青い薔薇

例年なら何回かは薔薇を撮りに行っているが、今年は雨が降り続き(雨の中もありなんだが・・)結構いい降りの日もあり、出かけるのに二の足を踏んでいる。

近所の公園の薔薇が無くなった所為もあるが、西ヶ原の薔薇の園に一度行ったきりだ。

 

先日青い薔薇で”スターリング・シルバー”というのをアップしているが、その隣に”わたらせ”という青い薔薇があった。

”わたらせ” ”スターリング・シルバー”のように正面からいいのは無かったんだよね・・
”わたらせ”
”スターリング・シルバー”のように正面からいいのは無かったんだよね・・

説明によると「世界に先駆けて作出された青バラの第1号品種。」とあり、これって世界で最初って意味だろうか・・(ちなみに年代は”1977”となっている。)

※ スターリング・シルバーは青紫色系の品種第1号だとのこと、年代は”1956”となっていました。

”わたらせ”というのは「作出者の住んだ栃木県に流れる『渡良瀬川』にちなんでいます。」とある。

 

週末は台風直撃という予報なので、その後どこかで薔薇は散らずに生きているだろうか・・・

 

FUJIFILM X-T2

FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

Classic Chrome mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

秋雨の晴れ間

六日ぶりの日差しだ。厳密には昨日も一時日が差したが、都内でも場所によるのだろう。

”もしかしたら・・”と百花園をのぞいてみたが、蝶は極端に少なくなった。

紋黄蝶が数頭舞っていただけでアゲハの類は全く姿を見なかった。

帰り間際に褄黒豹紋の雌を一頭見かけたが、やはりこの数日の雨と寒さで今年は終演となったのかな・・

 

代わりにというわけではないが、視界に素早い鳥の動き、すぐレンズを向けると遠くて種類は認識不可・・笑

鳥に詳しくはないがモズだろうか・・
鳥に詳しくはないがモズだろうか・・

素早く飛び去った。

飛び立った後は3カットしか画面に入っていなかった・・
飛び立った後は3カットしか画面に入っていなかった・・

帰ってから確認するとたぶんモズ・・

ススキが見頃?
ススキが見頃?
メイゲツソウも見頃??
メイゲツソウも見頃??
秋っぽくなった・・・
秋っぽくなった・・・

明日からまたしばらく雨模様だ・・

 

FUJIFILM X-T2 , Pro2

FUJINON XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

FUJINON XF35mm F1.4 R

Classic Chrome mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

雨上がりの秋薔薇

しばらく雨が続いたが、今日は昼頃雨が上がった。

雨上がりを狙って西ヶ原の薔薇の園へ行ってみた。

中段の薔薇園は通路が狭いんだ・・
中段の薔薇園は通路が狭いんだ・・
薔薇園の下の段は日本庭園
薔薇園の下の段は日本庭園

同じことを考えている人が多いのか結構な人出だった。明日は6日ぶりに晴れるようだからもっと人が多いだろう。

洋館前に咲く”プリンセス・ミチコ”
洋館前に咲く”プリンセス・ミチコ”

雨上がりというのは悪くないね、晴天の時は光の具合はもちろん良いのだが乾いた感じになることも多い。

薔薇園に降りるとすぐに多くの花をつけた”芳純”
薔薇園に降りるとすぐに多くの花をつけた”芳純”
右手奥の一角を占める”リオ・サンバ”
右手奥の一角を占める”リオ・サンバ”
左手奥の”緑光”
左手奥の”緑光”

水滴が付いている湿感も良いものだ・・

グレー味を帯びたラベンダー色の”スターリング・シルバー”
グレー味を帯びたラベンダー色の”スターリング・シルバー”

※ アイキャッチはfacebookにアップ、 ”クイーン・エリザベス”

英国女王の名を冠したノーブルで上品なピンク色の”クイーン・エリザベス”
英国女王の名を冠したノーブルで上品なピンク色の”クイーン・エリザベス”

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

FUJINON XF10-24mm F4 R LM OIS

FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

Classic Chrome mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

お気に入りのレンズ

カメラ1台に1本だけレンズを付けて持ち歩くとしたらどのレンズにする?

超広角好きの私としては10-24とか魚眼を選びたいところだが、フラッとするのには1本付けるならTouit50mm を選ぶだろう。

もちろんレンズは何を撮るかで選ぶわけだが・・

 

かつての街歩きにはライカ1台に35mmというのが定番だった。後からは圧倒的に50mmが多かったが・・

今はAPS-Cだから35mmは53mm、50mmは75mmということになる。

等倍マクロ、290gと軽い・・
等倍マクロ、290gと軽い・・

Touit50mmはマクロレンズだから近接撮影用かといえばそればかりではない。

長すぎず短かすぎない焦点距離もなかなか良いし、いざとなれば近寄れる。それに解像も良くてボケがなかなかに良い・・

惜しむらくは距離環と絞り環のゴム部分に埃が着きやすい。

そのゴム部分も使い込むとテカテカして今や浮き上がりそうだ。早晩交換しなきゃならないだろう。

Xシリーズ用のZeissのレンズは12mm、32mm、50mmと3本あるが、いずれも秀逸なレンズだ。中でも50mmは手放せないレンズである。

秋雨

一昨日から雨だ。秋雨前線によるものだという。

18日に晴れ間があるもののしばらくは”秋の長雨”ということになるようだ。秋雨の到来とともにすっかり秋になった。

昨日今日と最高気温は16℃ほど、明日は14℃の予想だ。しばらくは20℃に満たない予報となっている。

 

