.2 L II

富良野の名残り

正直言ってワインはふだん飲まない、のだが、これは結構いける。

工場限定品の赤もなかなかの味わいなのだが、この白は試飲でも飛び抜けて美味しかった。

酸味と果実味が程よく、ほんのり甘めの味わい、口に含んだ瞬間何をおいてもこれを買って帰ろうと思った。

富良野から帰ってまだ3週間足らずだが、工場限定の赤2本とこのシャトーふらの白2本を飲んでいる。

もちろんたいした量ではないが、こんな事はかつてなかったのだ。

自分用にまだ2本冷蔵庫で冷えている・・・

 

でも無くなったあとはどうしようか・・・

シャトーふらの(白)
シャトーふらの(白)

Canon EOS1DX

Canon EF50mm F1.2 L

早朝蓮見

今朝の予報は曇り。朝出るかどうか迷ったが、外へ出ると日が差していた。

およそ1年振りに不忍池に蓮を撮りに出かけた。また蓮の花が開く季節になった。

今年の不忍池は真ん中あたりが穴があいたようになっている。蓮の葉が茂っていないのだ。

花の付きも良くないように見える。花も少ない。昨年は数えきれないくらい咲いていた。

まあこれから咲くんだろうけど・・・。

昨年の池の手入れが遅かったように思うのだが、そのせいだろうか。

朝の日差しを受けていたね
朝の日差しを受けていたね
少し雰囲気を変えてみた
少し雰囲気を変えてみた

 

Canon EOS1DX

Canon EF70-200mm F2.8 L IS II + Extender II 2x

Adobe Photoshop CS6