家で過去の写真を見直していると9月に撮ったクロアゲハに違いを見つけた。

クロアゲハはというか黒いアゲハは何種類かいて、ここ2年ほどよく撮るクロアゲハやカラスアゲハの他にナガサキアゲハ、オナガアゲハ、ジャコウアゲハなど数種いる。

ナガサキアゲハは見たことあるが、他はなーと思っていたらあれ?尾状突起が長いなー・・

尾状突起がかなり長いからオナガアゲハ? でも体にオレンジの模様・・→ジャコウアゲハ(9/22向島百花園)
尾状突起がかなり長いからオナガアゲハ?
でも体にオレンジの模様・・→ジャコウアゲハ
(9/22向島百花園)

オナガアゲハ?と思ったら体にオレンジの模様がある。これは”ジャコウアゲハ”かな?

調べると赤やオレンジの模様があるという。ということはこれはジャコウアゲハだ。

ジャコウアゲハ類が食べるウマノスズクサ類は、毒性のあるアリストロキア酸を含み、ジャコウアゲハは幼虫時代にその葉を食べることによって、体内に毒を蓄積する。

これが捕食者から身を守ることから他の黒いアゲハがジャコウアゲハに擬態をするという。

 

この秋雨の後は秋が深まって行くだろうからもう蝶は見られないな・・

そう思って12日にはその姿を求めたのだがクロアゲハの撮影は出来なかった。

また来年の春まで・・

 

FUJIFILM X-T2

FUJINON XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

Velvia mode

FUJINONレンズのフード

FUJINON XF10-24mm F4 は3年半ほど使っているが、フードがガタガタになった。

バヨネットが”カチッ”とはいうのだが、緩んでカタカタしている。それにちょっと触っただけで回ってしまう・・

クリック部分が金属のバネとかではなくプラスティックなので磨り減ったのだろう・・(Touit50mmの時とよく似ている。)

フードを買いにヨドバシに行くと、型番のある製品ではなく部品扱いだという。

ニコンやキャノンみたいにすごい数出ているわけじゃないんだ・・

確認してもらうと在庫がないのか三週間ほどかかるという。

注文して二週間経った昨日朝入荷の電話があり、百花園の帰りに浅草経由で上野に寄り受け取った。

レンズに付いているのは新品、右の古い方はだいぶくたびれているのだが、写真ではわからないね・・
レンズに付いているのは新品、右の古い方はだいぶくたびれているのだが、写真ではわからないね・・

値段は1,209円也。嘘みたいに安い・・、部品だからかな?

※ もちろん新しいのはキチッと装着できるよ・・、緩みもない。

暑さも今日まで?

明日は今日より10℃以上下がるそうだ。(今日は東京で29℃あった・・)

今までの暖気は消え去り、本格的に冷え込むようだね・・

 

そうなるとクロアゲハも見納めかと百花園に行ってみた。年パスの更新もあったからちょうど良かったといえば良かった。

入り口で手続きをして帰りに受け取ることにして中に入ると草刈機の音・・

”萩のトンネル”の西側を刈っているのだ。その音から逃れるように1頭のクロアゲハが空に向かって消えた・・

以降、園内を何周してもクロアゲハの姿は見かけなかった。

 

代わりにナミアゲハの蝶の舞いを何度か見かけたが、上手く撮れない・・

背景に葉が多くピントが来ない・・

2頭の舞いが空高く上がって行くともう1頭加わった。
2頭の舞いが空高く上がって行くともう1頭加わった。
ひらひらと左に少しづつ移動しながら上がって行く・・
ひらひらと左に少しづつ移動しながら上がって行く・・
空が背景だとピンは来るけどこのSSでは被写体ブレする・・
空が背景だとピンは来るけどこのSSでは被写体ブレする・・
この後もっと上に上がって何処かへと消えた・・
この後もっと上に上がって何処かへと消えた・・

三度目の正直で空に舞い上がったところを何とか捉えた。かなり上まで上がって消え去った。

こんな姿もそろそろ見納めなんだろう・・
こんな姿もそろそろ見納めなんだろう・・

明日から寒くなれば蝶の姿もなかなか見れなくなるだろうね・・

※ facebook では褄黒豹紋をアップしていた。

褄黒豹紋の雄、案外綺麗なんだよね・・
褄黒豹紋の雄、案外綺麗なんだよね・・

 

FUJIFILM X-T2

FUJINON XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR

Astia mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

ダリア日和その2

昨日の続きである・・

昨日は1枚だけ全周魚眼をアップしたが、そのシリーズを続けて・・

受付を過ぎるとすぐ左手のかたまりだ・・飲み屋だとお通しのようなもの? 笑
受付を過ぎるとすぐ左手のかたまりだ・・
飲み屋だとお通しのようなもの? 笑
その向かい側で客を迎い入れる・・
その向かい側で客を迎い入れる・・

花の場合は中心でアップにすると強調されるが、一般的な等距離射影方式と違ってこのレンズ正射影方式なので中心が特に強調される。

ボール咲きの”レモンカード”、実際より少し濃いかも・・
ボール咲きの”レモンカード”、実際より少し濃いかも・・
名前を撮り忘れたが、このレンズの射影方式にピッタリ合っている。
名前を撮り忘れたが、このレンズの射影方式にピッタリ合っている。
真っ直ぐな傘も丸みを帯びる・・
真っ直ぐな傘も丸みを帯びる・・

花には向いているかもしれないが、似たような表現になってしまうかもしれない・・

シングル咲きの”秋桜(あきざくら)” 画面の配置は難しい・・
シングル咲きの”秋桜(あきざくら)”
画面の配置は難しい・・
フォーマルデコラティブ咲きの”NAMAHAGEパープル”
フォーマルデコラティブ咲きの”NAMAHAGEパープル”

あと・・、ピントが合わせ難いんだよね・・・

※ アイキャッチはフォーマルデコラティブ咲きの”キューピット”

 

FUJIFILM X-T2

FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR (+ MACRO EXTENSION TUBE MCEX-11)

Yasuhara MADOKA180  7.3mm F4(Circular Fisheye)

Astia mode (アイキャッチのみVelvia mode)

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

ダリア日和?

今日は10月10日、1999年までは今日が”体育の日”だった。

東京オリンピック(1964年)の開会式の日だった。2000年からハッピーマンデー制度により日が変わった。

 

6日に行く予定だった上野東照宮のぼたん苑に行ってみた。秋のダリア展をやっているのだ。(→10月29日まで)

昨年と同じような角度で入口を撮った。今年はパンダがいるね・・
昨年と同じような角度で入口を撮った。
今年はパンダがいるね・・
フォーマルデコラティブ咲きの”清流”
フォーマルデコラティブ咲きの”清流”

昨年から撮っているが、今年も結構綺麗だった。入り口には”本日見頃”となっていた。

これもフォーマルだね・・ ”恋金魚”
これもフォーマルだね・・
”恋金魚”
ボール咲きの”てんとうむし”
ボール咲きの”てんとうむし”
フォーマルデコラティブ咲きの”君待坂”
フォーマルデコラティブ咲きの”君待坂”

混んでいたわけではないが、人の切れ目はあまりなかった。実に外国人観光客が多い・・

アジア系のみならず欧米系の人も結構いた。

これもフォーマルデコラティブ・・名札は見当たらなかった・・
これもフォーマルデコラティブ・・名札は見当たらなかった・・
フォーマルデコラティブ咲き、”ガールズトーク” この蜂ずいぶん長く留まっている・・
フォーマルデコラティブ咲き、”ガールズトーク”
この蜂ずいぶん長く留まっている・・
上から見ると一瞬ボール咲きかとも思うが、フォーマルデコラティブ咲きの”恋歌”
上から見ると一瞬ボール咲きかとも思うが、フォーマルデコラティブ咲きの”恋歌”

望遠を持って行くか迷ったが持って行って正解だった。やはりマクロのみでは無理だったね・・

 

夏の間は気がつかなかったが、やはり足が鈍っている。困ったもんだ・・

最後はインフォーマルデコラティブ咲きの”銀映”
最後はインフォーマルデコラティブ咲きの”銀映”

 

FUJIFILM X-T2

Carl Zeiss Touit50mm F2.8 Macro

FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR (+ MACRO EXTENSION TUBE MCEX-11)

Yasuhara MADOKA180  7.3mm F4(Circular Fisheye)

Astia mode

Photoshop Camera Raw9.12 で現像

Color Efex Pro4 一部使用

本当に秋がやってきた?

昨夜から本格的に気温が下がってきた。

私の部屋は二階で比較的温度は高めだが、今日遅めの朝の気温は19℃。ここしばらくで最低だ・・(ということは外気はグッと低い?)

週末は少し高めのようだが、来週はまた下がって行くようだ。さすがに冬物に入れ替えないといけないかな?・・

二年前の百花園、今年は色づきはどうだろう?・・
二年前の百花園、今年は色づきはどうだろう?・・

写真は一昨年10月後半のものだが、もうこんな季節がやって来たのかと思う。

秋色は一年の中で最も心引きつけられる色合いだ・・
秋色は一年の中で最も心引きつけられる色合いだ・・

今年は特に前半のほとんどを体調不良のまま過ごしたので不完全燃焼というか何も無しに過ぎた。

体調の五割くらいは戻っただろうか・・、秋は何とか、と思うがどうだろうか・・

 

FUJIFILM X-E2

FUJINON XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

Velvia mode